ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

国会という所

2017-03-06 23:25:39 | 徒然の記

  中山千夏氏著「国会という所」(昭和61年刊 岩波新書)を読了。

 先日のブログで、辛淑玉氏のことを取り上げたとき、中山千夏氏と故永六輔氏が登場する古い動画について述べました。

 「外国に攻められても、日本は憲法があるから戦えない。」

「いいことじゃない。日本人は平和憲法を守って、外国の軍隊に殺されればいい。」

「そう、日本人は、全部殺されればいいんだ。」

 どちらの言葉だったかは忘れていますが、中山氏と辛氏の会話でした。先日図書館で、恒例の廃棄図書の日に、偶然にもこの本を見つけましたので、貰ってきました。参議院議員として、六年間在籍した国会を、国民に紹介するという内容です。どうして氏が動画のような会話をするようになったのか、ヒントがないかと期待したからです。

 残念ながら、氏が「前書き」で述べている通り、国会という建物、国会という組織の解説、議員の活動実態等々、「国会ハンドブック」とか「国会の役割早わかり」というような、簡便書の類でした。外観から見ますと、国会議事堂は人気のない大きな建物ですが、中には売店あり、床屋あり、食堂ありで、賑わっています。両院をつなぐ地下道が何本かあり、行き交う議員や、清掃員など、結構喧騒でもあると、初めて知りました。

 新米議員だった氏が、明治以来のしきたりを守る国会の時代錯誤に驚き、率直に批判する面白さもありました。テレビで放映される国会中継も、こうした裏話を知ると、席で居眠りしている議員たちの姿が納得できました。本会議で、法案の提案者である所管大臣が、趣旨説明を行いますが、これがなんと「お経読み」と言われているとのこと。つまり法案の趣旨説明を、お経のように朗読するとの意味です。

 これが終わると、各党の質問者が質問をします。これもまた、事前に用意した原稿を棒読みするだけ。つまり、提案者も質問者も、用意された原稿を所定の時間内で朗読するという儀式なのだと、氏は批判します。少し長くなりますが、氏の言葉を転記します。

「大臣たちは、答案アンチョコともいうべき紙綴りを持ち、これを繰りつつ該当ページを読む。」「一通り終わると、つぎの質問者が登場し同じことを繰り返すのだが、」「反問の恐れがないから、答弁は的外れ、いや外したものが続出だ。」「質問も質問で、各党間の連絡がないせいか、」「先の党が聞き、同じ答弁が返ってくるに決まっているような質問を、」「いくつも重ねる。」

 「たまらんのは、観客議員である。」「ことに参議院は、新聞や衆議院の会議録などで、もうわかっている芝居を、」「もう一度見せられるわけだ。」「豪胆な人は大声で、退屈だと言い、」「小心な人は、小声で、苦行ですなあとこぼす。」「多くが居眠りし、あるいはあらぬことを考えながら、ひたすら時が過ぎるのを待っている。」

 これが31年前の本会議ですが、この通りの情景が今もテレビで映し出されています。「国会の常識は、世間での非常識」というべき事例を、氏は無数に書き出しています。党に属しない一人会派の氏は、民主主義の国会では、無力だということがよく分かります。そんな状況でよくも六年間我慢したものだと、感心もしますが、失望もします。この程度の内容の本なら、中山氏が書かずとも、ジャーナリストが小遣い稼ぎにやれそうな気がしてなりません。それとも、議員の歳費とか、年金や退職金、あるいはいろいろな日当や手当など、ジャーナリストが書いたら潰されてしまうのかもしれません。

 で、結局、動画の発言につながる発見はありませんでした。そこで、いつものようにネットの情報を探してみることとします。

 昭和23年に生まれた氏は、今年69才です。昭和45年代、時の女性解放運動(ウーマン・リブ)に参画したのち、反差別、反戦などの市民活動に取り組んだということです。昭和52年には、芸術家や知識人からなる政治団体・革新自由連合の結成に参加し、代表の一人となっています。

 別の情報では、こんなものもあります。 

「時に社民党、民主党、共産党などと共闘することはあるが、根っからの政党政治嫌いで、支持政党はなく、政治的支援は無所属候補、無所属議員に限っている。」

 詳しいことは分かりませんが、昭和45年に女性解放運動に参加した頃から、左翼思想に傾いたのでしょうか。政党でなく、個人的に、氏は福島みずほ氏の熱烈な応援者です。だから私には無縁な人物であるということが、よく分かりました。これ以上付け加えることもありませんし、何か時間の無駄をしたような、余計な道草を食ったような、中途半端な気持ちです。

  最後に強いて述べるとしたら、昨日と同じ言葉です。

  「日本には、いろいろな人がいるものです。宮沢氏もしかり、五木氏もしかり、そしてもちろん私もしかり、在日の辛淑玉氏もしかり、中山千夏氏もしかり。みんな許容している、寛大な日本になぜ感謝しないのでしよう。不思議でなりません。」

 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憲法講話 | トップ | 庶民の一人として »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
低民度の反映ですかね? (HAKASE(jnkt32))
2017-03-07 09:52:09
お早うございます。先日までの貴連載では、お世話様でした。

