特定非営利活動法人 動物愛護団体ワンハート大阪

動物のために個人で活動している仲間で結成された団体。
保護した犬猫の里親募集を中心に日々の活動など記載していきます。

悲しいお知らせ・・・

2017-04-21 13:19:32 | 日記

嬉しいお知らせ・・の一方・・悲しいお知らせ・・・まさに悲喜こもごも

引越しだから・・懐かないから・・いらなくなったから・・で捨てられたり殺されたり・・の「命」

年間8万以上の「命」・・人間の手で殺されてるぅ

そんな中・・氷山の一角で・・やっとやっと・・せっかく繋がった・・ちっちゃな「命」

沢山の方々のお陰で繋がった・・大切で大好きな・・ちっちゃな「命」

できることなら・・その子の15年20年・・ホントのご家族にお迎え頂いて幸せな姿ずっとずっと見てたい

でも・・人間よりもはるかに短い寿命の・・ちっちゃな「命」・・いつかは必ず別れ・・見送る時やってくるぅ

なんだけど・・早くに逝ってしまう「命」は・・ホントにホントに辛い・・悲しい・・悔しい

後悔しても後悔しても・・戻ってきてくれない・・・

 

団体保護「ヨルム」くん・・ 亡くなりましたぁ

その原因・・分かりません

預かりメンバー・・朝はご飯もしっかり食べて・・点眼点鼻もしてあげて・・

なのにぃ・・夕方・・おやつの時間・・どうも食べ方おかしいいつもとなんか違うなんかヘン

抱っこしてみると・・お腹が妙に膨らんでるぅ 

  

なのにぃ・・なんか痩せてるぅ 抱っこした感じ・・痩せてる感じするぅ

おかしい

で・・早急に病院搬送の準備 さぁ病院行こうっで・・キャディーに入れようとすると・・なんか呼吸荒い

あかん 

どんどん体温も低下してきて・・呼吸もますます荒くなってきて・・・見る間見る間に・・力抜けてってるっ

病院搬送途中に異変起こす可能性ある

で・・獣医さまに指導受けるために・・とりあえず病状伝えて

なのにぃ・・どんどん呼吸荒くなってきて・・大きく一呼吸・・そのまま静かに眠るよぉに亡くなって逝ったそぉ

あっという間の出来事・・異変だったそぉ

なんで 

いつから 

どうしてっ 

朝は何の異常もなかったのにっどうしてっ


なんで 

ちょっと待ってよぉーーーー

「ヨルム」ちょっと待ってよっ なんでよぉーーーーーー

なんで・・そんなに急いで逝っちゃうんだよぉーー

まだまだこれからじゃん

まだキミの・・ホントの家族に出会ってないじゃん

なんで・・そんなに急いで逝っちゃうんだよぉーー

 

団体・・亡くなったちゃんの検死・・行いません

ので・・何が原因で「ヨルム」くん・・亡くなったのか分かりません

 

「ヨルム」くん・・別メンバー自宅近くに生活してる野良母さん・・数キロ離れた場所からわざわざ連れてきたの子供たちの1匹

野良母さん・・わざわざ捕獲機に誘導するよぉに連れてきて・・捕獲機に入ったの確認して・・

この子たち・・頼んだわよっって言ってるみたいに・・後ろ振り返りながら・・消えて行った

野良母さんから任せられた・・ちっちゃな「命」私たちの不注意管理不足で亡くしちゃったっ

ごめん

野良母さんから頼まれたのにぃ・・この子の「命」15年20年・・繋げなかったっ

たった数ヶ月しか・・繋げられなかったぁ・・・・

なんでなんだっ

 

「ヨルム」くん・・ごめんなぁーーー

保護当時・・680g弱で・・目風邪酷くって・・ バリバリのシャーーーッ フッ 

野良母さんから生まれて・・厳しい野良生活の中・・必死に生きてきた 必死に生き延びてきたっ

人間の手なんか・・生まれて初めて触れる そりゃーー怖いよなぁーーー 

   

なのにぃ・・すぐに抱っこさせてくれるよぉになって・・・ 

日頃・・なかなか傍に来てスリスリなんてしてくれないけど・・・缶詰タイム・・みんなと一緒に元気いっぱい食べてくれてたっ

   

おやつ大好きで・・人一倍・・おかわりしてたっ   

涙目なかなかすっきりせず・・点眼点鼻の時も・・察知したら・・慌てて逃げて

なのにぃ・・一度・・捕まっちゃうと・・点眼点鼻して貰う間・・

    ジィーーッと見つめてくれてたっ

玩具で遊んで貰うの大好きで・・   

 玩具で遊びだすと・・別さんてなテンション 

   

見た目・・かなりシャープだけど・・ちょっぴり気の弱い・・穏やかな子 

亡くなる前日だって・・当日の朝だって・・いっぱい食べてくれてたのにぃ・・

   

