ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

ゆうちょ銀行のお客サービス

2017-06-10 01:15:16 | 徒然の記

 株式会社ゆうちょ銀行という名前に変わっても、私たち庶民にとって、それは依然として郵便局です。雨の日も風の日も、全国津々浦々に郵便を届けてくれる、配達の職員と一体になり心に刻まれています。銀行より親しみやすく、切手を一枚、ハガキを一枚買っても、面倒がらず対応してくれました。

 貯金をすれば丁寧に説明してくれ、預けるについては、銀行にない信頼と安心感がありました。しかしあの小泉首相が、郵政を民営化しなくては、日本の政治が歪められたままだと、進軍ラッパを吹き鳴らし、民間会社にしてしまいました。日本郵便株式会社と、株式会社ゆうちょ銀行と、株式会社かんぽ生命保険です。

 あともう一つ日本郵政株式会社があるのですが、今でも私はこれらの会社の関係がよく理解できていません。別会社と言いながら、同じ建物の中で仕事をしていますし、利用する側から見れば、相変わらず郵便局でしかありません。民営化に反対するのなら、自民党をぶっこわすとまで小泉氏が訴え、政界で大騒ぎしたのに、民営化後に、いったい政治がどのように変わったのか、官僚の無駄遣いが減ったのか。今もって不明のままですから、私は詐欺にでもあったのでないかと、そんな気持ちがずっと続いています。

 でも、本題はこれではありません。

昔も今も、変わらず郵便局を利用している私には、最近とても違和感が生じています。ゆうちょ銀行は、貯金残高約175兆円で、三菱UFJファイナンシャル・グループの預金残高124兆円を抜き、平成24年の3月現在で、日本最大の預金金融機関となりました。

 都市銀行には含まれていないものの、みずほ銀行以外で、全国47都道府県の全てに、店舗(支店・出張所)を有しているのは、ゆうちょ銀行だけなのです。住民サービスも向上し、業務の効率化も従来の銀行に負けませんと、そんな宣伝文句があったと記憶しています。

 けれどもこの巨大なゆうちょ銀行が、どれだけのサービスを心掛けているかにつき、大きな疑問が消せません。それは民営化された銀行に言うのか、かんぽ生命保険会社へ訴えるのか、それとも郵便の会社に言うべきなのか、駐車場の設備がまったく整備されていないという実情です。

 千葉や東京は勿論、名古屋でもそうでしたし、北九州でもそうでした。郵便局のある道路は、どこも違法駐車の車が止まり、駐車場所があるかと思えば、付近の駐車場の中に、ニ、三台のスペースを借りているとか、どの郵便局も利用する住民を難渋させています。

 鳴り物入りで作った会社だというのに、このサービス精神のなさについて、誰も苦情を言わないのが不思議でなりません。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートという、コンビニの店舗を見てください。どの店も、広い駐車場を持ち、大小の車が軽く20台は停められるスペースを確保しています。ゆうちょ銀行グループのサービス心のなさは、ちょっと比較するだけで誰にも分かります。 

 平成27-28年のコンビニ主要三社の売上高は、一社平均で約2兆円です。一方ゆうちょ銀行の平成28年の売上高も約2兆円です。かんぽ生命保険会社が約8兆円、日本郵便株式会社は約2兆円ですから、合計しますと、約12兆円となります。
 
 たかだか2兆円の売り上げのコンビニ各社が、駐車場を完備し事業展開するサービス精神に比較すれば、ゆうちょ銀行などが、いかに顧客への配慮に欠けているか、一目瞭然です。しかも郵便局の利用者は、高齢者が多く、苦情も言えず我慢しています。
 
 全国展開していますから、即座に駐車場を完備するべしなどと、そんな極論は言いません。少なくとも中長期の計画で、都市部の不便な郵便局から始めれば、出来ないはずがありません。違法駐車を放任し、交通渋滞にも気配りせず、トラブルが生じても知らぬ顔で、しかも日本最大の金融機関だというのですから、苦情の一つも言いたくなります。
 
 日本経済のデフレは、市場に金が出回らない所から生じていると言われますから、巨大金融機関であるゆうちょ銀行グループが、郵便局の周辺を買収し、本気で駐車場を作り出したら、それだけで多額の資金が世間に流れ、やがて購買力の向上につながります。素人の私が言うほど簡単でないとは思いますが、かって政府機関だった郵便局なら、経営者は、どうしてそのくらいの社会貢献に目を向けないのでしょう。
 
