ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

日本終戦史 下巻 - 2

2017-04-28 20:36:09 | 徒然の記

 昭和20年の7月、ポツダム宣言を知った時、日本の三大新聞が、どのような記事を掲載していたかという記述があります。戦時中のマスコミがいかなる報道をしていたのかを知る、貴重な資料です。興味深いので、抜粋して引用します。

 1. 読売・報知新聞 「笑止、対日降伏条件。トルーマン チャーチル 蒋 連名。ポツダムより放送す。」という表題で、次のように書いています。

 「国内、対日両天秤を図る老獪な謀略。敵宣言の意図するものは、」「いずれもカイロ宣言の延長・拡大に外ならず、」「欧州戦の終末と、大東亜戦争の最終段階突入への、世界情勢を背景として、」「多分に謀略的要素を有することは、言うまでもない。」

 「硫黄島、沖縄における米側の犠牲が多大であったことに鑑み、」「日本がこれを受諾せざれば、戦争を継続する他なし。したがって、更に大きな犠牲を忍ばねばならぬことを明らかにして、」「米英が自国民への覚醒を促したこと。」

「敵英米並びに重慶は、不逞にも世界に向かって、日本抹殺の共同宣言を発表した。」「帝国政府としては、かかる謀略については全く問題外として、笑殺した。」「断固、自存自衛戦完遂に、挙国邁進、もつて敵の企画を粉砕する方針である。」

 まるで昨今の北朝鮮の報道を読んでいるような、空元気と虚勢の言葉が、これでもかと並んでいます。ですから、北朝鮮の新聞やテレビの大げさな報道を笑えないのだと、私は自戒させられます。

 2. 朝日新聞 「米英重慶、日本降伏の最後条件を声明。三国共同の謀略放送。」と題して、次の記事です。

 「帝国政府としては、三国の共同声明に関しては、」「なんら重大な価値のあるものにあらずとして、」「これを黙殺すると共に、断固戦争完遂に邁進するのみとの決意を、」「さらに固めている。」

 「これは、大東亜諸国間の離反を計らんとする謀略であり、」「世界制覇の伝統的政策により、武力による一方的条件を日本に押しつけ、」「威嚇的効果を狙っているものである。」

 著者の説明によりますと、概略は読売・報知新聞と同じ内容で、違った表現をしている部分だけを拾ったということです。次の毎日新聞にしましても、共通している箇所は省略したとのことですから、当時の三大新聞は現在と同様、横並びのプロパガンダをしていたのだと分かります。

 3. 毎日新聞 「笑止! 米英蒋の共同宣言、そのうぬぼれを撃砕せん。聖戦をあくまで完遂。」と見出しを掲げ、記事が続きます。

 「我が方としては、かかるうぬぼれに基づく、三国共同宣言に対しては、」「一顧も与えることなく、ひたすら大東亜戦争の神聖なる目的に徹し、」「あくまでも彼らの戦意を放棄せしむるまで戦い抜き、頑張り抜くだけである。」

「政府また、かかる方針であることは勿論である。」「笑止にも、不遜きわまる宣言に対しては、本土決戦も辞さず。勝利はわが日本にある。」

 海軍の壊滅的敗北が続き、大本営の内部では対ソ和平工作が持ち上がり、敗戦必至となっているのに、この有様です。結局国民は、戦局の実態は何も知らされないままでした。興味深いのは、著者が、勇ましい迎合記事を書いている新聞を批判せず、ひたすら政治家と軍人を批判しているところです。マスコミの力を借りなくては、反日・左翼の宣伝ができないと、著者たちが既に、計算していることが伺える気がいたします。

 本土決戦を主張していた阿南陸相が、当時語った言葉も紹介されています。「国民の敵愾心は上がらず、戦いの前途が悲観される。」「一部のインテリは、沖縄までは望みをつないでいたが、」「艦砲射撃、中小都市爆撃に対する無抵抗の現状に、絶望的となっている。」

「ポツダム宣言に対しても、戦意高揚せず、政府および軍への信頼はなくなり、」「戦果は上がらず、原子爆弾の噂は次第に広く伝わり、」「さらにソ連の参戦となっては、もはや勝てないという気分が、いっそう広まってきた。」

 そう言いながら、なおも彼は、「しかしいよいよ本土決戦となれば、一億一心、国民は憤慨して決起するであろう。」と、決して主戦論を翻しませんでした。

広島・長崎に原爆が投下されても、依然として政府内では主戦派と和平派の対立が続き、激しい議論が戦わされていました。特に激論をしたのは、主戦論派の阿南陸相と、和平派の東郷外相でした。思案に窮した鈴木首相は、御前会議で天皇陛下の御聖断を仰ぎました。