どうしてぇ

ごめんなぁーーー もっと早く気付いてあげてれば・・キミの「命」繋げられたかもしれないのにぃ

ごめんなぁーーー 謝っても謝り切れないよなぁーーー 

キミの声・・もっともっとちゃんと受け止めてあげてれば・・・ごめんなぁーーーー

キミに出会ったこと・・絶対ぜったい忘れないよぉ  

たった9ヵ月の「命」・・

・・・もっともっとキミと遊びたかったよぉ

・・・点眼や点鼻・・キミの嫌がることしか・・しなかったよっ

・・・キミのために何もしてあげれてないよっ


なんで・・こんなちっちゃな「命」が・・こんな辛い悲しい時間・・最期迎えなきゃいけないのぉ

 キミの15年20年先・・・・楽しみにしてたのにぃ・・

ホントの家族に出会って・・ホントは甘えん坊だったキミ・・どんな風に変わってくのか・・見たかったよぉ・・

ごめんなぁーーー

今度・・生まれてくる時は・・生まれたその瞬間から・・暖かい人に包まれ・・たくさんの愛情に包まれ

生まれてきたこと・・みんなに祝福されるそんな時間であって欲しい

そんな「命」であって欲しい・・・

 

ちっちゃな「命」捨てられたり殺されたり・・ペットショップのショーウィンドーに並べられたり・・

可愛い商品・・生み出すためだけに使われたり・・

ただ生きていくためだけに・・必死で食べ物・・漁って・・必死に生き延びよぉとして・・

いつも恐怖と不安と飢餓と危険の中・・ただ生きよぉとして・・

そんな惨めな残酷な「命」・・人間の勝手な都合で・・もういい加減作り出すの・・止めようよぉ

みんなで・・人間の手で・・しっかり暖かく守っていこうよぉ

愛護団体なんて・・「死語」になっちゃう社会・・世界・・みんなで作ろうよぉ

もう悲しい辛い「命」作り出すの・・止めようよぉ

まだまだ未熟・・まだまだ無力な私たち

それが悔しい それが辛い それがめちゃくちゃ悲しい

ちっちゃな「命」のために・・これからも皆さんのお力・・どうぞお貸しください

 

 

 

 

 

 

 


 里親さま募集中の猫ちゃんたち  里親ご希望の方は・・・譲渡条件ありますぅ

譲渡までの流れ」をよく読んで戴いて・・「譲渡条件 & お願い」ご確認の上

お問い合わせ先:oneheartosaka@mail.goo.ne.jp まで お知らせ下さい よろしく お願いします




 gooddoでのご支援ご協力・・あなたの「いいね」クリック・・・

毎日の「応援する」 クリックでのご支援ご協力・・・よろしくお願いしますぅ

http://gooddo.jp/gd/group/oneheartosaka/?from=fbn0

 上記のリンクからgooddoの「動物愛護団体ワンハート大阪」のページに

http://gooddo.jp/gd/group/oneheartosaka/?from=fbn0

 ページ内のサポーター企業のFACEBOOKページに「いいね」して頂くだけで・・

 「いいね」×10円の支援金が「動物愛護団体ワンハート大阪」に届けられます

 楽天でのお買い物でもご支援頂くことができるようになりましたっ

購入額×0.5%~が支援金が団体に届けられますので ぜひご活用いただければ幸いです




 フリーマーケット参加決定

 4月29日(土・祝日) 時間:10:00~16:00(予定)

場所: 花博記念公園鶴見緑地 ハナミズキホール付属展示場

入場料: 大人300円 子供100円

 

 5月14日(日)時間:10:00~17:00(予定)

場所: 弁天町ORC200(オーク200)大阪市港区弁天1丁目2-4-700 オーク200オーク広場2Fアトリウム

 

 5月20日(土)  時間:10:00~16:00(予定)

場所: 大阪市鶴見区緑地公園 花博記念公園鶴見緑地 ハナミズキホール付属展示場

 

 

 

 第二回 譲渡会 5月27日(土) 時間:PM1:00~3:30

場所:CHAKRA (大阪市北区菅原町6-12)   

 

 

 

 ご支援・ご協力のお願い

ちゃんフードなど日用品・・・「ご支援物資などなど・・・お願い」 

ご家庭で眠ってる不用品などありましたらフリマ用品のご協力お願いします

 支援物資送り先  〒587-0065 大阪府堺市美原区小寺750-1

  「動物愛護団体 ワンハート大阪」 宛     電話番号:080-9122-6737

上記送り先はご支援者さま事務所を物資受け取り窓口としてお借りしております

物資等の直接の持込はご支援者さまにご迷惑がかかりますのでご遠慮下さい

 

 

 

 お問い合わせ先

メールアドレス:oneheartosaka@mail.goo.ne.jp

電話番号: 080-9122-6737

 里親さまお迎えについてはメールでの対応のみとさせて頂いておりますぅ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嬉しいお知らせ 17’ぱーと... | トップ | 御礼m(__)m »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ばいばいヨルム君 (micia)
2017-04-24 01:53:17
一つの命の重さ。誰かの’死’は大切なことを教えて
くれるのだと思います。

未だ未だ解明されない事が多い猫の医療。
何故なのでしょうね。
研究はされているのでしょうか?進歩することを願って
います。

ヨルム君、天国で幸せに。いつか一緒に遊ぼうね。
その日までBye Byeです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。