ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

沖縄防衛局職員への集団暴行

2016-10-23 23:25:21 | 徒然の記

 何気なく目にした動画だった。最近は本を読む方に熱中し、ネットの動画にご無沙汰していた。しかし、この動画は酷かった。

 国有地に無断侵入し、違法テントを張り、国の工事を妨害している反対派へ、警告文を貼りに来た職員に対し、平和活動家と称する人間たちが、罵声を浴びせながら、引きずったり押さえつけたり、集団で暴行していた。

 無抵抗な職員たちが、彼らの暴力で小突き回され、力ずくで帽子を取られ、メガネを取られていた。「抗議しろ。」「取り囲め。」「お話し合いをするぞ。」「協議しよう。」「名前を言え。」「職場の名前を言え。」「職員か、アルバイトか。」

口々に罵りながら、無理に地面に座らせ、頭を押さえつけ、後ろから羽交い締めにし、自分たちが興奮させ、落ち着かなくさせているのに、「落ち着け。」「興奮するな。」などと勝手なことを言っている。

 職員が黙っていると、眼鏡やマスクや帽子を乱暴に外し、「こいつの顔を撮れ。」「写真を撮れ。」と仲間に指示し、職員が頭をさげると、「顔を上げんか、こりゃあ。」「悪いことしとるから、顔が上げられんのか。」と無理やり顔を正面に向け、「早う、写真とれ。」「こいつの顔をしっかり撮れ。」と叫んでいる。

 なぶられるままの若い職員を見ているうちに、私は怒りでいっぱいになった。職員は仕事だから、ここへ来ている。喜んで来るはずがないし、嫌な気持ちもあったろうに、仕事だからやって来た。その職員に対するこの集団暴行は、見るに堪えない醜さだった。

 しかも、現場には機動隊なのか、警官なのか、四、五名の制服の人間がいた。彼らはいったい何をしていたか。職員を助けるでもなく、暴徒を排除するでもなく、ときどき近ずいて声をかけることしかしない。沖縄は無法地帯だと、噂に聞いていたが、まさにその通りだった。

「日本は、法治国家でなかったのか。」「沖縄はいつから、日本でなくなったのか。」「被害者となっている、たった一人の職員すら、救えないのか。」・・・・・・・、怒りの涙がこみ上げてきた。

 もし自分が若い職員の父親だったら、集団暴行するこの偽物「平和運動家」どもを、許さない。動画の画面の一人一人を、個別に訪ねて勝負する。こやつらは集団でしか騒げない、卑怯者の集まりでしかない。警察も、政府も、何もしてくれないのなら、家族が立ち上がって復讐するしかない。この若者は他人でも、同じくらいの息子がいる私は、押さえつけられている職員が不憫でならなかった。いったい、こんなことがなぜ許されるのか。

 この狂気の集団のリーダーは、ネットの情報で分かったが、山城博治という人物だ。

パソコンで調べたら、次のように説明されていた。「昭和27年生まれ、64才。沖縄平和運動センター議長、社会運動家」 

沖縄県具志川市(現うるま市)の農家に生まれた。沖縄県立前原高等学校生徒会長を務め、アメリカ軍の事故や犯罪に抗議した。法政大学社会学部卒業。1982年沖縄県庁に入庁、駐留軍従業員対策事業、不発弾対策事業、税務などを担当した。

全日本自治団体労働組合加盟の沖縄県関係職員連合労働組合(自治労沖縄県職労)副委員長を経て、2004年より沖縄平和運動センター事務局長。辺野古新基地や東村高江ヘリパッドの建設反対運動などに取り組み、沖縄の平和運動の象徴的存在ともいわれる。

2008年、県庁を退職。2010年第22回参議院議員通常選挙沖縄県選挙区無所属社民党沖縄社会大衆党推薦で立候補、落選。2013年第23回参議院議員通常選挙比例区に社民党から名簿登載第2位で立候補、落選。」

 昨日の岩国氏にも驚いたが、なんとヤクザみたいな山城博治は、過去二回も社民党から出馬していたと知ったのも驚きだ。道理であの恥知らずの反日議員の福島瑞穂が、沖縄に来てこやつらの先頭に立って扇動していた訳か。これでは沖縄の住民が、最近になり、暴力集団の「平和運動」に眉をひそめだしたのも無理はない。

住民運動などと言いながら、参加者の半分は本土から来たプロ活動家と韓国人である。沖縄県議会で県警の説明では、そのプロ活動家の中には極左の過激派が含まれているという。ここまで分かっていながら、なんの手出しもできず、無法者を野放しにしているという理由が分からない。

「お前の顔は写真に撮ったぞ。」「お前も親も女房も、子供も、すぐに分かる。」「家まで街宣してやるぞ。」「沖縄に住めなくしてやるぞ。」「ぐるぐる巻きにして、殺すぞ。」「二度と来るな、小僧。」「今度来たら、こんなことではすまないぞ。」

 これが平和運動の議長と言われ、琉球新報と沖縄タイムズが英雄視する、山城博治の正体だ。本日私が目にした動画は、ネット上でいくらでも配信されているから、信じられない人は確認すれば良い。

