平凡カメラ
デジタルカメラ Canon EOS6DとEOS 50Dによる写真生活です。
 



最近、道端の雑草の花をまた撮り漁りたくなってきました。
以前はさかんに道端の花などをマクロ撮影したものでしたが、すっかり忘れたようになっていました。
最近になってまた撮りたくなったということは、写真の対象としての興味があれこれと変わったり増えたりした挙句、一巡したということでしょうか。

夏の雑草の代表と言いたくなるのがアレチノギクですが、この花は、ちょっと見たところ咲いているように見えないのに、次々に冠毛が付いていきます



キク科のアレチノギクは舌状花なのですが、極端にこれが小さく、総苞に隠れてほとんど見えないのです



ネジバナはその名のとおりの花ですが、いちおうラン科(ネジバナ属ネジバナ種)とされています



北米南部を原産地とする園芸品種のダールベルグデージーは、原産地に比べ高温多湿の日本では自生するのが難しそうですが、舗装の継ぎ目やコンクリートの割れ目などが、ちょうど良い環境になるらしく、最近日本中のあちらこちらで野生化しているようです


カメラ:CANON EOS 6D
レンズ:CANON EF24-70mm f/4L IS USM

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 夏の道端の花 ... また行ってみ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。