ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

東条英機・歴史の証言 - 5

2016-12-13 18:29:22 | 徒然の記

 「田中隆吉というのは、前にも話が出ましたが、非常にけしからん男で、」「東京裁判では検事側の証人となり、」「かっての上司に対し、不利になる証言を次々にした人物です。」

 著者の渡部氏はこういって、田中少将の捏造証言を二つあげている。

1. 軍国主義者の東條英機を総理にしたのは、佐藤賢了中将(当時は中佐)が重臣たちを脅迫したからだと言った。

2. 軍の「捕虜処理要項」は、捕虜に強制労働を命じる内容になっていると、言った。

 腹をたててその気にならなかったためか、氏が詳しく説明していないので、読者には内容がよく分からない。そこで何時ものように、ネットの情報で自分なりに調べた結果を必要部分だけ、ランダムに引用して見た。真偽のほどは確認できないが、当たらずとも遠からじだと思っている。

「田中隆吉は、明治26年島根県に生まれ、最終階級は陸軍少将だった。」「田中は数々の謀略に関与しており、検事側に協力しなければ起訴されていたことも有り得た。」

 「人間関係の不満により、旧陸軍の内部告発をしたとする批判もある。かつての上司である東條英機、木村平太郎にとって不利となる証言を次々とした。そのため、田中に対して「裏切り者」「日本のユダ」という罵声を浴びせる者もいた。」

「東京裁判の席上、田中隆吉が東條を指差し、東條を激怒させた。」「特に武藤章においては  "軍中枢で権力を握り、対米開戦を強行した"  という田中の証言により、死刑が確定したとも言われている。」「武藤は対米開戦には慎重派であった。」

 「武藤は、捕虜虐待の罪により死刑判決を受けるが、東京裁判で死刑判決を受けた軍人の中で、中将の階級だったのは武藤だけである。」
 
  「特に、7月6日の公判において、橋本欣五郎・板垣征四郎・南次郎・土肥原賢二・梅津美治郎などを名指しで証言した際には、」「鈴木貞一はその日の日誌に " 田中隆吉証言。全ク売国的言動ナリ。精神状態ヲ疑ワザルヲ得ズ " と記し、」
 
「板垣征四郎も日記に二重丸をつけて " ◎人面、獣心ノ田中出テクル。売国的行動憎ミテモ尚余リアリ " と書き、」「重光葵はその時の心境を " 証人が被告の席を指さして 犯人は彼と云ふも浅まし " と歌に詠んだ。」
 
  吉田少将の証言がどこまで採用されたのか、私はもちろん知らない。しかし参考のため、A級戦犯という汚名を着せられ、処刑された7人の「昭和殉難者」の氏名を謹んで書き記したい。
 
   1. 板垣征四郎- 軍人、陸相、満洲国軍政部最高顧問、関東軍参謀長。
 (中国侵略・米国に対する平和の罪)
 
   2. 木村平太郎- 軍人、ビルマ方面軍司令官、陸軍次官、(英国に対する戦争開始の罪)
 
   3. 土肥原賢二 - 軍人、奉天特務機関長、第12方面軍司令官(中国侵略の罪)
 
   4. 東條英機 - 軍人、内閣総理大臣
 (ハワイの軍港・真珠湾を不法攻撃、米国軍隊と一般人を殺害した罪)
 
   5. 武藤章 - 軍人、第14方面軍参謀長(フィリピン)(一部捕虜虐待の罪)
 
   6. 松井石根 - 軍人、中支那方面軍司令官(南京攻略時)
 (捕虜及び一般人に対する国際法違反(南京事件))
 
   7. 広田弘毅 - 文民、第32代内閣総理大臣
 (近衛内閣外相として南京事件での残虐行為を止めなかった不作為の責任)

 さてここで、氏の著作を離れ、別の視点から東京裁判を眺めてみたい。この裁判の不公正さを示す好例として、私は二つの事実を考えている。つまり、1. 真珠湾攻撃でのアメリカの被害と、2. 正式名称を「関東軍防疫給水部本部」と言い、秘匿名称「満洲第731部隊」と称した組織の件である。

 真珠湾における日本海軍の奇襲による、米国の被害は、戦艦8隻のうちアリゾナが爆発により撃沈、オクラホマは転覆により撃沈。ほか3隻の戦艦が大破し撃沈。残りの3隻は比較的軽微であったが、3隻の駆逐艦は大損害を被った。

 死者は2,345名、負傷者が1,347名、合計3,692名である。これを理由とし、東京裁判で米国が犯罪者と決めつけたのが、東條元首相ただ一人だ。重大な過失を犯した外務省の米国大使館員(外交官)が、すべて不問となっている。日本の奇襲をあれほど攻撃しているのなら、原因を作った外務官僚の不手際について、全く追求しないというのはどう見ても合点がいかない。

 巷で言われるように、ルーズベルト大統領が事前に奇襲攻撃を察知していたから、大使館にいた外交官たちの失態は、米国にとってどうでも良いという話になったのか。それとも大使以下、大使館勤務の外交官たちに温情をかけ、戦後統治下での情報提供者として活用したのか。彼らは、日本を追い詰める材料としてのみ、真珠湾の奇襲が必要だったという事実だけが残る。

 今一つの731部隊は、満洲に拠点をおいて、細菌戦に使用する生物兵器の研究・開発機関でもあった。そのために各種の人体実験や、生物兵器の実践的使用を行っていたとされている。最高責任者であった石井四郎中将の名前をとって、秘かに、" 石井部隊 " とも言われていた。

 敗戦後、731部隊の実験データの多くは元隊員たちが密かに持ち帰り、最終的にはアメリカ軍へすべて渡され、米国での生物兵器開発に生かされた。人体実験に手を染めた軍医たちは、連合国から戦犯として裁かれることなく、日本の大学医学部や国立研究所や各地の病院に職を得たと言われている。

 ある資料によれば、石井中将は尋問を受けた際、" 細菌戦エキスパートとしてアメリカに雇っていただきたい。ソ連との戦争準備のために、私の20年にわたる研究と実験の成果をアメリカに提供できるのです。" と、語ったという

 ここで戦犯から逃れようとする石井ら731部隊幹部と、ソ連にいかなる情報も与えまいとするアメリカ側の利害関係が見事に一致し、従前通り、彼らのすべてが不問にされるだけでなく、秘密裏に処理されるようになったと聞く。

 石井部隊が行ったことは、生体実験がメインであり、その凄惨な多くの事実は、それこそ悪魔の仕業といえるものだ。アメリカは、石井部隊の所業を東京裁判で持ち出していれば、南京事件などという捏造の殺戮をこしらえなくとも、良かったはずだ。それなのに米国は、石井部隊の研究成果をすべて没収することにより、米国の「国益」を優先させた。

 素人考えと言われればそれまでだが、素人の調査結果でも、これだけ偏っている東京裁判である。日本人であるのなら、そろそろ目を覚まし、自国の歴史を再検討すべきでないのか。渡部氏は言及していないが、私に言わせれば、田中少将だけでなく、石井中将だって、「恥ずべき軍人」の一人だ。

 石井中将は、特別列車での日本への帰路において、731部隊員と家族に対し、「日本は負けた。お前たちは今から内地へ返す。」「だが731の秘密をどこまでも守り通してもらいたい。」「もし軍事機密をもらした者がいれば、石井はどこまでも、しゃべった人間を追いかけていくぞ、いいな。」と、貨車ごとに大声で演説したという資料もある。

 つまり現在の日本には、戦勝国アメリカと利害の一致した日本人たちが、まだ沢山存命しているということだ。米国に弱みを握られ、協力させられ、情報の提供をさせられている人間が、まだあちこちに生きているということ。これもまた、敗戦の負の遺産として、私たちはキチンと知らなくていけない。

 楽しくも面白くもなく、つらい事実が多いとしても、失望や落胆はしておれない。私たちのために、命を捧げたご先祖がおられる限り、辛抱強く、歴史の見直しをしなくてならない。

 何度でも言うが、だからこそ私は、A級戦犯とか、戦争犯罪人だとか、先人たちを簡単に決めつける、単細胞な日本人たちを嫌悪する。己の無知を棚に上げ、戦禍に散った人々を蔑んではなるまい。

 これもまた、何度も言うが、だからここそ自分は、美智子様も嫌悪し、拒み、皇后陛下であられることを認めない。赤い思想に染まり、米国の一方的裁判を鵜呑みにし、「A級戦犯」と口にされる無慈悲な方を、どうして許せよう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東条英機・歴史の証言 - 4 | トップ | 東条英機・歴史の証言 - 6 »

コメントを投稿

徒然の記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。