 同席していた迫水内閣書記官長の手記によりますと、昭和天皇のお言葉は、次の通りであったと言います。

「自分の意見は、外務大臣に同意である。念のため、理由を言っておく。」「大東亜戦争が始まって以来、陸海軍のしてきたことを見ると、」「どうも予定と結果が、大変違う場合が多い。」「陸軍、海軍では、本土決戦の準備をしており、勝つ自信があると申しているが、」

「そのご侍従武官が、九十九里浜の実情を見てきた話では、」「防備はほとんどできていないようである。」「また先日、師団の装備について、参謀総長から完了した旨を聞いたが、」「兵士に、銃剣さえ行き渡っていない有様であることが、わかった。」

「このような状態で本土決戦に突入したら、どうなるのか。自分は心配である。」「日本民族は、みな死んでしまわなければならなくなるのでは、なかろうかと思う。」「自分の任務は、祖先から受け継いだ日本という国を、子孫に伝えることである。」

 著者の説明に依りますと、通常の御前会議で陛下が口を開かれることはなく、終始聞き役に徹し、出席者の説明に同意されるだけであったといいます。出席者間での事前の打ち合わせも調整もなく、鈴木首相が御聖断を仰いだのは、主戦派のメンバーにとって晴天の霹靂ともいうべき事態でした。重要ですから、なるべく割愛せず、昭和天皇のお言葉を続けて引用致します。

「今日となっては、一人でも多くの日本国民に生き残ってもらうほかに、」「この日本を将来に伝える方法は、ないと思う。」 「また、このまま戦いを続けることは、世界人類にとっても不幸なことである。」

「忠勇なる軍隊の武装解除や、戦争責任者の処罰等、それらの者はみな、忠誠を尽くした人々で、」「それを思うと、実に忍び難いものがある。」「しかし今日は、その忍び難きを忍ばねばならぬ時と思う。」

「自分は明治天皇の、三国干渉の時のお心持ちも考え、」「自分のことは、どうなっても構わない。」「耐え難いこと、忍び難いことであるが、」「自分はこの戦争を、やめる決心をしたのである。」

 天皇のお言葉の続く間、参列者の中には、声を殺して泣く者があったと言います。こうして玉音放送へと繋がっていくのですが、放送が実現するまで、近衛師団長の森中将が、和平反対の将校に拳銃で射殺されたり、陸軍のクーデターが生じたり、多くの困難がありました。

 初めて知る昭和天皇のお言葉に、深い感銘を受けるとともに、玉音放送が陛下のお気持ちに添ったものであったのだと、納得いたしました。私はこれまで、玉音放送は側に使える者が考えた文章で、陛下はそれを読まれただけとばかり思っておりました。御前会議での陛下の悲痛なお言葉を知りますと、誤解していた自分を恥じたくなります。

 マッカーサーを訪ねられたおり、「自分はどうなっても構わないので、国民のことだけはよろしく。」と、天皇がそう言われたと、「マッカーサー回想記」に書いてありました。「私は本日、連合国総司令部を代表する貴官に、自らを委ねるために訪問した。」マッカーサーは、陛下のこのお言葉に感動し、次のように書いていました。

「私は天皇が、自らの命乞いに私を訪ねてきたものと思っていた。」「しかるに、天皇は、私に身を任せるため訪問したと言った。自らの死をも覚悟した言葉を聞き、私は感激した。」「天皇は、日本における第一級の紳士だった。」うろ覚えでしかないが、マッカーサーはその時の印象を、そう綴っていました。

 これにつきましても、私はマッカーサーの作り事でないのかと、今日まで半信半疑でおりました。しかしこれも玉音放送と同じで、陛下の御前会議でのお言葉を知りますと、全てがつながります。そこに私は、神聖不可侵の絶対君主でなく、日本国民が昔から敬愛してきた天皇の姿を改めて発見いたしました。

 けれども、反日の左翼教授たちは、なんと度し難い人間どもでありましょうか。

「反対する狂信的軍人を、天皇の言葉が抑えたというのなら、」「この無謀な戦争を、天皇はもっと早く終わらせられたはずでないか。」「更に言えば、最初から天皇が反対すれば、戦争はしなくて済んだのだ。」「だから天皇には、戦争責任がある。」

 本の中で、亡国の教授たちがこのように理屈を展開していきます。今尚この屁理屈が、反日左翼の政治家や教授や文化人、マスコミ関係者たちの間で語られています。国の歴史や文化を知る日本人なら、天皇陛下の戦争責任という考えは、どこからも生まれません。連合国が正義であり、日本だけが間違った戦争をしたと、そう考える人間たちでなければ、思いつかない思考です。

 こんな乱暴で単純な思考をするのは、敵国の人間だけですから、どうしたって、この本を書いた彼らは「獅子身中の虫」であり、日本から「駆除すべき害虫」ということになってしまいます。天皇陛下も気に入らない、政治家も軍隊も何もかも気に入らない。日本以外の国は、みな正しくて、素晴らしいのに、日本だけは国民を管理し、弾圧する独裁国家だ。横暴な人権無視の国だ・・・。

 いつまでも、バカの一つ覚えのように言うのなら、こういう人間は日本を捨て他の国へ行けば良いのです。アメリカでもソ連でも、中国でも韓国でも、好きなところへ行って住めばいいと、私は常にそう思っていますし、これからも思い続けます。

 今回も長くなりましたので、ブログを読んでくれる人はあるまいと、覚悟しています。しかし、子供や孫たちがいつかきっと読んでくれると、私はそれを夢見ます。それは、私の希望でもあります。書き残したことがまだありますので、続きは明日にしましょう。

 そろそろ庭の水やりをしないと、大切なねこ庭の花木が生気を失ってしまいそうです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本終戦史 下巻 | トップ | 日本終戦史 下巻 - 3 »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
皇室在っての国民 (憂国の士)
2017-04-29 10:55:24
身を引き締めて拝読いたしました。
日本国民にとっての皇室とは、軽い存在でないことが分かります。
政治家、学者、マスコミ等不貞の輩が何故皇室を消滅させようとするのか、
分かる国民がどれほどいるでしょうか?

中韓が対日本の問題になると国民挙って反日になる、これが自国ファーストの姿、
しかし、日本の売国奴たちは、反日国家のために日本をおとしめる唾棄すべき存在。
毒まんじゅうにからめ取られた獅子身中の虫達の正義漢ぶった哀れにも卑劣な姿、
アメリカトランプ大統領の誕生は、これら売国奴の暗躍を白日の下に晒け出す。

恥ずかしくも日本人ほど堕落してしまった国民はいない、害虫退治が緊急である。
訂正のお願い (憂国の士)
2017-04-29 11:02:58
onecat01さん、
>・・・正義漢ぶった哀れにも卑劣な姿、

・・・正義漢ぶった卑劣にも哀れな姿、
に訂正して下さい。

訂正 (onecat01)
2017-04-29 14:16:39
憂国の士殿。

 訂正の件、承りました。しかし私にはコメントの修正方法が分かりませんので、申し訳ありませんが、貴方の訂正コメントをこのまま併記しておくことで、我慢してください。

 それよりも私は、次の文章を、訂正していただきたいと思うものです。
「日本人ほど堕落してしまった国民はいない」、という部分です。このまま読みますと、日本人全体が堕落した国民となってしまいます。
堕落しておりますのは、敵対する隣国に魂を抜かれた、反日・左翼の人間たちだけです。そのつもりで書かれているのだとは思いますが、お花畑の彼らは、貴方の言葉を聞いて勘違いします。「保守の憂国の士が、日本人ほど堕落した人間はいないと認めている。」「日本人は、最も堕落した人間だ。」・・・と、これではいけません。

 堕落した獅子身中の虫どもを、喜ばせてはいけません。次のように、正しく書きましょう。
「反日の日本人ほど、堕落してしまつた国民はいない。」
真意と訂正 (憂国の士)
2017-04-29 22:21:40
onecat01さん、
予想通りのご返答です、それを承知で敢て警鐘を鳴らしたのです、
「日本人ほど堕落して・・・」 と。

私が誤解を招くことを承知で踏み込んだ理由は、
自分で判断できない? 関係がないから関心がない? 煩わしい !
この放任と無関心が彼らを増長させ世論をあらぬ方向に向わせる、
果たしてこれで良いのか? 常識的に見て彼らのプロパガンダーはおかしくないか ?
それでも物言わぬなら認めた事になるのではないのですか ?

異議を唱えず彼らの不正義を見逃すなら、彼らに組みした事になる、
そういう意味で不本意だろうが特定せず、日本人と総称したのです。

しかし、あなたの考えはよく理解しています、
「反日の日本人ほど、堕落してしまった国民はいない」 了解です。
納得いたしました (onecat01)
2017-04-29 22:56:41
憂国の士殿。

 「意を唱えず、黙っているのは、組みしたことと同じ。」
なるほど、そこまで厳しいご意見でしたか。反日・亡国の徒をのさばらしてきたのは、黙っていた多くの国民にあると、そういう意味でしたか。

 納得いたしました。

コメントを投稿

徒然の記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。