ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

私の昭和史 - 4

2017-08-04 16:15:56 | 徒然の記

 ゾルゲ事件については、ほとんど知りません。朝日新聞憎しで固まっている私は、ゾルゲに協力し日本の国家機密をソ連に渡したのが、朝日新聞の元記者・尾崎秀実だった・・・・と、飽くまで「朝日新聞」という言葉がメインで、そのくらいの知識です。

 白石氏の本をブログで取り上げたので、改めてネットで調べました。

 「ゾルゲ事件は、リヒャルト・ゾルゲを頂点とする、」「ソ連のスパイ組織が、日本国内で諜報・謀略活動を行っていたとして、」「昭和16年9月から翌年の4月にかけて、」「その構成員が逮捕された事件である。」

「この組織の中には、近衛内閣のブレーンとして日中戦争を推進した、」「元朝日新聞記者の尾崎秀実もいた。」「昭和19年11月7日、ゾルゲと尾崎の死刑が執行された。」

  壮大な謀略を実行したスターリンは、不動の大政治家のように語られていますが、日中戦争前のソ連は、革命後やっと20年になろうとしている時期です。共産主義を敵視し嫌悪する欧米諸国からは、厄介視され、孤立していました。そればかりでなく、政権内の権力闘争も絶えず、スターリンは政敵と命がけの戦いをしていました。
 
 政権基盤を確固とし、一刻も早く国内経済を確立させてと、彼は社会主義国家建設の最中でした。ヨーロッパではヒトラーが近隣諸国を侵食し、アジアでは、日本が満州でロシアと対峙していました。ドイツと日本を敵に回し、同時に戦争をする国力がなかったので、スターリンは、日本軍の動向から片時も目が離せませんでした。
 
 日本が何時中国と戦争を始めるか。いつ米英と戦争をするのか。その情報を得ることが、ソ連の存亡にかかっていました。中国や英米より前に、日本が、ロシアとの開戦を決意したらと、スターリンは何よりそれを恐れていました。
敗戦国となり、連合国に裁かれ、日本が苦難の道を歩き出すと、国内の反日左翼たちが、一斉に政府と軍部を批判し、攻撃を始めました。
 
 「勝ち目のない、無謀な戦争に政府は走った。」「負けるとわかっている馬鹿な戦争に、国民を駆り立てた。」「嘘とまやかしのスローガンで、国民を騙した。」などと、今も続く日本批判が開始されました。
 
 氏の本で初めて知るのですが、スターリンが恐れていたのは、日本だったということです。世界を一度に敵に回し、国力以上の戦争をした、というより、スターリンの戦略のため追い詰められた訳ですから、当然敗れます。だが当時の日本軍は、それだけの備えと実力を持っていたということを教えられました。当時も現在もそうですが、「世界の情報戦に、日本は負けた。」・・・・、貴重な教訓として心に刻みます。
 
 さてこの微妙な時期に、元朝日新聞記者だった尾崎秀実が、何をしたのか。このように具体的な事実が知れたのは、ひとえに氏のお陰です。「日中戦争前夜」という章で、沢山語られていますが、そのうちの一つを転記します。長くなっても、かまわずそのまま転記します。
 
 「昭和11年、林内閣がわづか四ヶ月で倒れた後、」「組閣の大命が、貴族院議長だった近衛文麿に降った。」「近衛の出現は、ゾルゲの組織にとって、非常に好都合だった。」「風見章が内閣書記官長に任命されたため、その風見に代わって、」「尾崎秀実が、中国問題研究会の責任者に抜擢された。」
 
 「ゾルゲは尾崎に、近衛の心中を探るよう、」「できれば重要文書をすべて写真に撮るようにと言い、」「精密な小型写真機を渡した。」「モスクワで入手された資料によると、尾崎は、近衛首相に、」「日本の対外政策について、意見書を書きたいから、」「関係書類の閲覧を許して欲しいと、申し入れた。」
 
 「近衛首相はしばらく考えていたが、平常より信頼している尾崎のことであるし、」「また、その意見を聞くことも参考になると思って、」「許した。」「早速、首相官邸の地下室にある尾崎の部屋に、」「多くの機密・重要書類が運ばれてきた。」
 
 「尾崎は外面悠々と、内心はできる限りのスピードで、」「その全部に目を通し、大切なものを大部分、」「写真に撮って部屋を出た。」「一時間ほど街を歩いて、ゾルゲの家の前に立った。」「灯っている玄関の灯が、ゾルゲの在宅を示していた。」
 
 「日本は、ここ当分ソ連と戦うことはないでしょう。」「日本が準備しているのは、中国に対する攻撃のためです。」「尾崎は、今見た資料について意見を述べ、」「写真機をその場に置くと帰って行った。」「モスクワに送るフィルムの現像は、暗室を持っているブーケの役目で、」「英訳して暗号に組むのはゾルゲで、」「クラウゼンがモスクワへ打電する手はずになっている。」
 
 「しかし今度の資料は、慎重を期し、」「クラウゼンの妻アンナ・クラウゼンが、」「伝書使として、上海に渡るという手はずが進められた。」
 
 スターリンはこの情報を手にし、憂いなくドイツとの戦争準備にかかったのです。一方ではゾルゲを通じ、日中戦争開始の強硬論を、近衛の側近である尾崎に進言させました。昭和12年の7月に起こった盧溝橋事件の衝突が、ソ連の仕業でないかという噂も、まんざら嘘でない気がします。
 
 元朝日新聞の記者尾崎の裏切りと売国の行動は、他にも書かれていますが、これ以上転記する気になれません。「日本を裏切った尾崎は、死刑になって当然だ。」と、怒りが湧いてきます。こんな国賊を抱えた朝日新聞なんて、日本から消えてしまえと言いたくなります。
 
 先日の千葉日報では、アメリカだったか韓国でだったか忘れましたが、これもまた朝日新聞の植村隆元記者が、厚顔な自己主張をしている記事がありました。「報道の自由と民主主義を守るため、迫害に負けないで頑張る。」・・・、こんなことを言っているのです。
 
 尾崎秀実は明らかな犯罪ですが、捏造記事で慰安婦問題を世界中に拡散した、この植村記者だって、似たような売国奴と私は確信しています。戦前から戦後にかけ、こんな売国記者を抱え、日本をダメにしたのですから、朝日新聞もたいした度胸です。私は、二度と購読いたしません。
 
 つい朝日新聞の話になってしまいましたが、この新聞社が、腐れマスコミの先頭に立ち、白石氏のような愛国者を「軍国主義者」、「戦争をしたがる極右」などと叩きまくったのですから、ブログの最後にこの話をしても違和感はありません。
 
 そろそろ、庭の水やりをする時間となります。ゾルゲ事件につきましては、ここで一区切りとし、明日は、家永教授に対する、氏の意見を紹介したいと思います。
水やりをしながら、自分の頭も冷やし、白石氏が本を出版された気持ちを、静かに辿ってみましょう。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加