モノ作り、ハンドメイド大好き!ワン-オフ アイテム

「モノ作り」をテーマにしたコンテンツを中心で情報発信中!他にもパフォーマンスに関するエピソードや、身近な話題も記載。

OK!インタビュー!ディアボロのストリングス

2017年08月10日 11時59分16秒 | 日記
今年の夏のように湿度が多い時は、ホントにディアボロのストリングスにとって
コンディションを維持するのが大変。

特にルーティンを組んで、連続的な技をしているとストリングスのコンディションは嫌でも気になる!

大道芸パフォーマンスではさほどシビアは技は使っていないけど、
技を連続して繰り出していくときに、ストリングスのトラブルで、切れたり、巻き付いてきたりしては
プレイヤーはテンションダウン!お客さんはガッカリ感!と良いことなど一つもないのです。

何種類かのストリングスを持ち歩いて、メンテナンスに気を配っているディアボロ歴十数年という
OK!ヒロヤにストリングスのことを聞いてみました。




サンディアのストリング




拡大写真



・他のストリングスに比べて、やや太めな感触。

・スティックへ装着したては、かなり柔らかい感じで、
ストリングスをディアボロへ巻き付けた状態で行うトリックはやり辛い。

・ある程度使い込んできて、程よい固さと摩擦が出でくると
トリック全般的に対応出来るようになり、かなり使い易い。

・ストリングス自体の強度はかなり高くコスパが良い。
無理なテンションがかかる少々強引なトリックを連続しても、ストリングスへのダメージが少ない。

・ストリングスの太さがある為、
ウィップ系(ディアボロ本体へストリングスを巻き付けたり離したりをする系統のトリック)がやり易い。

・湿気に強い。




舞鈴劇場のストリングス




拡大してみると・・・



・スティックへ装着したての時から、固さや摩擦力がある為、即戦力になる。

・ストリングスの固さがある為、スティックをリリースした際に、
ストリングスのたるみ等を持たせる事なく、軽いテンションをかけてやるだけで、ストリングスを張ったまま動かし易い。

・少々粘り気のある性質を持つストリングスなので、使用感に好みが出る。

・ストリングスへのダメージが早く、アクセラレーション系やバータックス系のトリックを、
屋外で連続して使用していると、ストリングスへのダメージが大きい。

・湿気に弱い、夏場は向かない。





ヘンリーカラーストリングス




拡大写真





・1.5ミリの標準的な太さで、最初はしなやかで柔らかい印象を受け、
アクセルとの摩擦力が小さいが、使い込んでいくと徐々に固い印象へと変わり、
摩擦力が大きくなりスピードループも短時間で強力な回転力を得られる。

・スピニング事情ではあるが、いきなり新品を大道芸本番で使うのは危険で、
2重巻きしたスピードループなどでストリングスーの慣らしをして、コンディションを整えておけば使いやすい。

・ある程度使い込んでコンディションが良くなってからの寿命は短い。

・発色がきれいで蛍光でブラックライトに反応します。



ここまで写真だけ見ていると、それほど大きな差は見えてこないですが、
実際に使ってみるとトモヒロパパでさえも違いはわかります。


今回OK!ストアで販売しているのはごくごく普通の標準的なホワイトなストリングス。

HUA LING 华铃社 のホワイトストリングス




拡大写真を見てわかるように網目が大きく荒めです。





・何かに特化した性能があるわけではないかわりに、標準的でしなやかなストリングス。

・ディアボロを始める人にはとても使いやすいと思う。

・長持ち。ライフサイクルが長い。

ちなみに今回カラーもサンプルで入荷しましたが、使用感に大きな違いは感じませんでした。







で、今回テストをしてみた珍しいストリングス。

過去にスピニングのホームページで販売していたストリングスで、
実はソファーメーカーが自社開発した組紐でディアボロ専用ではなかったのですが、
1.5ミリの太さも、しなやかさも最適で、適度な摩擦係数があるようでエレベーターには最適でした。

今でもクスダマ用のロングエレベーターに使用するのはこのストリングス。



網目も細かいと、すぐにストリングスの表面が毛羽立つ感じがあり、
耐久性が低いのですが、このストリングスは意外と丈夫です。





これは番外ですで、kongzhu(空竹)用のハンドスティックに付いてきた専用らしきストリングス。

なんとパッケージから出すと、ストリングスに湿り気が。
オイル系なのか、なんの水分なのかは不明ですが、長く放置しておいても乾燥しません。

そして、ちょっと太目で、指でしごいてみるとゴツゴツと、表面がデコボコ感があります。

しかし回してみると意外とこれが回しやすく、耐久性もグッド!!




拡大すると湿り気があるのが少しわかると思います。




それぞれ、特徴がありどんな使い方に向くのか?
またどんな使用条件にマッチするのか?

シビアなプレイをするようになればなるほどストリングスの選択と
コンディションの安定性は重要となってきます。



それにしても 手芸センターのホームページのようなブログになっちまった!!(笑)


OK!ヒロヤに話を聞きながらディアボロのストリングスについて考えてみました。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ディアボロのストリングス | トップ | 花火 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL