古野要人の人生朝露

山口生まれの古野要人です!

古野要人の夏に辛い物が食べたくなる理由

2017-06-15 16:02:21 | グルメ

古野要人です。

夏に無償に辛い物が食べたくなりませんか?

辛い物が美味しく感じる理由がありました!

 

真夏に発汗! 夏に辛い物を美味しく感じるワケ

f:id:cheb7:20170615155605j:plain

結論から言ってしまうと、暑い日に辛いものを食べることにはメリットがあります。発汗が促されることで涼しさを感じることができ、また脳内麻薬の作用で爽快感が得られるためです。

そもそも、運動をしたわけでもないのに、辛いものを食べただけで身体が一時的に暑くなり、汗が出てくるのはなぜでしょう? 例えば辛味の代表選手である唐辛子。辛味の正体はおなじみのカプサイシンです。カプサイシンには様々な薬理作用があると考えられ調査されていますが、実は人体の神経系に受容体をもつ、神経毒の一種。末梢神経と中枢神経両方に同じ受容体がありますが、これは唐辛子などの栄養のための受容体ではなく、もともと痛みを伝える受容体です。小腸から吸収されたカプサイシンは血流に乗って、この中枢神経の受容体に結合します。中枢神経に刺激があることで司令が伝わり、交感神経系の出先である副腎からアドレナリンが放出されます。アドレナリンが出るために、身体を動かしたときと同様、一度身体が暑くなるとともに発汗が始まり、結果的に身体を涼しく冷やすことができるのです。これら一連の作用で、カプサイシンを含む物を食べると、体感的には熱を持ち、その後で涼しさが得られることになります。

また、痛みを伝える受容体の本来の役割は、身体に損傷が起こりそうな場合に痛みという方法でアラートを鳴らし、警告を行うことです。損傷が起きた場合は痛みが続くため、痛みを緩和するための脳内麻薬が作られます。カプサイシンは身体に損傷を与えることありませんが、痛みを伝える受容体に作用するため、間接的に脳内麻薬を作り出すことができます。ジョギングを続けていると脳内麻薬が作られて気分がよくなる「ランナーズ・ハイ」という状態が知られていますが、それと近い状態と言えるでしょう。

種々な慢性疼痛に対し、カプサイシンの効果が研究されています。ネズミの実験ではカプサイシン投与により脳内麻薬量が変化することもわかっています。辛い物好き、カプサイシン好きに、脳内麻薬が関係している可能性は大です。

 

暑い国で香辛料が凄い理由がわかりますね!

古野要人も今から辛い物が食べたくなりました笑

ただ、食べ過ぎには注意しましょう!

古野要人でした


人気ブログランキング

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月14日(水)のつぶやき | トップ | 6月15日(木)のつぶやき »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL