ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

終戦記念日

2017-08-09 22:56:58 | 徒然の記

 毎年今頃になりますと、テレビも新聞も、「終戦記念日」の特集をします。

 もう何年前だったか、忘れましたが、「終戦記念日」という言葉に我慢がならず、どうして何時までもこんな言葉を使うだと、NHKだったか、朝日新聞だったかに、八つ当たりしたことがありました。

 結婚記念日とか、入学記念日とか、「記念日」という言葉は、昔から日本では目出度い日を心に刻むため、使われてきました。国が焦土と化し、何十万人という国民が、原爆と無差別爆撃で殺され、挙句は連合国軍に占領され、戦争の責任は日本だけにあると言われ、罪人国家として裁かれた、そんな敗戦の日が、どうして「記念日」などという言葉で語られるのかと、ずっと疑問でした。

 ところがなんと、平成29年8月9日のNHKニュースで、「終戦記念日」という言葉が変わりました。アナウンサーの背後に表示された言葉は、「終戦の日」でした。事実を飾らずに伝える「敗戦の日」とすべきと考える私は、これでも不満ですが、「記念日」という愚かしい言葉がなくなったことだけでも、大きな「前進」として喜びます。今日の夕方のニュースで、私以外に何人の人が気づいたのか知りませんが、特記すべき「NHKの変貌」です。

 長年にわたるNHKの偏向報道への、国民の怒りがやっと届いたのでしようか。国民を間違った方向へ誘導する、反日のプロパガンダーばかりするのなら、NHKなど不要だ、解体してしまえと、国民の憤りがやっと届いたのでしょうか。敗戦後、70余年使い続けたバカな言葉を、本日止めました。

 北朝鮮や中国の脅威にさらされているというのに、森友や加計問題など愚にもつかないニュースばかりを報道し、国の安全を置き去りにした腐れマスコミが、これほど国民の怒りをかったのは前代未聞の出来ごとでした。

 国民の声が高まり、解体されてはたまらない、受信料の不払い運動に繋がっては大変と、やっと危機感を持ち始めたのでしょうか。国の危機より、自分たちの組織の危機の方に重点があるとしましても、こうした敗戦以来の歴史的間違い(まやかし)を改めるのは、なんであれ一歩の前進です。

 この際、もう少し言わせて貰えば、戦争の好きな人間はいませんし、戦争の恐ろしさや残虐さを憎むのは、国民の共通認識です。その戦争に反対する方法として、「戦争は繰り返しません。」「みんな仲良くしましょう。」「平和を大切にしましょう。」と、こんな空疎なスローガンを、念仏のように唱えていれば平和が来ると、毎年そんな報道ばかりするのもやめましょう。

 敗戦以来、腐れマスコミの筆頭はNHKだったのですし、しかも受信料のお陰で濡れ手に粟の「大儲け」をしているNHKは、なおさらこれまでの偏向と驕りとマンネリを反省し、国民のための公正な報道機関に脱皮しなければなりません。広島、長崎の原爆追悼の報道についても、本気で反省し、改める必要があります。

 大東亜戦争の責任が日本だけにあり、日本さえ暴走しなければ世界は平和になると、これが東京裁判の判決でした。いまだにその不真面目で、不当な判決を後生大事にし、日本の過去を否定し、ご先祖を憎み、国を蔑んでいますのは、反日・亡国の政党です。多くの日本人が敗戦の痛手に打ちひしがれている時に、あたかも正義の味方のように国民の前に姿を現したのが、反日の左翼政党でした。

 マッカーサーの後押しもあったため、彼らは大手を振って活動を始め、マスコミも後に続き、左翼の宣伝記事を書けば部数が増えると分かり、次第に腐敗したマスコミになっていきました。詳しい話は省略しますが、「戦争反対」「平和」「人権」「自由」など、あたかも、こうした言葉を言えるのは自分たちだけだという顔をして、左翼活動家たちが跋扈してきました。

「原爆追悼式典」も、敗戦の日の各種行事も、左翼活動家たちと、腐れマスコミが主導権を握り、自分たちだけが正義だという顔で、偏向報道を拡散してまいりました。でももう、そんなバカなお芝居は、今年で終わりにせねばなりません。「原爆の惨禍」と「戦争の犠牲者への思い」は、「国民共有の記憶」であり、「国民共有の追悼」です。彼ら左翼活動家たちの占有物ではありません。