前回の、宮沢教授の日本国憲法にまつわる三指摘は、
国民としてよく理解把握しておく必要があるかと心得ます。

勿論、今の安倍政権下での改憲に漕ぎ着けるのは難しいかもですが、
その為の道づくりだけでも一定すべきとは思いますね。

今回の中山元参議の貴記事を拝読「やはり、その様な
人物だったか」との検証にはなったかなと言う所です。

この様な、亡国願望としか言い様のない、芳しからぬ
見識を持った人物が、国会議員になれた事自体に、
異常さを感じます。
大手マスコミによる印象操作の結果だろうとは思いますが、
やはり当時の民度は芳しくなかったのでは、とつい思ってしまいます。
その大きな一結果が、反日の急先鋒帰化人 辛 淑玉女史への接近となって表れたのでしょう。

又、そんな言動を許しておいて、何の注意も嗜めもしなかった、
故・永 六輔さんの見識も疑われる所です。

貴記事に名の載った、どの人物も、我国の寛容さへの
謝意と敬意が些かも感じられない所も、又貴見解の通りでしょう。
まずは、ご挨拶まで。
低民度もありますが、 (onecat01)
2017-03-07 12:46:56
HAKASEさん。

 低民度もありますが、やはり大きなのはマスコミでしょう。今でこそ自分で色々調べ、マスコミの偏りが分かりますが、会社にいた頃は、朝日新聞の見出しだけで判断していましたから、間違った判断を沢山していました。
マスコミが揃って同じ記事を書き、同じ論調で報道したら、国民はきっと操作されます。マスコミは「社会の良識」でもなく、「社会の木鐸」でもなく、利益の追求をする「会社」の一つだと、実態を見極める冷静さが、やっと国民の間に生まれつつあるあります。

「変節した学者たち」のまとめとして、近いうちに、「教授会」という表題でブログにしたいと思います。その時はまた、ご意見を頂きたく。
取り巻き (憂国の士)
2017-03-07 12:54:39
天才子役と騒がれ一躍時の人になった中山千夏氏に高尚な国家観は有ったでしょうか、
彼女を利用しようとして様々な左翼思想家達が寄って来た、その中に著名な某ジャーナリストがいた。

私は、そのように認識している。

生まれた国を嫌い貶める行為は容認出来ない、反日に与する者尚更である。
故・永 六輔さん、一説では何代か前に帰化した人の子孫だと聞く、真偽の程は分からない。
ブログよ お前も ? (憂国の士)
2017-03-07 13:06:39
格闘
入力する、即、文字が一人で駆け戻る、即ち文字が将棋倒しに消える、何故だ ?
文字を入力する間違った文字が現れる、ダブる、何故なんだ ? 格闘すること十数分 !
とうとう頭に来て思わずパソコンに一撃食わすところでした。

サイバー攻撃 ? とうとう身近に迄来たか ? ああ! Yahooじゃ、あり得るか ?
悪夢の時間、onecat01さん疲れましたわ !??
悪夢の時間 (onecat01)
2017-03-07 14:30:08
憂国の士殿

 私のパソコンには、まだトラブルが生じていませんが、貴方のような事態になりますと、私はお手上げです。その時になったら、その時と、腹をくくるしかありません。何であれ、冥土の土産に経験してみましょう。

 昨夜中山千夏氏と福島瑞穂氏が、壇上で抱き合って笑っている動画を見ました。横断幕は、「福島瑞穂を応援する全国大会」・・・・、そんな文字だったような気がします。それに絡む故永六輔氏など、私から見ますと、みんなひとまとめにして「獅子身中の虫」です。
気晴らし (憂国の士)
2017-03-07 14:51:47
早速ありがとうございました、
〉冥土の土産に経験してみましょう。
この遊び心が余裕に結びつきます。

従軍慰安婦問題捏造の張本人、そのおぞましさを知りながら抱き合う神経、
日本の拉致被害者の慟哭を何と思っているのか? 許されない売国奴 !

お茶の誘いがありましたのでちょっと気晴らしに行って来ます、馬鹿者達が!?
皇室誹謗の「共犯」 (成田あいる)
2017-04-16 18:37:56
今から11年前、皇族を侮辱した『週刊金曜日』主催の「集会」が開かれました。
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4389.html
http://sora1975.blog88.fc2.com/blog-entry-61.html

詳細は、書くのも憚れる内容なのでここでは紹介しません。

中山千夏氏と故・永六輔氏はこの「集会」に「参加」し、皇室誹謗の「共犯」となりました。
かつ中山氏は国会議員まで勤めたにも拘らず、皇室を笑い者にし、生命の尊厳までも踏みにじる「お先棒」を担いだわけです。
それは故・永氏も同罪であり、さらに同氏はその3年前、NHKの番組内で皇族を呼び捨てにしたうえで「赤ちゃんを産んで、その方がまた赤ちゃんを産んで」と「問題発言」をした「前科」がありました。

中山氏にせよ故永氏にせよ、芸能界・文化人には左翼的思考に取り付かれた人物が多過ぎるような気がします。
そしてこのような人たちが大手を振るい、マスコミでも重用されるように思います。
安倍総理が復帰してから「右傾化している」と言いますが、むしろ今まで「左傾化」していたように思います。

中山千夏氏から時を経て、その「左」のメンタリティは蓮舫氏や、辻元清美氏にも受け継がれているような気がします。
このエントリの最後の一行を、私もこのお二方にも送りたいと思います。
驚きました。 (onecat01)
2017-04-16 20:13:22
あいるさん。

 こやつらのつながりを、うすうす予想していましたが、ここまで腐った心根を持ち、ここまで汚れていたとは、驚きとともに怒りを覚えます。

 立派な在日もいるのでしょうが、日本人の大切なものを平気で足蹴にする、この愚か者たちを、いつまで放任していいものか、佐高信も在日でしたか。

 貴重な情報を、感謝いたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。