ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

イラク わが祖国へ帰る日(反体制派の証言) - 4

2017-08-14 12:37:56 | 徒然の記

 韓国のパククネ元大統領は、 かって、「日本への恨みは、1,000年たっても消えない。」と語りました。聞いた時は、こみ上げてくる怒りを抑えるのに苦労しましたが、勝又氏の著作を読み終えた今、別の思いが生まれました。「韓国だけが、特別に執拗でやっかいな国でなかった。」・・・、という発見です。

 イラクを取り巻く中東の国々は、韓国同様千年単位の感情で現在を生きています。日本人のように、「10年ひと昔」などという、忘却の潔さは知らないのです。日本の左翼は皇室の神話を笑い、天皇の歴史を蔑視し、過去を大切にする国民を、低脳者でもあるのように軽蔑しますが、こうしてみますと、やはり彼らは国際社会を知らない無知な集団だと分かります。

  憎しみから、希望の明日は生まれません。憎しみから生まれるのは、不毛な対立と殺し合いです。しかもそれは、子々孫々に受け継がれ、国内だけでなく、近隣諸国との絶えまない紛争の連鎖となります。

 前置きが長くなりましたが、本に戻りましょう。欧米の大国に弄ばれる、イラクの現実です。

「マスウド・バルザーニは、クルド民族運動の英雄、」「ムスタファ・バルザーニの息子だ。」「物静かで控えめな性格、他人の話に耳をかたむける真摯さ、」「一度口にしたことは、決して忘れない誠実さが、」「彼を知る人々の、一致した評である。」

 「だが、おそらく彼は、もう一つの教訓を心に秘めているに違いなかった。」「それは、秘密工作は、慈善事業ではないという言葉だ。」「米国のクルド支援に加わった、キッシンジャー元大統領補佐官の、言葉だと言われる。」「キッシンジャーの話になると、悔恨と怒りが混じり合う気持ちの高ぶりを、」「マウドは抑えようとしない。」「クルド支援から、アルジェの合意まで、あの計画の全てをたくらみ、」「監督していたのは、キッシンジャーだった。」

  米国の支援を信じて戦った彼の組織は、米国の突然の裏切りで、壊滅的な打撃を被りました。イラクに介入しているのは、キッシンジャーだけではありませんでした。

「  " イラク国民合意 " (INA) が崩壊したことで、」「CIAの対イラク工作が打撃を受けたかというと、そうではない。」「米国が望んでいたのは、軍事作戦によって、」「フセイン政権に揺さぶりをかけることでなく、」「政権の内部や軍のクーデターが起き、」「フセインが舞台から、去っていくことだった。」「そうであれば、イラク全土が混乱に陥る危険が少なくてすむ。」

 日本人の政治家も、多くの日本人も、米国を信頼しています。あたかもアメリカが、正義と真心の国であるとでも言わんばかりです。こうしてイラクの本を読んでいますと、敗戦後の私たちが、いかに危機感を無くしてしまったかを痛感させられます。他人を信じるのは大切なことですが、国際社会では往々にして「お人好し」としか、受け取られない事実も知っておくべきです。

  「イラクの反体制派の中には、グループ・オブ・フォーと呼ばれる組織がある。」「クルディスタン民主党(KDP)と、クルディスタン愛国同盟(PUK)、」「イラク・イスラム革命最高評議会(SCIRI)と、イラク国民合意(INA) だ。」「フセイン政権の打倒をめざす、ブッシュ政権がアプローチしたのも、」「この組織だ。」

 四つの組織の他にも、小さな反体制派集団が沢山ありますが、彼らは自己主張が強く、一つにまとまることができませんでした。個々では優れた意見を持っていますが、団結して国難に当たることができません。どの組織も、単独ではフセイン政権に対抗する力がなく、米国の軍事力と政治力を頼りにしています。まさに、烏合の衆団でした。

 勝俣氏の著作を読んでいますと、なぜか現在の日本が重なってきます。反日の野党は、中国を頼みに与党を攻め、自民党は保守の誇りを忘れ、米国頼りです。敗戦後の日本が、ずっと米国に従属し、独立国の体をなしていないというのに、憲法すら改定しません。世界第二の経済大国だとか、アジアの優等生だとか、そんな虚言でうぬぼれている場合なのでしょうか。

 右も左も危機感を無くした政治家たちが、中国や韓国、あるいはフィリピンやインドネシアから、大量の移民を受け入れたら、100年もすれば日本は別の国となります、戦争という手段でなくとも、移民が増え、住み着いていけば、日本は内部から崩壊します。外来種のブラックバスや、噛みつき亀がやってきて以来、日本固有の魚や亀が絶滅させられているように、人間だって同じことです。

 以前に読んだ林房雄氏の著作から、次の話を、もう一度転記したくなりました。

 「慶喜が大阪から江戸城へ戻ってくると、」「仏国公使ロッシュが、謁見を乞うてきた。」「彼は慶喜に再挙を勧め、軍艦、武器、資金は」「すべて、フランスから供給すると言った。」「慶喜はこれを拒絶し、逆に彼を諭している。」

「 わが国の風として、」「朝廷の命で兵を指揮する時は、百令ことごとく行わる。」「たとえ今日、公卿大名の輩より申し出たる事なりとも、」「勅命には、違反しがたき国風なり。」「されば今兵を交えて、この方勝利を得たりとも、」「万万一天朝をあやまたば、末代まで朝敵の悪名をまぬがれがたし。」

