ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

バードバスの再開

2017-04-25 18:48:36 | 徒然の記

 4月19日に、千葉県での鳥インフルエンザ終息宣言が、森田知事によってなされました。この間防疫措置に当たった県職員と自衛隊員の数は、延べ4,953人、消毒した車両台数は延べ7,068台ということです。私は解除を待っていただけですが、こんなにも多くの人々の献身があったのかと、感謝せずにおれません。

 昨年の12月にバードバスを片づけてから、5ヶ月が経ち、あれ以来、ねこ庭を訪れる小鳥がほとんどいなくなりました。雪の降る日でも水浴びをしていましたから、鳥たちにとってバードバスは、私が思っていた以上に大切なものだったと分かりました。

 22日の土曜日にバードバスを元の位置に戻し、たっぷり水を張りました。長い間使えなくしていたので、小鳥たちに気づかれず、翌日の日曜日も閑散としたままでした。そして昨日、やっと念願の小鳥がやってきました。つがいのシジュウカラです。以前はわが物顏で水浴びしていましたのに、久しぶりだと警戒するらしく、水盤の縁に止まったり飛び去ったり、少しも落ち着きません。

 まどろっこしくなるほど時間をかけ、やっと一羽が水浴びをしました。頭を水に浸け、羽をバタバタさせながら、体を濡らしています。もう一羽は隣の木の枝で辺りを警戒し、見張り役をしています。こうして長い時間をかけ、正味の時間は、それこそカラスの行水でした。けれども私は、心が躍りました。やっと来てくれた、バードバスのお客です。職業の経験はありませんが、客を待つ風呂屋の主人の気持ちが、こんなものかもしれません。

 そして火曜日の今日は、なんとヒヨのつがいが飛来しました。忘れもしません。バードバスを片づけた時、一番うるさく騒いだのが、ヒヨでした。「水がない。」「水がない。」「庭に、水がないぞ。」近所中に響く大きな鳴き声で、2羽も3羽もいて、けたたましく鳴いていました。

 ヒヨは庭の木になる実を、お構いなく食べてしまうので、これからの季節には歓迎したくない鳥なのですが、久しぶりなので懐かしくさえありました。「水だ。」「水だ。」「水かあるぞ。」心なしか、騒々しいヒヨの声がそんな風に聞こえました。こうなりますと、明日からは次第に鳥の数と種類が増えていくはずです。再び賑やかなねこ庭となり、私たちを楽しませたり、困らせたりするのです。

 さらに今年は、のら猫タビーもいますし、気の抜けない日々が始まるのだと、期待がふくらみます。政治のことを考えますと、気持ちが乱れたり騒いだりしますが、ねこ庭のおかげで救われます。有り難いことに、この場所にはまだ平和があり、安らぎと楽しみがあります。人々は笑い、さざめき、挨拶をしあい、この街で生活しております。

 当たり前の話ですが、この日常を守るためには、国民の一人として、政治を考え、国際社会を考え、心の整理をしておかなくてなりません。実際には、具体的に何もできないのですが、社会への参画心は大事にしたい私です。

 どこいらから、バードバスの話を外れてしまったのか、こんな横道へ迷い込むのは本意ではありません。年はとりたくないものです。・・・・バードバスの話でした。

 元どおりになったバードバスのあるねこ庭に、今年はタビーもいると、こんな話でした。ある人のところへ来るのら猫は、今ではすっかり慣れ、膝の上に乗るようになったと、家内が話をします。タビーは相変わらず、警戒心を解かず、近ずくと離れていきます。離れる距離がずっと接近するようになりましたが、触れることはできません。体を撫でたくて手を伸ばすと、表情を硬くして身構えます。

 誰にも心を許さず、常に身辺を警戒し、危険があれば立ち向かう。近くの山をねぐらにしているタビーは、そうして生きてきたのです。他の猫だけでなく、タヌキやハクビシンもいる山ですから、そうでなければ生きていけないのでしょう。

「人に甘えることも知らないで、タビーは、厳しい人生をいきているのね。」

 無心に餌を食べるタビーを眺めつつ、家内が話しかけていました。猫なんだから、人生とは言わないだろうと思いつつも、それでもそんな言葉が不自然に聞こえませんでした。ねこ庭に暮らす夫婦だから、きっとそうなのでしょう。

 まとまりのない、いい加減なブログとなりましたが、私には、まとまりなどどうでもいい、真剣なブログです。気持ちを安らかにして、本日はここでお仕舞いと致します。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うるま市長選挙 | トップ | 日本終戦史 下巻 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
バードバス (憂国の士)
2017-04-25 22:58:55
鳥インフルエンザ終息宣言良かったですね、
小鳥達も喜んでやってくることでしょう、目に浮かびます、
これから暖かく、暑くなるだけにグッドタイミングでした。
ねこ庭が賑やかになってタビ-の表情も緩むことでしょう、
気長に言葉を掛けていたら、必ず身を寄せて来ますよ!

バードバス再開でねこ庭は毎日夏の縁日、カキ氷など屋台が出そうですね。
賑わうねこ庭 (onecat01)
2017-04-25 23:15:00
憂国の士殿

 そうなって欲しいと、願っております。
今夜は、楽しい夢が結べそうです。お休みなさい。

コメントを投稿

徒然の記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。