ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

君は尊くましませど

2017-05-18 17:50:26 | 徒然の記

 暑からず寒からず、程よく晴れた五月の朝でした。アイスバーグ、ロココ、ドルトムントと、庭のバラが綺麗な花を咲かせています。うすいピンクのエゴの花も、満開です。花に群れ飛ぶミツバチの羽音が、耳に優しく響きます。

 昨日の展覧会を思い出し、感激の余韻に浸っておりますと、次第にそれが自分の中で、悲しみと怒りに変じてしまうのに驚かされます。昭和天皇の録音盤をめぐり、あの近衛師団司令部庁舎で、森中将の銃殺された、その場所を自分が訪ねたという感慨が、一晩眠りますと、すっかり違ったものになってしまったようです。

 それは、このところいつも心から離れない、今上陛下の「お言葉」騒動です。忍びがたきを忍び、耐えがたきを耐えと、昭和天皇は戦争終結のお言葉を述べられました。悲壮とも言える先帝陛下のご決断と、今上陛下のお心持ちを、どうしても比べずにおれない自分がいます。詔勅の録音盤を守ろうと、森中将が命を失った場所に立った私には、NHKの録画で語られた今上陛下の言葉の軽さが、ひしひしと迫って参ります。

 天皇陛下の国事行為には、必ず内閣の助言と補弼が必要とされます。これが事に際し、陛下が遵守せよと言われる、憲法の規定です。陛下は、個人的な思いだと断られ、NHKを使って意見を述べられましたが、国政を混乱させるような「お言葉」が、果たして私事と言えるのでしょうか。あの日以来、陛下の退位をめぐる国会での政争が、一日として報道されない日がありません。テレビや新聞を見て、多くの国民が一喜一憂しております。

 かくも重大な国政に関し、政府にも宮内庁にも相談されない陛下だというのに、元ご学友の明石元紹氏や床屋の主人には思いを打ち明けられました。その彼らがまた、新聞やテレビで、陛下の代弁をするというのですから、日本の民主主義と立憲君主制が吹き飛んでしまいました。いくら人の良い床屋の主人だとしても、大切なお客の私事につき、たとえ直接聞かされたお話だとしましても、ご本人の了解なしに喋れる訳がありません。

 紳士協定という高尚な話でなく、これは商売人の常識ですし、庶民の常識です。彼らは、陛下になり代わり、代弁でもしている気になり、許された範囲でお喋りをしているのだと、そんなことがわからないほど国民は愚かでありません。このような見え透いた小細工を、国民の敬愛の中心におられる陛下が為されていいものでしょうか。

 聞くところによりますと、ご学友の明石氏とは、かの有名な明石元二郎氏の孫だと言います。元二郎大佐は、明治38年の日露戦争時に、日本と戦っている帝政ロシアを内部崩壊させるため工作活動を行い、ロシア革命を支援しました。現在の金額にすれば、50億円になると言われる資金を使い、反ロシア勢力に与え、帝政ロシアの根幹を揺るがせました。内政の騒乱がなければ、ロシアは日本との停戦を決断しなかっただろうという話もあります。「20万の兵に匹敵する、成果を上げた。」と、氏は賞賛されました。

 その孫である元紹氏が、今上陛下に組し、日本の根幹を揺るがせているというのですから、信じられない話です。祖父は祖国のため、敵国の崩壊に力を尽くしたというのに、孫は、日本の崩壊に手を染めるというのですから、いかにも敗戦後の日本らしい情けない話です。

 体力が衰えたから、皇太子に譲位したいと、個人のお気持ちを優先させた陛下なのに、私的外出を控えられる様子もありません。それほど外出されるのなら、遠出をせず、皇居の中にある近衛師団司令部の建物へ足を運ばれたらいかがなのでしょう。赤い美智子様に手を引かれずとも、そこならお一人で訪ねられます。

 司令部の建物の前に立たれ、敗戦前後の日本の姿と、昭和天皇のご決断の尊さを、お一人で噛み締められてはいかかでしょう。昭和天皇は、ご先祖様と国民のために、身を捨てて決断をされました。今上陛下は、ご先祖と国民を無視したまま、ご自分とご家族のことだけを語られました。しかも、憲法の手順を全て省略されたままの、違法行為です。

 今の日本では、政府も反日の野党も、本音の話ができません。それをしますと「お花畑」の住民が大騒ぎしますし、頑迷保守も騒ぎ出し、国論を二分する騒擾となります。ですから、名もない庶民である私が、政府と、憂国の議員の思いを代弁し、意見を述べさせて頂きました。

 いつもの私は、「ねこ庭のあるじ」ですが、今回だけは、あの忌々しい床屋の主人の役目をいたします。つまり、「代弁者」です。床屋のオヤジとの違いは、彼は言わされて喋っていますが、私は自分の意思で述べているところです。彼らと異なり、私には得意な気持がどこにもなく、しんどくなるばかりです。

  そしてやはり、この言葉に戻ります。

「君は尊くましませど、民を苦しむれば、天これを許さず。」

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽家一子相伝の芸術 | トップ | テロ等準備罪 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
残念ながら (長屋の爺)
2017-05-18 23:11:35

こんばんは

確かに「腸の煮える思い」でこの状況を静観しております

北畠親房の爪の垢でも、と思うのは私だけでしょうか・・・

と言っても、この意味するところが理解できる能力があれば、愚かな行為などできないはずですけど

天の神は必ず観ています

天人相関 が降りかからんことを祈るばかりです。


天の神 (onecat01)
2017-05-19 00:06:00
長屋殿。

 天の神様が、必ず見ておられることを、信じております。八百万の神々は、愚昧なるお方の行状を、許されるはずがありません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。