ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

カジノ法案

2016-12-07 15:22:54 | 徒然の記

 カジノ法案が衆議院を通過した。これを推し進めてきたのは、平成22年の4月に発足した国際観光産業議員連盟(通称カジノ議連)である。

社民党と共産党を除く、超党派の国会議員による連盟で、カジノ合法化による観光産業の振興と、パチンコの換金合法化を目的とするもので、参加議員は現在224名だという。内容を詳しく知らないが、カジノを核として特定の地域に複合の観光施設を整備するというものらしい。

 あってもいいではないかという人もいるが、私には悪法と思えてならない。パチンコ産業ですら社会に害をなしているのに、更にもっと大掛かりなギャンブル都市を、国内に数カ所作ろうというのだから、推進する政府にも賛成する議員にも疑問符がつく。カジノなどと横文字を使うから何となく上品に聞こえるが、日本語で言えば「賭博場」だ。

 なるほど外見は立派で優雅にも見えようが、賭場の実態は金の亡者の集まりと性風俗の乱れが裏にある。ヤクザと脱税と薬物と犯罪がつきもので、ロクなものであるはずがない。いつもは反日の害虫と敵視する共産党と社民党、そして公明党の一部議員が、カジノ法に反対していることに拍手を送りたい。

 転んでもただで起きない共産党や社民党だから、本音ではもっと凄いことを企んでいるのかもしれないが、「カジノ反対」の点については賛同する。平成21年から25年までの5年間、パチンコ業界の売上高は年平均で19兆円、粗利益は3兆8千億円だ。

19兆円の市場と言われてもピンとこないので、ネットで調べてみた。独占企業の電気とガス業界の売り上げが20兆円、スーパーマーケット業界が18兆円、全国展開しているコンビニ業界が9兆円の売上げ規模だから、パチンコ産業の大きさがこれで分かった。21%の粗利益となると、ダントツの優良企業だ。

 さて問題は、パチンコ業界の経営環境だ。この業界が韓国・北朝鮮出身者で占められているのは周知の事実だ。儲けた金が、国会議員への献金だけでなく、北朝鮮や韓国へ送金されているという噂もある。単なる企業集団というより、朝鮮総連や民団を通じて隣国政府とつながりを持ち、北のテポドンや核開発の資金として利用されているとも聞く。金が国会議員に献金の形で流れているため、拉致被害者の救済が進まないという者もいる。拉致被害者の救済より前に、日本が戦争で踏みにじった朝鮮への謝罪と補償が先でないか。日本はアジアを侵略し、中国・朝鮮の国民を軍靴で踏みにじったと、献金された議員たちが日本の歴史を貶め続ける。

 私は献金の話がどこまで事実なのか、書物やネットの情報でしか知らないが、事実無根のでっち上げとも思っていない。テレビや新聞の報道だけを眺めても、こんなに長い間放置されたままの「拉致被害者」のことを考えても、民進党議員たちの反日言動を耳にするにつけても、業界の献金が力を発揮していると考えざるを得ない。

 これもネットの情報だが、平成8年に三千万人だったパチンコ人口が、平成24年には千百万人と大きく減少している。このままでいけば、パチンコ業界が尻すぼみになる。何とか起死回生を図らなくてならないと、業界は今、「カジノ法」の成立に固唾を呑んでいるらしい。数字も業界予測も、どれもこれもネットの情報に過ぎないので、検証する術を持たないが、もしも、多少でもその要因があるのだとするなら、とんでもない法律を成立させていると言わずにおれない。

 政治家に多少の汚れがあっても、金にまつわる汚い話があっても、「国益実現」のためなら目をつぶると、常日頃考えている自分だが、果たして「カジノ法」にどんな国益があるのか。「賭博場」を作り、韓国や北の経営者たちを儲けさせるのでは、拉致被害者の救出はますます遠のく。「観光産業の発展」「雇用の場の拡大」などと、そんな理由で正当化しているが、自民党の議員は正気なのかと言いたい。「暴力で拉致された国民の救出」より、「観光産業の発展」と「雇用の場の拡大」が優先するのだろうか。

 私なら、こんな魂のない政治家への投票は、決してしない。とは言うものの、これだけ自民党の議員がいて、投票をされず落選したら、日本はどうなるのか。パチンコアドバイザーなどと言って、これまで業界を支援してきた議員、あるいは在日韓国・朝鮮人に投票権を与える運動をしてきた議員連盟には、反日の共産党や民進党や社民党が多数を占めていたのに、今回はどうしたというのか。自民党の議員が多数派となっている。反日野党の議員から、賭博の利権を奪ってしまおうと、そんな野心を燃やしたのだろうか。

 私みたいな、自称真面目な国民にとって、これはもう、前門の狼後門の虎みたいな進退窮まる話になる。ええい、ままよ。以下は通称カジノ議連の議員名と役職の一覧表である。読んだ人間たちがそれぞれ判断するがいい。私にしたって、そうするしか手がない。

会   長  細田博之 (自民)

副会長  吉川貴盛 (自民)  金田勝年 (自民)  野田聖子 (自民)

     竹本直一 (自民)  河村建夫 (自民)  山本幸三 (自民)

     園田博之 (自民)  鈴木克昌 (民進)  前原誠司 (民進)

     桜井 充 (民進)  小沢鋭仁 (維新)  柿沢未途 (民進)

     松野頼久 (民進)  中山恭子 (日本のこころ)

最高顧問 小沢一郎 (生活)

 顧 問  茂木敏充 (自民)  下村博文 (自民)  鳩山邦夫 (自民)

幹事長  岩屋 毅 (自民)   牧 義夫 (民進)

副幹事長 今津 寛 (自民)   秋葉貴也 (自民)  葉梨康弘 (自民)

     柴山昌彦 (自民)   坂井 学 (自民)  秋元 司 (自民)

     平井卓也 (自民)   北村誠吾 (自民)  田嶋 要 (民進)

     笠 浩史 (民進)  玉木雄一郎 (民進)  石関貴史 (民進)

     松浪健太 (維新)

事務局長 萩生田光一 (自民) 

事務局次長 中村裕之 (自民)  伊藤良孝 (自民)  伊藤忠彦 (自民) 

      山口 壮 (自民)  武井俊輔 (自民)  國場幸之助 (自民) 

      大塚鋭志 (自民)  三原じゅん子 (自民)  鷲尾英一郎 (民進)

      今井雅人 (民進)  浦野靖人 (維新)   馬場伸幸 (維新)

   追記 党名変更、死去等により変更の箇所があるが、あえてそのままとする。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愚昧なる陛下と申し上げてよ... | トップ | 東条英機・歴史の証言 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
国を憂いて (憂国の士)
2016-12-08 09:45:28
私の経験から見て、この法案は反対です、
どんな綺麗ごとを並べて見ても、所詮博打です。

昔からその世界に集まる者達はいかがわしいのが通説です、
現代で云えば闇に蠢くアブク銭、日本人は金銭に汚い民族に成り下がりました、
どうして、子供達に、清らかな、胸を晴れる施設が出来ましょう ?

群がり寄る不貞の輩、その上に政治屋という卑しい人種が知らん顔で座る、
ここには、国民を、国の行く末を心配する国士はいない。
安部総理への疑問 (onecat01)
2016-12-08 15:27:06
憂国の士殿

 まったく、そうとしか言いようのない自民党の堕落ぶりです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。