ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

またしても、稲田大臣

2017-06-28 13:12:37 | 徒然の記

 誰の選挙応援に行ったのか、詳しく確かめる気にもなりません。応援演説の中で、自民党も、防衛省も自衛隊も、候補者を応援していますと言ったそうです。

 あとで苦情を言われるやら、弁明するやら、文句をつけられるやら、結局は発言の撤回となりました。いつものことですが、内閣の支持率が低くなりだすと、不思議と閣僚の失言が続きます。あるいはマスコミが、故意に探して記事にするからそうなるのか、総理の力を削ぐ風潮が広がります。

 私は安倍総理を支持していますが、女性に関してはあまり評価をしていません。女性が活躍する社会を作ろうと、キャッチフレーズにしている手前、自分の内閣でも女性の大臣を任命しています。女性の大臣だけでなく、大臣には当たり外れがありますから、断定的なことは言えませんが、それにしましても、稲田氏は情けないほどの防衛大臣失格者でした。

 いくらリップサービスだからといって、選挙の応援演説で、防衛省と自衛隊が候補者を応援しているなどと、どうして喋ってしまうのでしょう。政治家の失言を、手ぐすね引いて待っている野党とマスコミがいると知りながら、思いつくまま、迂闊におしゃべりをするこの軽率さ。中国や韓国・北朝鮮との緊張が続いている時だというのに、気のゆるんだ言動しかできないのですから、呆れてしまいます。

 そして相変わらずの、身なりです。防衛大臣でなければ目をつぶりますが、肩までかかる長い髪を垂らしたままでの記者会見は、鬱陶しいだけでなく、だらしなさが漂います。命をかけて国を守る自衛隊員の長として、キリッとする気持ちが何時までたっても見られません。そこいらの若い女の子が、テレビに出てはしゃいでいるみたいに、大きなリボンを腰に結んで恥じない姿に幻滅するのは、果たして私一人でしょうか。

 外見より中身だと、多くの人も言いますし、私もそう思っておりますが、防衛大臣としての稲田氏は、どう贔屓目に見ましても、ノーの反応しか出でまいりません。何時も何時も、何かあるたびに、少し常識の欠けた、勘違いのテレビタレントみたいな大臣に、整列し礼を捧げる隊員の無念さが、見えてならない私です。

 そうなりますと、結局は稲田氏を任命した安倍総理の見識に、疑問符がつくこととなります。反日野党に言われるまでもなく、「総理の任命責任」を問わずにおれません。他人の弱みにつけ込み、難癖をつける、野党の国会質疑を真似たくありませんが、昭恵夫人の問題にしましても、総理の対応は不適切、不十分で、結果として国民の不信感を高めてしまいました。

 野党ばかりでなく、早速、党内反安倍の石破氏が動き出しています。都議選の動向も、気になります。「自分ファースト」の小池氏に、都民がどういう意思表示をするのか。自民と袂を分かった創価学会との関係がどうなっていくのか。国政にも波乱の要因が見えている今、総理にはしっかりとした対応が望まれます。

 「自分には、女性を見る目がない。」・・・。せめてそのくらいの自覚を持って、これからの政権運営に臨んでもらいたいものです。「憲法改正」と「国の安全保障」について、自民党内をしっかりとまとめ、100年の大計で取り組んでもらわなくては、日本の独立が遠のきます。数に慢心せず、謙虚に、辛抱強く、頑張ってもらわないと、国民の信は離れます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岡田啓介回顧録 | トップ | 岡田啓介回顧録 - 2 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
野党に更なる「燃料投下」 (成田あいる)
2017-06-29 21:17:53
今まで、「●●省(庁)としても応援したい」などと「演説」した大臣がいたでしょうか。
これ、単に「口を滑らせた」レベルなのでしょうか。
防衛大臣と言う、「国の安全」を預かるポストとして、あまりに緊張感が無さすぎます。

これまで自民党・安倍内閣は、「森友」「加計」、おまけに「豊田真由子」と失点続きでした。
これらで「メシウマ」状態の野党に、さらに「燃料投下」させてどうするのでしょうか。
例の党首は勢いづいて、またまたご自分の問題など棚に上げて、「首相がきっちりと罷免すべき」と意気込んでいます。


自民党は稲田防衛相を辞任させる意向は無いようですが、ここで自民党・安倍総理の手腕が問われていると思います。
何の処分も下さなければ、両者の信用はガタ落ちで、今まで並みかそれ以上の支持も信頼も保てないと思います。
ましてやこれが、3日後に迫った都議選に影響しない訳がありません。
日本は、他国と違ってネチネチ気質なので、これが選挙民や野党にどう影響し、どう後々まで尾を引くでしょうか。
すべては、都議選後 (onecat01)
2017-06-29 22:27:13
成田あいるさん。

 すべては都議選の結果次第ですね。自民が惨敗せず、小池氏の「自分ファースト」党が伸び悩めば、安倍総理は峠をひとつ越したことになります。

 それでなければ、党内の反安倍勢力が勢いを盛り返します。まさに、政界の一寸先は闇です。
安倍さんは、もしかすると国会戦略を間違えたのかもしれません。多数を得ていましても、国民の多くはお花畑で、移ろいやすい気分屋だと分からず、読み違いがあったように思えてなりません。

 いずれにしましても、すべては都議選の後でしょう。見守るしかありません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。