ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

大東亜戦争肯定論 1 (東亜百年戦争) 

2016-11-04 20:26:18 | 徒然の記

 林房雄氏著「大東亜戦争肯定論」(昭和59年刊 三樹書房・やまと文庫)を読了。

 氏は明治36年大分県大分市に生まれ、昭和50年に73才で死去。東大法学部を中退後、プロレタリア作家として出発したが、後に転向し、愛国者として生きた経歴を持つ。本名は後藤寿夫。日本の小説家、文芸評論家だ。名前だけ知っているが、作品は一つとして読んだことがない。中間小説を書く流行作家という印象が強く、若い頃の自分は、獅子文六氏や丹羽文雄氏など中間小説家を軽視していたから、林氏の本は一冊も読まず、それでも軽ろんじて恥なかった。

 老境に差し掛かりつつある今、氏の著作を初めて手にし、若かりし頃の無知蒙昧さを恥じている。知らなかった歴史の数々を教えられ、背筋を伸ばし、襟を正して読むべき本は、読書の秋に相応しい書物だと知った。昭和38年から2年間、中央公論に連載され、その後単行本になったという。私が今回手にした本は、氏の死後に出されたもので、出版社も異なっているから、色々な変遷があったのだろう。昭和48年に記された氏の言葉が、目次の後のページに挿入されている。

「この本は、もっと読まれねばならぬ。」「特に戦後の世代、早くも30代に近づき、占領教育と左翼史観からの脱却を求めつつある青年諸君は、日本再建のための指針を読み取ってくれることと信じている。」

 昭和48年、私は29才だった。まさしく私の年代の者に向かって氏が書いた本だ。当時は高度成長時代で、月月火水木金金と、休日なしで日本中が働いていた時だ。林氏がどのような本を出していたのか、知る暇が無かったし、若い時の私は、今よりもっと無知蒙昧な人間だったから、たとえ読んでも理解できなかったに違いない。

 下巻はまだ読んでいないが、貫いている主題は、「大東亜戦争とはいったい何だったのか。」という問いかけだ。石川達三氏は「太平洋戦争を起こしたのは、明治以来の軍国主義教育が原因だ。」という。だが林氏は、もっと長い時間で考えようとしている。11ページに書かれた氏の言葉を読んだ時、強い感銘を受けた。

「私は自身にたずねる。」「明治大正生まれの私たちは、" 長い戦争 " の途中で生まれ、その戦争の中を生きてきたのではなかったのか。 」「私たちが平和と思ったのは、次の戦闘のための小休止ではなかったか。」「徳川二百年の平和が破られた時に、" 長い一つの戦争 " が始まり、」「それは昭和20年8月15日に、やっと終止符を打たれた・・・・のではなかったか。」

 氏はこれを「東亜百年戦争」と自ら名付け、その意味と歴史の事実を語る。国を思う人間としての、静かだが、強靭な意志を感じさせられ、中間小説家と氏を軽視してきた自分を反省した。敗戦後の日本が、どうして今も米国の属国に甘んじているのか、一人世界ののけ者のとなり、責められ続けているのはなぜか。氏が、幕末の日本から説き明かしてくれる。それはもはや、石川達三氏の言う「太平洋戦争を起こしたのは、明治以来の軍国主義教育が原因だ。」という、そんな短い次元の話ではない。

 私は暫く氏に導かれるまま、秋の夜長を、氏の著作と過ごしてみたい。長くなっても、氏の言葉を根気よく引用し、いつかブログを読んでくれる息子や孫たちのため残したい。「三っの史観」という章にある、氏の言葉をそのまま引用しよう。

「上山春平氏によれば、敗戦後の日本人は、」「アメリカの立場からの太平洋戦争史観、ソ連の立場からの帝国主義戦争史観、」「中共の立場からの抗日戦争史観を、次々に学習させられて来たそうである。」「確かにそうであった。」「あの戦争は、アメリカに従えば、デモクラシーのファッシズムに対する勝利であり、」「ソ連に従えば、米英帝国主義対日独帝国主義の衝突であり、」「中共に従えば、日本帝国主義による中国侵略の惨めな挫折である。」