 だから原爆反対運動だって、共産党と社会党のなすがままで、一本化すらできていません。すべての原爆に反対という社会党と、ソ連や中国の原爆には反対しないという共産党が対立したからです。ソ連や中国が何をやっても反対せず、欧米の原爆だけを責めるなど、自分勝手なおかしな理屈です。

 広島でも、長崎でも、政府や安倍総理には苦情を述べますが、中国やソ連、米国には、なんの文句も言いません。それどころか、「私たちは過ちを繰り返しません」などと、見当はずれの反省をしています。パチンコ業界の金と、在日研究者の助けも借り、すぐ隣で核開発をしている北朝鮮にだって、何も言いません。テポドンと称するミサイルの頭に、核をつけて発射すれば、明日にでも日本が惨禍に見舞われるというのに、一言も言及しません。

 こんな愚かしいお芝居の行事は、即刻やめなくてなりません。マスコミの報道の仕方にも、問題があります。式典を邪魔する活動家たちの横暴も、マスコミは全く報道しません。違った意見を持っている被爆者や、市民の意見は報道しません。

 私は利害関係者でありませんから、はっきりと言いますが、広島の市長も、長崎の市長も、現在の市長になる前は、反日左翼政党にかかわる人間でした。

 

 しかし、左翼政党やマスコミより、もっと悪いのは、保守自民党です。かくも長期間にわたり、左翼政党の傍若無人を放任し、マスコミの偏向報道を黙認してきたのですから、本当に非難されるべきは、彼らです。

 さらに悪いのは、こんな不甲斐ない自民党の議員を、唯々諾々と当選させてきた私たち国民です。「終戦記念日」から「終戦の日」へと、NHKでさえ軌道修正したのですから、私たちだってやらなくてどうするのでしょう。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 羊と鋼の森 | トップ | イラク わが祖国へ帰る日(反... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (RIKAKO)
2017-08-10 00:06:17
お見事です👏
私は、文才もなく、勉強不足のため、中々、
発信し切れなかった事を、簡潔に、纏められ、
読んでて、小気味いい!
スッキリしました!

是非、多くの方々に読んで頂きたい。
聞く耳を持ち、少しでも、いい国にしたい!と思われる方々...みなさんに、読んで頂きたい。


あの...子供達並べて、
私達は、繰り返しません!を聞く度、
はっ?何を?と...
原爆落としたのは...米国でしょ...
時代背景も語らない...
止むにやまれぬ事情で、大東亜戦争へ突入したのでしよ!

日本の本当の敵は、
国内に蔓延る、反日思想家。
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムに、どっぷりハマった人々。
日本人のふりした、しかし、心は日本人では無い方々。

何より変わるべきは、無関心の日本人。
ですね。
変わるべきは、無関心の日本人 (onecat01)
2017-08-10 05:35:12
RIKAKOさん。

 お見事です。私のブログより、貴方のコメントの方が、読んでスッキリ、小気味良い響きでした。

 貴方の言葉こそ、多くの人に読んでもらいたい核心です。何も知らない女学生たちに合掌させ、千羽鶴を折らせ、紋切り方の儀式です。これをやらせているのが、「日本人のふりした、しかし、心は日本人では無い方々。」です。

 私たちはもう、無関心をやめなくてはなりません。素晴らしいコメントを、感謝します。
恥ずかしくも・・・ (やっほ)
2017-08-10 11:49:16
終戦記念日は恥ずかしながら何となく聞き過ごしていました。
それで調べてみましたら,第二次大戦が終結したことを記念する日。
この日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とすることが閣議決定された。となっています。

正式な呼び方では無かったのですね。
それを何故「終戦記念日」と称していうのか。
まるで(戦勝記念日)戦勝国目線ですよね。


昨日のTBS昼の偏向番組で、ある政権批判代名詞コメンテータ曰く、
「安倍総理はいつまでも森・加計問題の真相を語らないで、長々と時間ばかりを費やしている。
この問題を早く決着しなければ、まして北朝鮮問題が大変な事になっているのですから」
みたいな逆手を取った言い方・物言いには”あんたがそれを言うのかい!”と 怒りを覚える発言でした。

今後その様な言い方をする偏向コメンテーターやそれに感化された視聴者が増えそうで危惧しております。
終戦という言葉 (0necat01)
2017-08-10 12:35:21
やっほさん。

 私も少し調べてみました。敗戦時に、敗戦と言わず、「終戦」と呼ぶようにしたのは、故吉田茂首相でした。あまりに衝撃を受け、失意している国民を見て、「敗戦という言葉を使うのは、むごすぎる。」と言い、公式にも「終戦」を使うようにしたのだということでした。

