ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

日本終戦史 中巻

2017-04-19 17:44:07 | 徒然の記

「日本終戦史 中巻」(昭和37年刊 読売新聞社)を、読書中です。

上巻は、左翼学者の反日書だと高を括って手にしていましたが、中巻を読むうちに、むしろこの書は、敗戦前後の日本を語る貴重な資料でないのかと、改めて向き合っております。

 多くのマスコミが語っている「軍部の独走」が、具体的にどんなものであったか、詳しく述べられています。戦後の評論家や文化人たちが口を揃え、「日本は無謀な戦争をやった。」「間違った戦争をした。」と非難しておりますが、世論に迎合することしかしない合唱の軽さも、発見しました。

 勝利したため批判も少なくて済んでいますが、明治時代の日清、日露の戦争だって、当時としては間違いなく「無謀な戦争」でした。一旦敗れれば、国がなくなってしまうと、捨て身の覚悟で突入した戦争で、諸外国は日本の敗北しか予想せず、同情する国さえありました。

 ですから、同じ捨て身の戦いだった大東亜戦争を、敗戦後に後づけで批評するのは、無責任で一方的な意見と、私には思えてなりません。あの戦争を正しく批判すると言うのなら、初戦の勝利に酔うばかりで、同時並行すべき終戦工作を、軍が疎かにしたという事実こそ、もっと語らなくてならないのではと、そういう気がしてなりません。

 日清・日露を戦った明治の元勲たちは、戦争開始と同時に戦争の終結を見据え、諸外国との折衝を始めていました。小国日本は、短期決戦で勝利しても、長期の戦いをする国力はないと、彼らは現実を把握していました。幕府を相手に命がけの戦いをした元勲たちの、現実を受け容れる知恵を、昭和の軍人が見習わなかったという奢りをこそ、批判すべきなのです。

 明治の元勲はいわゆる文民でなく、武士であり軍人そのものでしたから、首相になっても外務大臣になっても、軍事について指揮をするし、詳細な情報も得ていました。大東亜戦争時の政府には元勲がすでに亡く、天皇の統帥権に直結した軍が出来上がり、政府と軍は別組織として機能していました。首相その他の大臣に軍事情報の詳細を知らさず、陸海軍のトップが、政府を無視して軍務を進めました。

 林銑十郎氏や阿部信行氏、米内光政氏や東条氏など、軍人の大将も首相になっていますが、陸海軍そのものが、既に独立した組織のごとく振る舞い、軍人首相でも統制できない状況になっていました。東京裁判で被告席に立たされた東条氏が、こうした軍の実態を説明しています。

 「陸軍にありては、三長官、すなわち陸軍大臣、参謀総長、教育総監の意見の合致により、」「陸軍大臣の補弼の責任において、御裁可を仰ぎ、」「決定を見るのであります。」「海軍のそれも、また同様であります。」

当時の日本では、陸海軍がそれぞれに作戦を立てて実行し、相互の連携が図られていませんでした。ですから東京裁判で、対英米作戦計画について、首相であった東条氏はこう述べています。

 「海軍統帥部が、この間何を為したるかは、承知致しません。」

 政府を無視して作戦計画を遂行する陸海軍、しかも海軍と陸軍には意志の疎通がない。東京裁判で東条氏が述べているのですから、その通りなのでしょう。国運をかけた大戦争をするというのに、こんな政府や軍隊であって良いものでしょうか。元勲のいた明治政府では、考えられない事態だったはずです。国の指導者が一体となり、危機を共有しなくて、どうして国家存亡の戦争が遂行できるというのでしょう。

 大東亜戦争の反省や批判をするのなら、ここを問題としなくては、核心が外れます。当時の日本軍は確かに強く、他国に負けない力を持っていましたし、「不滅の神国」という慢心もここから生まれました。しかしそんな軍の奢りをこそ、戦後の批評家は追求すべきだったのではないでしょうか。

 「短期的に勝利を収めても、日本の国力では長期戦に耐えられれない」という、明治の政治家たちの英知を受け継いでおれば、開戦と同時に、終戦工作を行うことの重要性を忘れなかったはずです。もっと言いますれば、終戦工作を難しくするようなドイツとの同盟や、ソ連との条約締結など、ありえない選択となったのかもしれません。「たら、れば」の論は、歴史を語る姿勢でないと言いますから、私の意見などなんの意味もありませんが、初戦からの終戦工作を軽視した軍部の過ちは、いくら指摘しても足りない気がいたします。

 今後日本が憲法を改正し、自衛隊を国軍とする日が来ましたら、この愚を繰り返さないよう英知を絞らなくてなりません。戦争反対とか、平和憲法遵守とか、国の存立を危ういものにする反日左翼の妄言は無視すると致しましても、日本の軍の在り方や、暴走の抑止策を確立することは重要です。私たちが昭和の歴史から学ぶべきとすれば、軍部の、この失敗にあると考えます。

 不滅の神国思想から逃れられなかった軍人の実例を、本から引用してみましょう。

「独ソ和平工作にしても、対華工作にしても、戦況が有利なうちは、」「軍事的勝利に甘い期待をかけ、いささかも外交的譲歩をしないというのが、」「日本側、特に陸軍の態度であった。」「そして戦局が行き詰まってから、始めて手を打つということで、後手にばかり回っている。」

「軍事的勝利を予想した終戦方針に変わって、」「妥協による終戦方針を考えようとする機運が熟し始めたのは、昭和18年の後半からであった。」

 この本によって、終戦工作と言われるものが、複数ルート存在していたことを知りました。5番を、タイトルだけ学校で習った記憶がありますが、他の和平工作については今回始めて教わりました。

 1. 藤村中佐による「ダレス工作」・・アレン・ダレスへの働きかけ

 2. 重光葵外相による「ハッゲ工作」・・アレン・ダレスへの働きかけ

 3. スエーデン国王による「小野寺工作」・・イギリス王室への働きかけ

 4. 緒方竹虎国務相による「対華和平工作」・・蒋介石への働きかけ

   5.  近衛公による「対ソ和平工作」・・ヤルタ会談以後だったため、ソ連が拒絶

これらに関する詳細の説明を省略し、総括的叙述を引用します。「留意したいのは、対ソ工作を除いて、すべて個人的な工作であったことである。」「日本が正式に和平を取り上げたのは、最高戦争指導会議で決定された、」「対ソ交渉以外になかったのである。」

「ハッゲ工作のごときは、外相の任にある重光によるものだから、」「本格的終戦工作と見なして良いだろうに、それでもなお個人的として扱われた。」

 海軍では軍令部総長豊田副武が、藤村中佐の提案を取り下げ、陸軍では梅津参謀総長が小野寺少将の意見を退け、逆に詰問文書を発送しています。

「帝国が、必勝の信念をもって戦争を継続する決意を有することは、」「貴官も承知のはずなり。」「しかるところ、ストックホルムにて、中央の方針に反し、和平工作をするやの情報あり。」「貴官は、その真相を調査の上、報告ありたし。」

 これが敗色濃くなった昭和20年3月の話だというのですから、不滅神話の妄言に縛られ、現実が見えなくなった、愚かな軍人の姿が浮かびます。世界各地に駐在する武官たちの方が、大本営で指揮を執る指導層より、もっと的確で、切実な情報を得ているはずなのに、彼らは無視しました。といいますより、たとえ分かっていても、聖戦遂行の熱狂の中で、和平を言い出す勇気に欠けていました。ここまで読み進みますと、昭和の戦争指導者と、明治の元勲の聡明さには、歴然とした違いがあると思えて参ります。

 私もまた、結果だけ見て批判をするという、批評家たちの愚を犯しているのかも知れませんが、明治の政治家と比較しますれば、昭和の指導者の器の小ささと言いますか、狭量さと言えば良いのか、嘆きたくなるものがあります。

 本日はここで終わりますが、他に立派な軍人がいたことや、彼らの多くが悲惨な最期を遂げたことなど、明日は続きを述べたいと思います。 

 

追記・・ 続きを述べるより、下巻を読む方が先だろうと、そんな思いに駆られてきましたの

     で、予定を変更し中巻の感想につきましては、ここで終わりと致します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この危機の時、この質疑 | トップ | うるま市長選挙 »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今、官僚 (憂国の士)
2017-04-25 13:53:17
優秀な兵隊が死んでクズが残った、こう言うと私の身内にも生還した兵隊がいるので複雑だが?
戦争を指揮する優秀な指揮官たちが傲慢さと柔軟性の欠陥を併せ持った人間達だったのではないか。
軌道修正のできない前例主義、「我は富士の山他は並びの山」まさにこの傲りが敗戦に向かわせた。

兵隊いじめは他国にもあるが、それにしても二等兵達の境遇は哀れこの上ない、肝に銘ずるべきだ。
これらの悲劇を参考にして新しい自衛隊像を造らなければならない、官僚機構を見よ! まさに今、官僚!
軍隊組織 (onecat01)
2017-04-25 16:56:56
憂国の士殿

 独立した国は、自衛の他軍隊を持っています。その軍隊は、いかにあるべきか。
これに関する検討は慎重の上に慎重であるべしと、敗戦の経験から学んでおります。優秀なはずの指揮官たちが陥った、傲慢さと柔軟性の欠如が克服される組織作りにしなくては、基地ような経験が活かされません。

 国際情勢が緊迫する現在ではありますが、憲法改正も自衛隊の国軍化も、拙速であってはならないと、今の私は考える次第です。今回の貴方のコメントに対して、残念ながら私には確信をもってお答えできるものが何もありません。
訂正 (onecat01)
2017-04-25 17:02:03
誤字の訂正をいたします。

        誤り      正
 一行目 自衛の他軍隊  自衛のための軍隊

 三行目 基地ような   貴重な

                 以上です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。