『自由の哲学』を読む

自分で見て・考えて・動くために。
『自由の哲学』に一文ずつ取り組みながら、
考える日々を身近に。

ちくちく針仕事~子どものGパン~

2017年04月20日 | てしごと
子どもの服って、なんでこんなに傷みが早いんだろ。 Gパンの分厚い生地だって、すぐにひざが破れます。 放置してたんだけど、3本とも敗れる& 買いに行くのを面倒がってつきあってくれない、 という事態になり、ひさびさに繕いもの。 ちょうど、同じクラスになったお友達に ハワイのお土産をもらい、 近所のお友達の自転車もハワイのカメ。 …って、ミもフタもない呼び方だけど、 アレは何というキャラなのだ . . . 本文を読む
コメント

嵐の後で

2017年04月18日 | 考えるワシ
突然の警報が出た翌朝。 久しぶりにゴミ出しをしていると、 ご近所さんが何人か、 道の掃き掃除をしておられます。 私はと言えば、春の嵐が通り過ぎた後も、 「庭が荒れたなぁ」と、ぼんやり思う程度で、 玄関先の道は、放置。 濡れた葉っぱや花びらがいっぱい落ちたままです。 そういう目で通勤途中で家々を見てみると、 朝からスッキリ掃いている家と、 放置した家が、くっきり分かれています。 スッキリ系の家 . . . 本文を読む
コメント

庭が語ることにゃ~

2017年04月01日 | 考えるワシ
今日の庭から。 ちょうど菜花のつぼみが出てくる頃です。 お弁当やおかずに青みが欲しい時、 庭先でちょっとつまんで、 味噌マヨ?からし醤油? それとも、たっぷりカツオのだし醤油? お澄ましにして 手まり麩や海老真薯なんか浮かべた日にゃあ、 ほろ苦さと鮮やかな色で、春爛漫よ! 小さなワクワクは、どこにでも。 もーちょっとしたら、桜の塩漬けも作らなきゃ。 花見で河原に行ったら、クレソンも狩って . . . 本文を読む
コメント

ひよどりが可愛く見える日

2017年03月30日 | 考えるワシ
庭にひよどりが来るようになった。 おかげで、せっかく餌付けした雀が、 最近あまり餌を食べに来なくなってしまった。 憎らしい灰色が、 せっかく餌をついばんでいたかわいい雀を 意地悪く蹴散らしてしまう。 わかるんだけどね。 ひよどりだって生きているんだから。 で、今。桜の枝にひよどりが一羽、 もう10分ほども、じっとして居る。 鳩より一回り小さい、薄グレーの体に、 とって付けたような濃いグレーの . . . 本文を読む
コメント

人生後半戦も夢を思い描くのだ♪

2017年03月28日 | 考えるワシ
物事は、具体的に描けば描くほど実現していくものです。 「このままでいいのかな~」と思うだけでは、 焦って、ふがいない自分がイヤんなったり、 周囲の環境を責めたり、 描くこと自体がしんどくなったりしてドツボです。 だから、そんなたいしたことではなくて、 今日、始められることを探して、 そこから、自分の行きたい方向につなげていけたらいいな。 具体的にしたら実現する、という効用は、 「ひきよせの法則 . . . 本文を読む
コメント

神戸シュタイナーハウス(1703子どもクラス)

2017年03月18日 | シュタイナー
■□■□■□■□■□■□ 3月の子どもクラス ■□■□■□■□■□■□ 今月は7名の子どもたちが参加してくれました。 参加できる子は、一緒にお昼を食べてから、味噌づくりも。 めいっぱい遊んで過ごした一日でした。 ◎リズムの時間 前回から始めた、2人組でのお手玉のやり取り。 やったことのある子がやったことのない子をサポートしつつ、 挑戦しました。 今回は4年生の調子が悪く、 タイミングをず . . . 本文を読む
コメント

神戸シュタイナーハウス(1703大人クラス)

2017年03月18日 | シュタイナー
ついに、今回でバイオグラフィ・ワーク、 最終回を迎えました。 奇しくも、今日は 最初に始めた時と同じ神戸学生青年センターです。 去年の5月から10ヶ月間かけて、 ゆっくりとそれぞれの人生に取り組んできた私たち、 さて、一人ひとりの人生を貫く糸は見つかるでしょうか。 いつも通りのあれこれをした後、 これまで描いてきた絵や粘土の写真を、 一人ひとりが部屋の中心に向けて、ずらりと並べ、 遠くから、 . . . 本文を読む
コメント

神戸シュタイナーハウス(1703お昼と味噌作り)

