ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

変節した学者たち - 12

2017-03-18 18:27:21 | 徒然の記

 先月は、「変節した学者たち」という表題で、11回に分けてブログを書きました。

「日本をダメにしているのは、反日政治家や評論家たちの言動を、マスコミが持ち上げるからでもあるが、本当の原因は、そこに無い。」「日本をダメにしているのは、教育だ。」

「教育が青少年の心を歪めているところが、一番の原因だ。」「つまり教育者に原因がある。」「その中で一番悪いのが、反日の大学教授だ。」「彼らはマスコミに顔を出し、反日の偏見を国内ばかりか、外国にまで宣伝する。」「しかもなぜか、首にならない。」

 ブログを見て、そんな意見を寄せた人がいました。だから今回は「総まとめ」として、「どうして反日の教授がのさばっているのか。」につき、私の意見を述べることといたします。

  中国を崇拝し、北朝鮮を賛美し、朝鮮学校を支援し、戦前の日本を憎み、否定する、反日の教授たちは、いったい日本に何万人いるのでしょう。世界の歴史の中で、日本だけが間違った戦争をし、極悪非道な殺戮をしたと、偏見でしかない知識を、教壇から学生に教えている教授たちは、ざっと思い出すだけで、次のとおりです。

 「非暴力の闘争で最も大事なのは、どうすればこちらが暴力を使わずに、相手を挑発して暴力を使わせるか、ということだ。」と言って、昨年の10月沖縄の極左活動家たちを正当化したのは、東大教授安冨歩氏でした。

 あるいは左翼のデモ活動で総理を罵倒し、死ねとまで暴言を吐いた法政大学教授の山口二郎氏など、常識のかけらも無い教授たちが、どうして大学から注意を受けず、減給もなく、辞職もさせられないのでしょう。元防衛大学の学長だった五百籏頭真氏は、「拉致問題なんて、小さなことだ。」と言ってのけましたし、名前だけ挙げていきますと、東大教授の奥平康弘氏、和田春樹氏、京大教授の上田正昭氏、同志社大教授の浅野健一氏等々、これだけでブログが埋まってしまいます

  日本人として、と言うより、人間としての良識を失い、「魂の抜けた」教授たちが跋扈する始まりは、敗戦後の「日本国憲法」からです。その第23条に、次のように書かれています。「学問の自由は、これを保障する。」

 私が調べましたところでは、戦前には学問の自由が限定的でした。ことに天皇制につきましてはタブーとなっており、沢山の教授が弾劾されたり職を失ったりしています。憲法で学問の自由が保障されたのは、素晴らしいことだと私は思います。ここから「学問の独立」や「大学の自治」が語られるようになったことも、当然の成り行きだと考えています。

 憲法に基づいて、昭和22年に学校教育法が制定され、その93条に「 大学に、教授会を置く。」と定められました。さてここで、何時ものようにネットの情報から、教授会に関する説明をランダムに引用します。

・教授会とは、教授等による合議制の組織のことである。大学などによって、制度上の権限は異なるが、一般的に教授会に所属する大学教員の意思をとりまとめる組織である。

・現在では、学長および学部長等に対して意見を述べるものとされている。

・教授会は、一つの大学に対して唯一設けられるというわけではなく、大学内の学部ごとに置かれることが多く、大学内の研究所にも置かれることがある。

 ・教授会は、一般的に教員人事、教育課程、学生関連などの重要な事項を取り扱う。

 

 これで教授会がどのようなものか、大体分かります。憲法から出発して、一連の流れで読みますと、さほど問題はありません。法律というものは、私たちのような素人が読む限りでは、当たり前のことが書かれているように見えます。けれども教授会が、「教員人事、教育課程、学生関連などの重要な事項を取り扱う。」ということになりますと、事態が変わります。 

 参考情報として、「教育公務員特例法」の抜粋を転記しますと、さらに問題点が明確になります。

 第3条 2  学長の採用のための選考は、評議会(評議会を置かない大学にあっては教授会)

      が行う。

    3  学部長の採用のための選考は、当該学部の教授会の議に基づき、学長が行う。

    5  教員の採用及び昇任のための選考は、・・・教授会の議に基づき学長が行う。

    6  前項の選考について教授会が審議する場合において、その教授会が置かれる組織

      の長は、当該大学の教員人事の方針 を踏まえ、その選考に関し、教授会に対し

      て意見を述べることができる。

  つまり、大学では学長であっても、たとえ監督官庁である文科省であっても、教授会の決定したことには逆らえず、大学内のことは教授会の意見を聞かずには決定できない仕組みになっているのです。
 
 先月、私がブログで取り上げた、著名な左翼の大物教授たちが、マッカーサーの憲法を基にして、「学問の自由」から「学問の独立」「大学の自治」と話を進め、70年をかけ、関連する法律を整え、自分たちの意に添わない人物を排斥する仕組みを作り上げました。義理人情の厚い日本では、教授の世界も義理人情ですし、系列の教授が安泰となります。学外の人間が何を言おうと、反日左翼の教授たちが職を奪われず、のさばっているのはこのためです。
 
 忌々しい話ですが、これが現実です。言葉がいかに崇高であっても、運用する人間が下賤だとしたら、庶民の知らないところで、法律はいかようににも悪用されるということです。今は反日の教授たちの天下ですが、憂国の教授たちが教授会で多数を占めたら、事態が逆になります。こうした事実を国民が知り、国を大切にする議員に一票を入れたら、文科省が変わり、大学も変わります。
 