「さすれば昨日まで当家に志を尽くしたる大名も、皆勅命に従わんは明らかなり。」「よし従来の情誼によりて、当家に加担する者ありとも、」「国内各地に戦争起こりて、三百年前の如き兵乱の世となり、」「万民その害を受けん。」「これ最も、余が忍びざるところなり。」

 勝海舟に比べ、慶喜公は愚者だったという風説もありますが、仏公使ロッシュに向かい公が語った言葉を知れば、誰が暗愚の将軍と言うでしょう。幕府にはフランスの援助を当てにする者もいましたが、自らの判断でこれを退け、戦乱を避け、泰然と決断した最後の将軍の姿に、私は深い敬意と感謝の念を覚えます。

 時を同じくして、西郷隆盛が、英国の外交官アーネスト・サトーから熱心な提案を受けました。「幕府はフランスと深く結びついているから、このまま放置しておけば、幕府が諸侯を攻撃してくる。」「幕府とフランスの奸計に対抗できる強国は英国しかないので、薩摩が英国と手を結んでおく必要がある。」「もしフランスの援兵が幕府を助けたら、英国は同数の援兵を出す。」

 サトーにこう言われた西郷が、なんと答えたか。将軍慶喜公に匹敵する、日本武士の言葉でした。

  「日本の国体を立て貫いて参ることにつき、外国人に相談するような面皮は持ち合わせては居ない。」「このところは、われわれ日本人で十分合い尽くすゆえ、よろしくご賢察あれ。」

 ここで西郷がうっかり提案を受け入れていたら、英国に受け身となり、やがて言われるがままの従属国になったはずです。同じことが、慶喜候とフランスとの間にもありました。慶喜公の決断と、西郷の矜持が、戦乱の世になるのを避けさせ、英仏の植民地へなることを防止したことを知れば、現在の私たちは感謝するだけでなく、見習わなくてなりません。

 「日本国民は、」「平和を愛する諸国民の、」「公正と信義に信頼して、」「われらの安全と生存を保持しようと、」「決意した。」

 慶喜公と西郷だけでなく、明治の政治家たちが、このような憲法の文言を知れば、怒り心頭になるはずです。平和を愛する諸国がなかったから、日本は孤軍奮闘してきたと、私たちを戒めるに違いありません。第一この文章は、正しい日本語になっていません。「日本国民」とわざわざ言ったり、「われら」などと、くどく言葉を重ねたり、「信義に信頼して」と、間違った用語の使い方をしと、日本人なら書かない悪文です。だから私は、もう一度言います。

   日本の自立を達成するためには、憲法改正が必要です。

 

 [ 追記]  肝心なことを忘れていました。

 日本がイラクと違うのは、幕末の大乱の中で、異なる意見を持つ諸藩が、天下のため小異を捨て、大同に就いて倒幕をやり遂げたことです。イラクの反体制組織は、それができませんでした。一つにまとまることが出来ないだけでなく、最初から米国という他国に頼りました。

 武士たちは、将軍から下級武士まで、異国に頼らない矜持と、危機感を持ち合わせていました。敵であっても、死者を弔い、礼節と節度を持つ、武士道精神がありました。敗戦後の私たちが失くしたものです。憲法を改正し、失った魂を取り戻さなくてなりません。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イラク わが祖国へ帰る日(反... | トップ | 8月15日の記事 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今回は恐縮ですが (HAKASE (jnkt32))
2017-08-15 15:39:52
残暑お見舞い申し上げます。

今回の貴連載記事は、申し訳なくも、まだ全容を理解把握しておりませんので、

後日感想などをお届けに上がろうかと心得ます。

今回は、前回貴記事の「終戦の日」の事を記させて頂きます。

本当に、本来は慶事に関して用いるべき「記念日」を、
大きなダメージを負って大変な状況下だった、この日に用いるのは、
不適切の謗りを免れない、と拙方も思います。

穿った見方が許されれば、戦後自由を保障された、左派容共勢力がらすれば、
ある意味 解放された様な「記念日」かも知れませんが、
結局は、真に国家の尊厳と、国民市民の大きな利益を損ねる結果を招いた事は、お互いに知る所です。
急いではなりません (onecat01)
2017-08-15 19:25:28
HAKASEさん。

 「終戦の日」につきましては、NHKの気まぐれでなく、今後の姿勢として期待しています。
なるほど、敗戦後に解放されたのは、反日・左翼ですから、彼らには記念日となる訳ですか。面白い考え方です。あるいはそうかもしれません。敗戦後偏向報道の自由を、彼らは満喫しましたからね。

 私の他のブログは、どうぞゆっくり目を通してください。国の独立というものが、並大抵のことでは実現できないと分かりましたので、私も覚悟いたしました。「憲法改正」は、安部政権では叶わず、次の世代になるでしょう。それほど反日・左翼は日本に蔓延しており、お花畑の住民も無数にいます。

 憲法改正は、国際情勢も左右します。米国だけでなく、中国・韓国・北朝鮮、あるいは他の国も干渉してきます。国内にいる「獅子身中の虫」たちが利用されるのか、逆に虫たちが利用するのか、いずれにしましても時間がかかります。

 でも諦めたのではありません。私は生きている限り、自分のブログで頑張ろうとと思いますが、急ぐことは止めました。
今までは軽い気持ちで言っていたのですが、「ノルウエーは、独立を手にするまで500余年かかった。」・・・・。根気よく、ノルウエーを見習うことと決めました。

 お互いに、息長く、やりましょう。今後も、ご指導をよろしく。

コメントを投稿

徒然の記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。