2017年03月18日 | シュタイナー
■お昼の時間 子どもクラスの保護者の方が、早く来て、 豚汁を作ってくださいました。 具だくさんで、暖かくて、美味しかったです~~~。 ありがとうございます! オキツの一言あいさつに続いて、えりか先生がリードして、 みんなで手をつないで「いただきます」の歌。 なんと、子どもの年代も住んでいる場所も違うのに、 「保育園で歌ってた」「うちの幼稚園でも似た歌を」 「フィリピンに行った時も同じメロディで . . . 本文を読む
コメント

神戸シュタイナーハウス(1703保護者懇談)

2017年03月18日 | シュタイナー
■懇談 子どもクラスで取り組んでいるさわりの部分を ちょっとだけ、保護者もやってみました。 お手玉をこうして、ああして。 握ると開く、中心や後ろも意識して…。 できた、簡単! あら?落とした! 意外と難しいわ…。 集中と拡散、静と動。 体を動かした後は、 その活動をしている意味を聞きました。 そんなことにつながってるんですね! とビックリ。 3~4年生って、どんな年頃ですか、の質問が出まし . . . 本文を読む
コメント

神戸シュタイナーハウス(1703お茶会)

2017年03月18日 | シュタイナー
■お茶会 神戸シュタイナーハウス、'17年3月は盛りだくさんです。 味噌造りと懇談が終わって、最後はお茶会です。 机や椅子を並べてくださる方、 お菓子を持ってきてくださる方、 お茶を用意してくださる方、 誰が何を分担したわけでもないのに、万事OKです。 それぞれの年代に積み残した課題は、後から解消できるのか。 グローバル経済の課題とそれに対応する教育について。 子ども時代を子どもとしてたっぷ . . . 本文を読む
コメント

神戸シュタイナーハウス(1702大人クラス)

2017年02月11日 | シュタイナー
いよいよ、最終回まで、今回含めてあと2回です。 いつも通り、それぞれ、 自分の1カ月のトピックや、考えたことなど、 順番に話してから、今日のワークに入ります。 最初に話す中で、 「自分で問いを立てたら、答えが降りてきた」 という経験を話してくださった方がいました。 「私も」「実は私も」…と続き、 自分で問いを立てる不思議さを語り合いました。 クラスのはじまりと終わりに、詩を読みます。 先生 . . . 本文を読む
コメント

神戸シュタイナーハウス(1702子どもクラス)

2017年02月11日 | シュタイナー
■□■□■□■□■□■□ 2月の子どもクラス ■□■□■□■□■□■□ 今月は6名が参加してくれました。 風邪やインフルエンザが流行り始めている様子。 お気を付けくださいね。 ◎リズムの時間 人数の少なさを活かして、 いつもと同じ歌で、新しい動きにも挑戦しました。 ちょっと難しいことに挑戦した後は、 いつもと同じことが簡単に思えて それだけで成功することも。 思い込みを捨てるって、大事です . . . 本文を読む
コメント

シンプルで真っ当な意識こども編)

2017年02月09日 | 考えるワシ
昨日、文明開化で日本に来た西洋人に向けて、 内村鑑三が書いた「Representative Men of Japan(代表的日本人)」という本の中で、 中江藤樹のページに「おおっ」と目に付いた言葉があって、 自分を反省しました。反省…学級会でしか使わない言葉か?? ま、薄っぺらさの正体を言葉にしてもらったような気がして。 今日は、その続きで、子どもや教育について。 1字下げのところが、本から意味 . . . 本文を読む
コメント

シンプルで真っ当な意識(大人編)

2017年02月08日 | 考えるワシ
文明社会(ってのも時代がかった言い方だけど)を ちょっと薄っぺらく感じる時があるんです。 大人も子どもも、「文明社会」になる前の方が、 よほど人間として厚みがあったんじゃないか、 真っ当だったんじゃないか、というような違和感。 うまく言葉にできなかったんだけど。 いや、経済発展を否定しちゃうとか、 学校で知識ばっかりじゃなくて体験をさせろとか、 そういう話では、ま~ったくなくて。 でも、今日 . . . 本文を読む
コメント

山桜は狂わない

2017年02月02日 | 考えるワシ
美術館で横山大観の「大和心」という絵を見ていた。 画面に描かれていたのは、山桜と真っ赤な太陽だった。 染井吉野、ではなくて、 葉っぱも花も一緒に咲いている、山桜。 山桜の、ためらいや、山の他の木々と馴染む様子、 馴染むけれど、自分の花も咲かせる様子、 他の花も自分も、幹があり、葉っぱがあり、花が咲くというような、 広々とした安心感、隣へのちょっとした気配りや、 自分も咲くけど、他も咲いているよ . . . 本文を読む
コメント