 他の省庁同様、文科省の官僚たちも、長年にわたり高給で大学に天下りし、親密な仲間となっていますから、獅子身中の虫は退治されず、むしろ大学が「虫たちの成育場」となっています。先日、文科省役人の天下りがマスコミで騒がれた時、大学との癒着を無くすキッカケになるかと期待しましたが、いつの間にか尻すぼみとなってしまいました。
 
 何とも不愉快な結末となりましたが、私は失望も落胆もしていません。現実を知り、現実を考えるところから、改善が始まります。いつだって、世の中はこんなものではありませんか。「理想は高く、手は低く」・・、これが私のモットーです。すべては選挙の一票から始まります。
 
 何時だったか忘れましたが、安倍総理が教授会の変革に動いているらしいと、聞いたことがありました。嘘か本当か、ネットの世界の話ですから、真偽のほどは分かりません。ただ私は、安倍氏ならやりそうなことと、推測するだけです。もしそうなら、現在の野党の国会審議は、許せない反日・利敵行為です。森友学園のような詰まらないスキャンダルで、国家百年の計を考える政治家を葬ろうというのですから、我慢のならない話です。
 
 獅子身中の虫でしかない野党に、共産党や民進党あるいは名も知れない反日の小党に、票を入れることだけは止めたいものです。「理想は高く、手は低く」・・、これが私のモットーです。すべては選挙の一票から始まります。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 町内会 | トップ | 千葉知事選への新聞報道 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大学制度の悪弊 (憂国の士)
2017-03-19 17:51:11
その街に県で唯一の医学部付属病院がある、国及び市町村選挙に至るまでハガキやビラが配られる、
ここは共産党支持者が多いと言われるが、医学部の学生、病院職員の優秀な頭脳がオルグされて
取り込まれる ?

もう一つ今では公然の事実、創⚪学会は在日関係者に抑えられている、
そう言われ乍熱心に布教活動、上に盲目に従う信者たちの信仰心を私は
理解できない、そこには反日勢力から自国を守る道徳心が欠損している!

保守陣営より選挙運動が熱心でそれこそ滅私奉公!国会に見られる嘘も
方便なのか善悪の判断が欠けているように見受ける、こうしてみると
日本人の謹厳実直は既に喪失してしまったと言わざるを得ない。

頭脳明晰ゆえの硬直した思想、国を敬う愛国心の欠落、大学制度のツケは
余りにも甚大な被害を国や国民にもたらせて来た。
制度疲労の果てに (HAKASE(jnkt32))
2017-03-19 19:00:02
今晩は。戦後の、芳しからぬ学者群像の事を、貴授業で
一通りでも学べた事に、改めて感謝を申します。

一番感じる事は、やはり日本国憲法と昭和22年教育基本法が長らく見直しも検証もされないままだった為に、
それを良い事に、容共左派的学者連中が、教育指導の実権を欲しいままにする事を許し、
結果、健全な教育のあり様や、大学の自治などを蝕んで行ったものと心得ます。

貴指摘にもあった、安冨東大、山口法大の両教授はその好例で、
その言動は「安倍(大臣)の葬儀はウチが出す」との不良記事をぬけぬけと表にした朝日新聞や、
「トイレ落書」と酷評された、掲示板2chの投稿文と、大差ないレベルと見て良い様です。

森友学園問題を拝見しても分ります様に、民進など四野党は、この様な粗悪見解も、
党益に繋がるなら批判も検証もせず利用する事が見えて参りました。
かくなる上は、これも貴見解通り、選挙で厳しい審判を下す必要がありましょう。
拙方も、重々心がけて参ります。
日本人の謹厳実直は既に喪失 (onecat01)
2017-03-19 21:30:37
憂国の士殿

「日本人の謹厳実直は既に喪失」・・・。怒りのあまり貴方は言われます。今回は私が宥めなくてはなりません。ノルウエーが500年かけて独立を手にしたことを思えば、たかだか敗戦後の70年で、日本人を切り捨ててはなりません。
 激情する反日や亡国の輩は、マスコミの報道で拡散され、目立っているだけです。国民の多くは、沈黙は金と、状況を眺めているのです。いろいろな事実が明らかになれば、バカな人間以外は、必ず選挙の一票で意思表示をします。少なくとも、反日・売国の共産党や民進党などに、票を入れるのを止めるはずです。
「理想は高く、手は低く」です。私たちがまず、それを実践いたしましょう。選挙の一票が、日本を変えます。
先ずは、お礼を申し上げます (onecat01)
2017-03-19 21:52:42
HAKSEさん。

 退屈なブログに付き合ってもらったことに、お礼を申し上げます。江戸以前の日本なら、「切り捨て御免」もあったのでしょうが、今は民主主義の世の中です。

 国民が一票の大切さを知り、「国を大切にする」政治家を見極め、選挙権を行使することで、世の中が変わると認識しなくてはなりません。
隣の韓国が北寄りとなり、北がテポドンで日本を標的にしています。財政破綻していると言われながらも、中国は軍事費を増大させ、尖閣と沖縄を狙っています。トランプ大統領も、国益のためなら、日本を見捨てる選択肢も持っています。
 国際情勢がかくも不安定となっております時、森友学園の何十億かのはした金で、政府を転覆させようとしている反日野党の姿を、国民はなんと思って見ているのでしょう。
 民進党や共産党がやっていることは、政情を不安定にし、社会不安を煽り、中国・韓国・北朝鮮の戦略への協力以外のなにものでもありません。安倍内閣の政策には、我慢のならないものがあるとしましても、共産党や民進党、あるいは消滅寸前の社民党などに、一票を入れる気にはなりません。

 バカの一つ覚えと、笑われるのを覚悟で言いましょう。
「理想は高く、手は低く」・・、これが私のモットーです。すべては選挙の一票から始まります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。