こんな無法な英雄のだみ声に脅されたら、沖縄の一般市民はものが言えなくなる。活動への疑問すら、口に出せば何をされるのか分からない。警察だって、何もしてくれないのでは、家族が大事だからと、口をつぐむしかない沖縄の人々の実態を見た。オナガ知事や左翼たちが声高に叫ぶ民意とは、脅迫で作り出された民意だったかと、私はやっと理解した。

 平和活動と名がつけば、何をやつても許される社会をこのままにして良いはずがない。ヤクザが一般人を脅せば、言葉だけでも恐喝罪が成立するというのに、沖縄左翼の英雄は、脅しても、腕力で人を小突き回しても、首に手をかけて職員を引きずり倒しても、法の裁きはないのか。

 沖縄だけが原因だとは思わない。こんな無法地帯を放置している県や政府や、住民を踏みにじる社民党や共産党に問題がある。基地反対運動をするだけなら、それは構わないが、住民や役所の職員など、罪もない人間まで無法の地獄へ叩き込む、反日の左翼議員どもが許せない。だが、もっと許せないのは、自民党の政治家でないのか。情報を全て把握していながら、どうして動かないのか。こんな時に毅然たる指導力を発揮せずして、中国や北朝鮮に立ち向かえる日本にできる、はずがない。

 沖縄のやくざ「平和団体」は、腕力と言葉の暴力で騒ぎを起こしているが、ならずもの国家の中国や北朝鮮は、正真正銘の武力を持っている。沖縄の暴徒すら抑えられなくて、隣国の恫喝がどうして跳ね返せるのか。今宵こそ、自民党の政治家に、問うてみたい。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男が決断する時 - 2 | トップ | ウオール街発 新日本論 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
誠に申し訳ありませんが (政界ウォッチャー三十年)
2016-10-25 10:26:52
リンクと転載の許可を戴きたく存じます、もちろん出典明記、改竄など致しません、何とぞよろしくお願い申し上げます。

denkadenkadenka@gmail.com
お詫び (onecat01)
2016-10-25 17:38:51
政界ウォッチャー三十年さん。

 お申し出に感謝いたしますが、先日も申し上げました通り、他の方々にもご辞退しておりますので、諸事象ご賢察の上、どうかご理解を頂きたく。
「平和」の皮被る過激派 (HAKASE(jnkt32))
2016-10-25 20:48:55
今晩は。山城某は、先日逮捕された人物ですね。
起訴とかの流れは何となく分りますが、裁判に当たっては
、社民系の質の悪い弁護士が付く事でしょう。
ご指摘の趙 春花(日本名 福島瑞穂。拙方、
こいつの日本名はホトホト書く気がしませんで)は
、札付きのエセ人権弁護士にして、慰安婦問題に際し、
内夫と共謀し国連人権委に提訴して、悪名高い
クマラスワミ報告書起草の火付け役となった張本人の様です。
又、しばしば沖縄入りして、山城某の様な扇動家と共謀、
貴記事の様な問題複数に関与している疑い有。
報道に追及されると、ひたすら黙秘している様です。
山城某の傍若無人もさる事ながら、趙率いる社民党が
公認を得られる我国の政治システムは、やはり異常と言わざるを得ませんね。
毎回素晴らしい内容 (柑橘)
2016-10-26 08:24:40
貴ブログを楽しみに拝読しております。
学ぶところも多く、貴重なブログと存じます。
これからもよろしくお願い申し上げます。
負けない勇気に賛同します (ピ-ナツ)
2016-10-26 08:31:53
ときどきおじゃましていましたが
安易な世相にも屈せず毅然とするこのブログに
勇気をもらっています。
今後も圧力に屈せず頑張って下さい。

ご機嫌よう ★(^_^)v (ニャンコ姫 LOVE-GREEN )
2016-10-26 10:28:17
ご機嫌よう ★(^_^)v
おはよう存じます 。

みみず の おじ様


政カデゴリーのブログ記事投稿には
かなりの注目が御座いますが、

メリット と デメリット の両方の意見や思想は付き物ですよね 。


コメントやメッセージを承認制とするのも ご自身の選択ですし、また そこにご意見や批判や嫌がらせ・嵐なども過度に記載してくるのは ごくごく 当たり前! なんだよね

然るべき対処、つまり 貴殿の必要とするコメントやメッセージを表向きに出せば良いだけのこと

自分自身に対して要らない書き込みは

1 … 完全に排除

2 … 嫌がらせや嵐、またハッキングなどに纏わる書き込みは Goo Mobile 管理局に証拠として提起すれば良いはず!




ねぇ〜 おじ様、
政カデゴリー部門には かなりヘビーコメントも多々 入ってきますから 怯まないことを お勧め致しますね 。


恵美でさえ 他社blog では、かなりの嫌がらせやハッキングを受けておりますが 、そのために 良きblog友達たちのアドレスと応援を頂戴致しましての 今、なんですよ (⌒〜⌒)


強き見方が沢山いらっしゃるじゃないですか


顔晴れ onecat01



また 伺いますね

では ご機嫌よう 。



ニャンコ姫 LOVE-GREEN
より 御礼と感謝

コメントを投稿

徒然の記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。