個別指導塾 ONE-S(ワンズ)のブログ

堺市上野芝にある個別指導塾です。進学から補習、不登校の子どもの学習サポートなど、さまざまな子どものニーズにこたえます

高卒認定試験

2017-07-06 13:26:07 | 不登校
こんにちは。堺市西区の上野芝にある個別指導の学習塾ONE-S(ワンズ)の塾長の松下です。

来月8月2日3日に高卒認定試験があります。この試験は簡単に言うと、何らかの理由で高校を卒業していない人が高校を卒業した人と同等以上の学力があると認める試験で、合格者は大学・短大・専門学校などの受験資格が与えられます。高校を中退したり高校に進学しなかったりした人が、この試験により新しい1歩を踏み出せる可能性が大きくなります。

私もこれまで何人かの高卒認定試験に向けての勉強の指導をしてきました。試験内容は科目は選択によって変わってくるのですが8~10教科あり、高校1年生で学習するような範囲でセンター試験などの大学受験の試験と比べると難易度はそれほど高くありませんが、高卒認定試験を受ける子どもたちにとっては決して低いハードルではありません。

インターネット上の記事では、「高卒認定試験は簡単だから2か月ほど勉強すれば大丈夫」というものもありますが、誰にでも当てはまるものではありません。確かに私が指導してきた中でも3カ月の勉強で全教科合格した生徒もいました。ですが、この生徒は中3の途中までの知識があり、勉強から離れているブランクも1年以内でさらに能力も高かったので3カ月という短期間で合格できましたが、逆に全教科合格するのに2年かかった生徒もいます。どの学年までの勉強が理解できているのか、そして勉強から遠ざかっているブランクはどれくらいあるのかによって大きく異なってきます。

高卒認定試験を受ける子どもは、何らかの理由で高校に進学していないか中退しているかです。中にはとても心が傷ついて、元気のない子もいます。勉強するのもやめて、自分のこれからの人生を考えるのもやめて自暴自棄になっていた子が、もう一度自分の人生を見つめなおし、頑張ってみようと思えたことが素晴らしいことなのです。そういう結論を出すためにはどれほど悩み、どれほど勇気が必要だったかを考えると、なんとしてでも役に立ちたいと思います。

ただ勉強から遠ざかっているため、集中力が続かなかったり勉強のリズムを取り戻すのが難しいです。また、毎日学校に行くのではなく、1人の勉強時間が長いですので効率よく勉強するのが大変です。私が指導する場合は、塾に来れる子は来てもらい、家から出にくい子の場合は家庭教師として訪問しています。また指導する回数は、ご家庭により様々な事情もあるでしょうから話し合いをさせてもらって決め、その中でベストと考えられるカリキュラムを組んで試験に向けての勉強をしていきます。

しかし、順調にいかない場合もでてきます。勉強が思うように進まなかったり、本人が気持ち的にしんどくなったり、生活のリズムが昼夜逆転してしまったり。そんなときには適度に休養をはさみながら、時には勉強をせずに雑談ばかりしたり、しんどいことや不安なことを話してもらったりします。どんな方法で勉強していけばよいかは子どもによって異なりますので、とにかく私が気をつけているのは、自分の考えを押し付けるのはやめて、一緒に考え一緒に見つけていくようにすることです。

高卒認定試験は大きなターニングポイントになります。。合格した後も、一緒に勉強を続ける生徒もいますし、相談に来てくれる生徒もいます。そんな子たちが新たな目標を見つけ「〇〇の専門学校を受けてみる」「〇〇大学に合格した」「高校に行けなかったときは苦しかったけど、今はその苦しさがあったから生きているのが楽しい」そんな連絡をくれるときが、なにより嬉しいです。

高校に行かなかったぐらいで人生を諦めるなんてもったいない。レールはいくつもあるんだから、一番広いレールを走らなくてもいいんだ!人と違う経験をしたことには、きっと意味があるんだ!

今年も認定試験を受ける生徒がいます。あと1か月をきったけれど残り全力で一緒に頑張っていこう。

ONE-SのHP
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学校選び | トップ | 学校ではなく塾だからこそで... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。