家庭内映画館

ホームシアターやAV機器、映画の感想・映画にまつわる話をだらだらと書き綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「悪の法則」・・・(981)

2017-04-29 23:48:57 | 日記
「悪の法則」THE COUNSELOR
監督:リドリー・スコット
脚本:コーマック・マッカーシー
出演:マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、ハビエル・バルデム、ブラッド・ピット、他
2013年・アメリカ・118分<レンタル>

<STORY>
若くてハンサムな敏腕弁護士“カウンセラー”。美しい恋人ローラとの結婚を決意した彼は、ふとした出来心から闇のビジネスに手を出してしまう。
派手な暮らしをする実業家のライナーから裏社会を渡り歩く仲買人ウェストリーを紹介され、メキシコの麻薬カルテルとの大きな取引に一枚噛むことに。
ウェストリーからは危険な相手だと脅されたものの、自分は大丈夫とタカを括っていたカウンセラーだったが...

正直言ってそんな頻繁に観るタイプの作品では無いですが、監督がリドリー・スコットっていうことで観てみました。

リドリー・スコットが監督で、「ノー・カントリー」の原作者コーマック・マッカーシーが脚本
そしてこの豪華なキャスト...なんでこんなイマイチ感がハンパ無いんでしょうか?(笑)

敏腕弁護士が小遣い稼ぎのために麻薬ビジネスに一枚噛んだらエラい目にあってしまった...っていうお話です。
一応ミステリー的な要素もあるので詳しくは書きませんが、なんだかな~って感じですね。
この弁護士”カウンセラー”の堕ちて行く物語がイマイチわかりづらい上に面白くないです。
「ノー・カントリー」もそうでしたが、ちょっと哲学的な感じで全体的にわかりにくいんですよね。
ストーリーとしては割とシンプルなのにあえて複雑にしてるような感じがしました。
まぁあんまり気軽に観るような作品では無いですね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「CAGE ケージ」・・・(980) | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL