ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

イラク わが祖国へ帰る日(反体制派の証言) - 3

2017-08-13 21:36:29 | 徒然の記

 「湾岸地域の、複雑な構造を整理しておこう。」

 読んでいる私の苦労が伝わったのか、116ページで、著者が突然言い出します。都合が良いので、そのまま転記しましょう。

 「イラン、イラクを除く、湾岸諸国の政治体制は、」「君主制である。」「中東で、アラブ民族主義が席巻していた1958(昭和33)年代、」「イラクは革命によって王政を倒し、」「民族社会主義を基盤とする、共和制を敷いた。」「支配層には、スンニ派のアラブ人が多いが、」「国民は、シーア派のアラブ人の方が多数で、」「人口の約6割を占める。」

 「スンニ派が支配層で優位なのは、」「スンニ派の帝国だった、オスマントルコ時代からである。」「民族的には、クルド人やトルクメン人、」「キリスト教徒のアッシリア人と呼ばれる人々も、存在する。」

 クルド人だけで難渋しているのに、トルクメン人やアッシリア人まで加わってくると、お手上げです。解説されて、さらにややこしくなりますが、前進あるのみです。説明を続けて、聞きましょう。

 「隣のイランは、1979(昭和54)年の革命によって、」「イスラム共和国となった。」「イランは、アラブ民族の国ではない。」「民族としては、ペルシヤ人を中心に、」「クルド人、トルコ系のアゼリ人、アラブ人からなる、」「多民族国家だ。」「国教は、イスラムのシーア派である。」

 「イラン以外の湾岸諸国、」「クエート、サウジアラビア、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦、」「オマーンは、アラブ人の国である。」

 「いずれも、王家・首長家はスンニ派だが、」「サウジアラビアの産油地帯である、東部海岸地域には、シーア派が多い。」「バーレーンは、国民の三分の二が、シーア派だ。」「イラクに隣接するクエートでも、住民の三割がシーア派である。」

 著者の説明はまだ続きますが、このあたりで止めましょう。ものごとは、詳しく説明されたからといって明らかになるのでなく、返ってややこしく、面倒になると、これがその好例です。私は、こうしたドキュメントを読むたび、「人間は、みな同じです。」「話せば、必ず分かり合えます。」などと、したり顔で言う人物に疑問を抱きます。

 話し合いで分かり合える時もありますが、多くは、「混乱を深めるだけ」という結果でないかと思います。日本でも、保守と反日・左翼は、一日中話し合っても、分かりあえません。国会の質疑など聞いていても、保守と左翼は水と油、相手の言葉に耳を貸さず、互いに己の言い分だけを喋っています。

 だから多数決という考え方が生まれ、多数を占めた意見で、ものごとを決めようという約束事ができました。これが、民主主義と呼ばれる方式です。それなのに、国民の多数が支持する安倍政権が、安全保障や憲法について法改正を進めようとすると、「数の暴力を許すな。」「数の横暴をする、安倍政権を倒せ。」「多数に奢るな、暴走するな。」と、マスコミが大合唱します。彼らのやっていることは、「民主主義の否定」なのに、国民が大人しいため、日本では腐れマスコミの暴論がずっとまかり通ってきました。

 幸いにもわが国は、一億二千万人の人口の九割が日本人です。反日のマスコミを無視し、私たち国民が、アラブ諸国の現実を知り、日本の姿を知り、賢くなれば、日本が変わるはずです。反日野党や在日の人間たちが言う、「共生社会」など、決して認めてはなりません。安倍総理が掲げる「1000万人の移民受け入れ計画」だって、断固として反対しなければなりません。移民受け入れや、共生社会の行き着く先は、アラブ諸国がいい見本です。絶え間ない紛争と、殺し合いと、憎しみの日々が始まります。

 日本人は心が狭いとか、身勝手だとか、国内にいて、そんな意見を述べる愚か者がいますが、騙されてはいけません。二千年もかけて先祖が守ってきた国を、何のため外国人に解放し、混乱と殺戮の国にするのでしょう。国際社会では、すべての民族、すべての国、すべての宗教が、身勝手な、わがままで言い争っています。日本人が日本を守り、国の安全と幸せを求めるについて、他国から批判される理由はどこにもありません。

 私は安倍総理の信奉者でなく、国を愛する是々非々の庶民です。「憲法改正」と「女系天皇反対」については、総理を支持しますが、他の政策には賛成していません。ただ反日・左翼に対しては、是々非々でなく、絶対反対という、心の狭い人間です。

 ずいぶん横道に逸れましたが、本題のイラクに戻りましょう。

  「この時代を生きたアラブ人にとって、」「イラク革命の残虐さは、記憶に生々しいという。」「1958(昭和33)年7月14日の朝、クーデターを率いたのは、」「カーシム将軍と、アリフ大佐の一派だった。」「王宮を取り囲んだ軍隊に対して、ファイサル二世国王は、」「一族の国外脱出を条件に、護衛隊と共に投降した。」

 「だが国王らが、王宮の庭園に現れると、」「待ち構えていた軍隊は、一斉に銃撃を始めた。」「3才で王位に就かされた国王は、この時まだ23才である。」「美術とジャズを愛し、」「政治には関心を示さなかった若い国王の遺体が、」「どこに埋葬されたのか、わかっていない。」

 「悲惨を極めたのは、摂政を務めた、」「アブドル・イラーハ皇太子の遺体だった。」「気勢をあげる群衆の中に放り込まれた遺体は、」「切り刻まれた挙句、街の広場に吊るされた。」「女装して逃げようとした、ヌーリ・サイド首相は、」「その途中で惨殺された。」「一旦埋められた遺体は、すぐ掘り起こされ、」「首都の目ぬき通りで、何度も車に轢かれた上、」「放置された。」

 イラクだけでなく、諸外国の政敵への攻撃には、目を覆うものがあります。イタリアでムッソリーニは、銃殺された後、衆人の前で逆さ吊りにされました。群衆によって地面に投げ出された遺体は、さらに銃撃され、物を投げつけられ、足蹴にされました。

  また北朝鮮の金正恩は、叔父の張成澤を処刑する時、先に、彼の部下であった2名を銃殺しました。銃殺台のすぐ側に張成澤を座らせ、2人に向かって、戦車に搭載する重機関銃を連射しました。彼らの身体は一瞬で肉片となり、それが張成澤に降りかかり、張成澤は、恐怖と嫌悪感で、その場で気絶したと言います。

 その後張成沢が銃殺され、一片の肉片も残さないよう、遺体が爆破されと言われています。しかし、別の情報では、張成沢への憎しみに燃えた金正恩が、空腹の犬数十匹を入れた檻に張成澤を放り込み、食い殺させたという話もあります。これにつきましては、ネットの情報しかありませんので、真偽のほどは不明です。

 ここで私が言いたかったのは、金正恩だけが特に冷酷非道なのでなく、日本以外の国々は大同小異だということです。中国にしても、毛沢東は自分の政敵を紅衛兵たちに襲わせ、なぶり殺しにしました。天安門の騒乱では、鄧小平が、二千人ともいわれる学生や若者を、戦車のキャタピラーで轢き殺させました。広島・長崎に原爆を投下し、日本の都市を無差別攻撃したアメリカだって、例外ではありません。

 大東亜戦争前も、敗戦後も、日本はこうした国々に囲まれています。彼らが特別に極悪非道な民族だということでなく、国境を接した大陸の国々では、「人類は友達」「世界は一つ」などというお目出たさでは、生き残れなかったのです。小さな島国なのに、日本がずっと独立を守られたのは、先祖の苦闘の賜物であります。氏の著書を読みながら、心に生まれましたのは、やはり先祖への感謝と国への愛でした。

 今晩も、長いブログとなってしまいました。そろそろイラクとも、お別れをしたいのですが、記録に残したいことがまだありますので、明日もう一回だけイラクとつき合います。日本も中近東の国々のように、外国の干渉で、多民族国家となりそうだったのに、それを阻止した武士たちがいたという、そこだけはブログにしたいと思います。

 もしものこと、このブログを訪問されている方がおられましたら、「お休みなさい」と、ご挨拶いたします。本日はここまでとし、私はベッドに入ります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イラク わが祖国へ帰る日(反... | トップ | イラク わが祖国へ帰る日(反... »

コメントを投稿

徒然の記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。