 有難いような、情けないような、そんな話です。事実の厳しさを知りながら、敢えて婉曲にし、その場をしのごうとする日本人の生き方を見る思いがします。しかしここまで戦争の現実を曖昧にし、実態を見えなくする用語になているのですから、やはり吉田氏の配慮は、結果として国民を戦争の現実から遠ざけ、左翼をのさばらせたというこで、政治家として正しくなかったと思えてなりません。

 やっほさん。偏向コメンテーターのことは、心配ご無用と思います。そのうち、RIKAKOさんの意見が、日本中に伝わる日がきます。

「日本の本当の敵は、国内に蔓延る、反日思家。」「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムに、どっぷりハマった人々。」
「日本人のふりした、しかし、心は日本人では無い方々。」

 これが常識となりますと、偏向コメンテーターの番組には、スポンサーが付かなくなり、彼は収入の道を閉ざされます。
「終戦記念日」からの脱却 (成田あいる)
2017-08-11 19:15:04
今回もまた素晴らしい記事ですね。
今週は「『ヒロシマ・ナガサキ』ウイーク」でした。
その中で私が腹が立ったことは以下の3つです。

・広島では小学生が「平和への誓い」
・長崎では女子高生らが「人間の鎖」
・長崎では被爆者団体の議長が安倍総理を「どこの国の総理か」と詰問

が、その最たることは、・広島・長崎とも厳粛な式典の裏で「『安倍辞めろ』デモ」が起こったこと、それを産経以外はどこも報じなかったことです。
被爆者連絡会の理事長が安倍総理を問いただしたことも、朝日など「反安倍」メディアのいい「材料」にもなっています。
この場に乗じて、「安倍叩き」をしたい輩のなんと多い事か。

「平和」の行事には大抵、小中高生が何らかの形で参加しています。
このような問題に関心を持つことは悪いことではないのですが、「原爆」のことなど彼ら彼女らが生まれるはるか前の事です。
小中高生の「関与」が極端すぎるので、その裏に何らかの力が働いているのでは?彼らや彼女は関心を持っているようで誰かの掌の上で踊らされているだけではないのか?と感じてしまいます。

それでも、「記念日」ではない「終戦記念日」が、「終戦の日」となっただけでも「前進」だと思います。
もっともっと、今回のエントリのような考えと、防衛と「平和」に関する正しい認識を広めなければ、と思います。
そろそろ軌道修正する時です。 (onecat01)
2017-08-11 21:18:26
成田あいるさん。

 原爆の日の式典だけでなく、敗戦後は色々な行事が左翼政党や活動家たちに握られました。それをまた反日のマスコミが全国に報道しました。何度も言いますが、この腐れマスコミの先頭に立ったのが、NHKと朝日新聞です。ネットの普及のおかげで私たちは、マスコミの報道する事実とは違う事実を、知ることができるようになりました。

 ネットの情報も千差万別で、しっかりした主張もありますが、扇動するだけの無内容な意見もあります。しかし私たちは、今までの主要メディアの「一方的報道」で無いものを手にいれました。判断は自分の責任でしなければなりれませんが、不特定の人々に向かって、自分の考えを述べることもできるようになり、社会への参画が可能になりました。マスコミは、私たちをひとくくりにし、「ネトウヨ」などと蔑視していますが、その内の多くは私や貴方のように、国を大切にする普通の国民です。

 小さな声でも、ブログがつなぐ人間の絆が、やがて本物の世論となる日が来るのだと信じています。
「原爆の日」「終戦の日」の行事を、反日の政党と活動家の手から取り戻さなくてはなりません。

 そのための現実的な一歩は、1.「共産党や民進党などの、反日左翼の議員に選挙の一票を入れないこと。」2.「朝日新聞の購読を止めること」
そして今日からは、もう一つ加わります。3.「外資規制を入れて、電波オークション制を導入すること。」です。

 これでNHKを解体し、テレビ業界の「濡れ手に粟の大儲け」が無くせます。国民の中に、「マスコミ報道への不信感」が高まってきましたので、好機ではありませんか。反日左翼のいう「正しい認識」と、私たちの考える「正しい認識」をネットを通じて、多くの人に知ってもらいたいですね。

 長いコメントになりましたが、これからもよろしくご指導ください。

コメントを投稿

徒然の記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。