 それともやっぱり親方日の丸の体質から脱皮出来ず、天下り官僚たちの就職先になっているだけなのでしょうか。こうなりますと私は、どうしても小泉元首相と、あの竹中平蔵氏に怒りをぶつけたくなります。アメリカの言うなりになって、金融市場を解放し、銀行を沢山潰し、自民党でなく、経済の土台をぶっ壊した彼らが許せなくなります。
 
 お花畑の国民に向かって、原発の即時撤廃などと、相変わらず極論を叫んでいる小泉氏に反論したくなります。無責任なスローガンを言わず、国民が一番不便を感じている郵便局の駐車場の整備について、政治家らしく対応したらどうかと、私は言いたいのです。
 
 憲法改正や陛下の退位ほどの優先順位はありませんが、毎日の暮らしに直結した、大事な問題の一つであることだけはハッキリしています。大きなことばかりでなく、たまには私も、地道な日々の問題だって考えているのだと、息子や孫たちに分かってもらいたくなりました。
 
 とうとう、12時を過ぎてしまいました。明日の朝は、ベッドを出るのが9時を回ることになりそうです。朝になりますと、野良猫タビーが餌をもらいにやって来ますから、寝坊ができません。会社を辞めたって、年金生活をしていても、やっぱり私はのんびりしてはおれないのです。
 
 ボケ防止の面からすれば、ありがたい日々です。感謝感謝です。ゆうちょ銀行さん、それから小泉さんと竹中平蔵さん。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 総理後継者と言われる政治家たち | トップ | 民進党の田嶋氏と、自民党の... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
天下りの弊害 (憂国の士)
2017-06-10 08:41:43
onecat01さん、
おはようございます、朝起きますとあなたからの便りが届いていました、
まったく同じ思いで郵便局に出向く私が居ます、車の渋滞何とかならんか。

内部の窓口を見て下さい融通の利かない局員同士、同じ建物に我冠せず別会社、
硬直した仕事内容は、やはり天下りの弊害です、ここを何とかせにゃいけん。

毎日来る郵便配達員さん、笑顔が愛しい、こんな苦労人もいるのですが。
野党の仕事 (onecat01)
2017-06-10 11:05:11
憂国の士殿。

 自民党や政府の役人たちが、数の多数に安住し、庶民をおろそかにしているのなら、こんなところこそが、野党の頑張りどころでしょうに。

 話題にならないと、議員諸氏は軽視しますが、日常の問題を解決してこその政治家だと、私は言いたいですね。
いまだに「殿様商売」 (成田あいる)
2017-06-11 19:34:43
今年で国鉄が民営化されて30年・郵政が民営化されて20年経ちました。

私は電電公社・国鉄は民営化されて良かったと思います。
電電公社のままならば、インターネットや携帯電話、ましてスマホなどいまだになかったでしょう。
それどころ、日本はマルチメディア・IT化の波に大幅に立ち遅れていたでしょう。
国鉄だって、大赤字を抱えたまま、日本は沈んでいたでしょう。

にも拘らず、郵政が民営化されて良かった面はありませんしメリットも感じられません。
それどころか、はがきに見られるように値上げされています。
駐車場の件にしてもそうです。

ドコモショップの方がむしろ、「お客様」目線に立っています。
郵政はむしろ、「殿様商売」から抜け切れていないと思います。
殿様商売 (onecat01)
2017-06-11 22:18:39
成田あいるさん。

 貴方もやっぱり、そう思われますか。
なんでも民営化が素晴らしいとは思いませんが、国鉄も電電公社も、民営化されて様変わりしました。

 民営化以前は、国鉄職員は「乗せてやる」「切符を売ってやる」と、横柄な態度でふんぞり返っていました。電電公社などは、お願いしてお願いして、やっと電話を取り付けていただくと、恩着せがましく仕事をしていました。

 両社とも笑顔も見せ、頭も下げる、親しみやすい会社になりました。しかし郵便局は、図体が大きいだけで、利用者のことは何も考えていません。小泉・竹中ラインの改革なんて、口先ばかりでしたね。

 国鉄と電電の民営化は、中曽根首相の時でした。
日本を大切にする首相と、日本をアメリカに売るだけの首相の差が、ここに現れているのでしょうか。

コメントを投稿

徒然の記」カテゴリの最新記事