 「が、いずれにせよ、上山氏は、この状況を次のように述べている。」「あの戦争をこれほど主体的に、これほど多元的角度から反省する機会を持った国民が、他にあるだろうか。」「こうした独自な国民的体験を、私はかけがえなく貴重なものと思う。」 

 林氏は、上山氏のいう「独自な国民的体験」の上に立ち、日本人自身の「大東亜戦争史観」を築く時が来ていると述べる。ここで氏が主張するのが、「東亜百年戦争」という考え方だ。つまり、「大東亜戦争は、百年戦争の一部であり、終局でもあった。」という捉え方である。予想していない思考方法だったため、最初は戸惑ったが、読み進むうちに納得した。偏狭な反日左翼マルキストの日本人を除けば、なるほどとうなづかされる意見だろう。

 東亜百年戦争に関する説明は、ある種の謎解きにも似て、思わず引き込まれてしまう。「では、その百年戦争はいつ始まったのか。」「さかのぼれば、当然明治維新に行き当たる。」「が、明治元年では、まだ足りない。」「それは維新の約20年前に始まったと、私は考える。」「薩英戦争も下関戦争も、その一部であり、開始はもっと以前だと考える。」

「米国海将ペルリの日本訪問は嘉永6年、1853年の3月だ。明治元年からさかのぼれば、15年前である。」「それが始まりか。いや、もっと前だ。」「オランダ、ポルトガル以外の外国船の日本近海出没の時期は、ペルリ来航の更に7年以上さかのぼる。」「それが急激に数を増したのは、弘化年間だ。」「国史大年表によって、弘化元年から嘉永6年までの外国船と、海防関係の記事を拾ってみると、実に80件以上に上る。」

   太平の 眠りを覚ます 蒸気船

     たった四杯で 夜も眠れず

 ペルリ来航時の朝野の騒ぎを詠んだ狂歌として、日本史の時間に習った。林氏の説明では、その7年前から外国船が日本近海に現れ、幕府・朝廷のみならず、在野の学者、武士階級の間に深刻な影響を与えていたという。東京湾をはじめ、日本沿岸各地の砲台も、この頃から次々築造されたとの説明だ。

 水戸斉昭や藤田東湖の「攘夷論」、平田篤胤の「日本神国論」が生まれ、抗戦イデオロギーが発生したと氏が言う。人物名と書名だけは受験勉強のため丸暗記していたが、本の中身も時代背景も頭に残っていない。吉田松陰といえば、日本人が誰でも知っている歴史上の人物だが、彼がどのような考えをしていたのか、私はこの本で初めて理解した。大東亜戦争を考える上で、大切な部分なので、明日のブログとすることにした。

 73才で死去した氏は、もしかするとこの上下二巻の著作を自分の遺言として書いたのかもしれない。同じ年の私だって、死は望んでいないが、隣り合わせの友みたいな近さがある。して見れば、このブログも、子や孫に残す遺言と言っておかしくはない。生きている間は本気で相手にされなかったとしても、死後に私のブログを読めば、考え直すことがあるやも知れない。

 それはちょうど、亡くなった叔父の蔵書を真面目に読み、叔父に感謝したり、失礼の数々を反省したりしている自分のように・・・・。しかしちょっと待て、取らぬ狸の皮算用は止めるべしだ。そんなことは、ブログと無関係な雑念でしかない。林氏の大きさに比べ、なんという卑小な己の思考であることか。これだから、小人は困る。

 (キリがないから、本日はこれまで。)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄県議会 | トップ | 大東亜戦争肯定論 - 2 (吉田... »

コメントを投稿

徒然の記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。