ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

私の昭和史

2017-08-02 13:37:14 | 徒然の記

 白石正義氏著「私の昭和史」(昭和63年刊 崙書房出版株式会社)を、謹んで読み終えました。

 氏は、大正2年愛媛県に生まれ、陸軍士官学校の第5期生でしたが、本科1年のとき5・15事件に連座し、退学処分となり、満州に追放されました。そこで関東軍情報部並びに、関東軍特務機関要員となり、特殊会社「満州南海洋行」を設立します。

 昭和20年7月に、情報部特命を受け、関東軍第二遊撃連隊に参加したところで、終戦となり、ソ連に抑留されます。同志とともに捕虜収容所から脱走しますが、朝鮮の領土内で捕らえられ連れ戻されます。特務機関員の身分がソ連側に露見しなかったため、昭和24年、一般の帰還兵として舞鶴港に上陸することができました。

  本の内容とともに、私は著者である白石氏個人に強く惹かれるものがあり、プロフィールを調べましたが、著名人ではないらしく、ネットの情報では見つかりませんでした。5・15事件に連座し退学とありましたので、軍法会議で処罰された軍人を調べましたが、氏の名前はありませんでした。学生として参加していたので、軍人でなく階級もなかったため、そのまま満州に追放されたのだと推察しました。

 氏は語っていませんが、追放後の仕事は軍のスパイで、特殊会社「満州南海洋行」は恐らく関東軍が作り、氏が責任者だったのでないかと思われます。満州で何をしていたのか、まったく語られていませんが、特務機関の一員であれば当然だろうと理解しました。

 敗戦後に帰国した氏は、愛媛県出身なのに、千葉の流山市に住み、崙書房出版株式会社(ろんしょぼうしゅっぱん)を作ります。戦争ものの本を出版しているのかと思えば、そうではなく、ジャンルの違う本ばかりです。ネットの情報で探し当てた唯一の情報なので、そのまま引用してみます。

 「崙書房出版株式会社は、日本の出版社の一つで、」「創業当初は千葉県・茨城県に関する文献の復刻版を発行し、」「昭和52年から、地域に根差した題材を文庫本として発行するようになる。」「歌集・句集などの自費出版も手がけている。」

「利根川を題材にした出版物の発行では、建設省から感謝状を送られている。」「また、常総・房総の歴史に関する雑誌も、発行している。」「営業所が茨城県石岡市にある。」

 つまり、自著の「私の昭和史」を除けば、出版物は戦争に無縁のものばかりです。この本を出した時氏は75才なので、存命なら114才ということになりますから、それはあり得ません。本の裏扉に書かれた略歴によりますと、当時の氏は社長という肩書きで、住所も電話番号も現在の会社と同じです。

  崙書房出版株式会社は今もありますが、社長は別人で、従業員四人という小さな会社です。会社のブログなのに、面白いことに設立年月日は不明と書かれています。白石氏は旧姓を津島というらしいのですが、なぜ故郷の愛媛に戻らず、千葉を終の住処としたのか、不思議な気もします。
 
 大陸浪人崩れの人間の多くは、敗戦後の日本で右翼となり、総会屋となったりして、政界の裏話や手柄話を本にし、大企業に売りつけたりしています。かって勤めていました私の会社はお得意先から頼まれ、そんな本を買わされ、物好きな私がもらって読んだという思い出があります。
 
 氏の本も、何となく得体の知れない雰囲気が漂うため、最初は胡散臭い人物だと誤解しました。しかし最後まで読み終えた時、まったく別の印象になっていました。氏の経歴も、著作の内容も互いに無関係なのに、何故か私は新渡戸稲造氏の「武士道」を思い浮かべました。武士道精神の中にある、慈愛、誠実、忍耐が、底を流れ、その清冽な流れに心を洗われる思いがいたしました。
 
 本の226ページに、「関東軍憲兵司令官加藤伯二郎中将の思い出」という項があります。長くなりますが、引用します。
「加藤伯二郎中将を知っている人は、まだ多少おられると思う。」「中将は、戦犯としてモスクワで処刑されたのか、」「あるいは病死されたのか、どこでどうなったかについては、」「不明のままである。」
 
「私は、彼と会った最後の日本人ではなかろうかと、思う。」「奇々しき因縁という他はない。」「監獄で、二十日間起居を共にした。」
 
 氏が監獄と言っているのは、脱走後に朝鮮領土内で囚われ、収容されたソ連の刑務所のことです。沢山書かれていますが、割愛して、引用します。
 
 「彼は毎日、定刻の午前中に、二、三時間、」「取り調べのために、監視兵によって本部に連れ出されていた。」「いやしくも敗れたりとはいえ、日本陸軍の中将であり、」「取り調べに当たる相手も、かなり高い地位の者であることが、」「それとなく窺い知れた。」「私にこっそり耳打ちされる情報は、非常に的確で、」「的を射ていたと、今でも思う。」
 
 こうして氏は、加藤中将の言葉を述べています。
「俺は、万一日本にいても、外地にいても、同じ身のはずである。」「必ず、戦犯として追求されるであろう。」「現に祖国日本にいても、めぼしい軍人、政治家の大部分がすでに捕らえられ、」「一箇所に集められているらしい。」「(その頃は、巣鴨刑務所に、東条大将その他の戦犯が収監されている時であった。)」
 
「ソ連は、天皇を戦犯としてどこまでも狙っているらしいが、」「彼ら戦犯連中が、一丸となって阻止するであろう。」「わが天皇制は、必ず存続するであろう。」「しかし、その姿は非常に変わるであろうが、」「これは仕方のないことである。」
 
「これからの日本は、戦勝国の占領に甘んじなければならない。」「あらゆる権利を剥奪されるであろうが、」「その言語に絶する状態も、せいぜい四、五年くらいであろう。」「米ソ間に、必ず不協和音が起こるであろう。」「蜜月時代が、そう長く続くはずがない。」
 
「将来日本は、軍備を放棄し、平和国家として再出発すれば、」「十年を待たずして、元以上の日本国になるであろう。」「しかし俺は、そのような日本の姿は見られないであろう。」「年も年だし、ソ連が俺を見逃すはずもない。」「生きて祖国の土を踏むことのできないことは、覚悟している。」
 
「しかしお前たち二人は、決して銃殺にはされないはずだ。」「今後決して、逃げ出そうというような、不了見を起こすのではない。」「お前は、まだ三十代の半ばだ。」「どんなことがあっても、生きた体を、」「祖国日本へ持って還るのだ。」
 
「それはお前たちが教わってきた、軍人勅諭の中の、」「一番大切な、忠節である。」「すなわち、祖国再建のために死ぬことこそが、」「忠節なのだ。」
 
「今なお私は、これらの言葉を、中将の尊い遺言として、」「心の奥ふかくしまっている。」「その後私は、収容所を二三ヶ所転々とし、」「いろいろなことがあったが、」「祖国に還ることこそ先決と、辛苦に隠忍自重し、」「幸運にも、昭和24年の11月下旬に、」「無事舞鶴港へ帰還することができた。」「幸運であったと、言うほかない。」
 
「それにつけても、夢にまで見た祖国日本の土を踏むことなく、」「今なおシベリアの各地はもちちろん、」「遠く中央アジアに至る、広大な凍土の下に眠る友のことに、思いを馳せれば、」「目頭の熱くなるのを、抑えることができない。」「おそらく私が生き続ける限り、」「このことは忘れることができないであろう。」
 
 これが、本の最終ページを飾る言葉です。加藤中将にしましても、氏自身にしても、戦争のない、平和な世の中を願っています。言語に絶する戦争の惨禍や、人間の苦しみを語っています。しかし同時に、私たちが心に留めるべきは、彼らが祖国への憎しみや不満を語っていないことです。
 
 戦争の記憶を若い世代に伝えようなどと言い、反日・亡国の老人たちが、戦争の全てを憎しみと悪口で語りますが、そうでない人間がいたことも、同時に伝えなくてなりません。戦争賛美や、軍国主義のためでなく、祖国である日本の歴史を、正しく捉えるためです。つまり「両論併記」ということです。
 
 私は明日から当分の間、白石氏の本に対座し、その心を汲み取り、ブログに綴る作業をします。ソ連の国境に近いハイラルで生まれた私は、母と共に引き揚げてきました。ハイラルからの逃避行が、どんなにむごいものであったか、氏の本が具体的に教えてくれました。
 
 ソ連の捕虜となり、シベリアの炭鉱で働かされ、幸運にも帰還してきた父が、どんな場所で過ごしていたのかも、氏の本で知りました。父も母も、ほとんど戦時中の思い出を語りませんでしたが、わかる気もしています。子供を殺したり、満人に渡したり、考えられない辛苦を、どうして母が語りたがるでしょうか。
 
 父も母も、白石氏と同様に、国を恨んだり憎んだり、そんな言葉は口にしませんでした。日本のクオリティーペーパーと呼ばれ、日本の良識と自らを称した朝日新聞の読者だった私は、そんな両親を長い間、「無知蒙昧の庶民」と心の隅で軽蔑していました。
 
 朝日新聞と決別し、こうして自分の手で歴史の検証を始めた今、父や母に詫びる気持ちでいっぱいになります。

 「遠く中央アジアに至る、広大な凍土の下に眠る友のことに、思いを馳せれば、」「目頭の熱くなるのを、抑えることができない。」

 氏の言葉を噛み締めていますと、両親の顔が重なり、熱い涙がこぼれます。「自分の国を蔑まない、ごく普通の庶民。」・・・、私の両親はそうだったのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加