平凡カメラ
デジタルカメラ Canon EOS6DとEOS 50Dによる写真生活です。
 



5月上旬、新宿御苑のバラを撮りに行った2日後、こんどは神代植物公園のバラ園も撮りに行きました。

カメラ:CANON EOS 6D
レンズ:TAMRON 28-300mm f/3.5-6.3 Di VC PZD

たしかに堂々とした印象はありますが、品種名「サムライ」はちょっとバラには似つかわしくないような気がします



「ブレンネンデ・リーベ」、英名ではバーニング ラブ(Burning Love)だということです



「ドクター・ファウスト」、作出はドイツのコルデスですから、やはりゲーテの「ファウスト」からその名が来ているようです



「オクラホマ」は今まで撮った記憶がありません





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




5月上旬、新宿御苑のバラを撮りに行った2日後、こんどは神代植物公園のバラ園も撮りに行きました。

カメラ:CANON EOS 6D
レンズ:TAMRON 28-300mm f/3.5-6.3 Di VC PZD

品種名「サハラ '98」はなかなか派手で目立つバラです



女性のブラジャーなどによくありそうな色の「エメラルド・アイル」



新宿御苑ではバラが生垣に囲まれているのに比べると、神代植物公園はバラの中に囲まれているよう



懐かしい名前の「カトリーヌ・ドゥヌーブ」


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




GWが終わったあとの新宿御苑は春バラの見ごろを迎えます。

カメラ:CANON EOS 6D
レンズ:CANON EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

バラは品種によって見ごろの時期が少しずつずれ、たくさんの品種を集めたバラ園の見ごろは長いとは言っても、せいぜい半月がいいところ。やはり、タイミング良く見に行きたいものです。

品種名「ヘルムット・シュミット」は大ぶりの花ではないが、姿が良く花数が多い



某大手化粧品メーカーとバラ園芸会社が共同で作出したという「芳純」、大輪で香りはその名のとおり芳純



花びらの縁のわずかなピンクがなまめかしい「ピース」



一重の花だけど華やかさのある「デインティ・ベス」


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




GWが終わったあとの新宿御苑は春バラの見ごろを迎えます。

カメラ:CANON EOS 6D
レンズ:CANON EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

バラは品種によって見ごろの時期が少しずつずれ、たくさんの品種を集めたバラ園の見ごろは長いとは言っても、せいぜい半月がいいところ。やはり、タイミング良く見に行きたいものです。

品種名「グラハム・トーマス」



深い紅色の堂々たる大輪「ザ・プリンス」



やさしいオレンジ色の「パット・オースチン」



花びらの縁を煽情的にまくれさせる「パパ・メイアン」


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




GWが終わったあとの新宿御苑は春バラの見ごろを迎えます。

カメラ:CANON EOS 6D
レンズ:CANON EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

品種によって、見ごろの時期が少しずつずれるものですが、毎年同じころに行っても、その年によって見ごろの花が違っていたりするのも、またバラ園を訪れる楽しみの一つです。

品種名「スプリング・コサージュ」、オレンジがかった淡いピンクがちょっと大人の色気






似たような色と姿の「アンブリッジ・ローズ」ですが、こっちのほうが花びらの縁のフリルがゆるやか





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




GWが終わったあとの新宿御苑は春バラの見ごろを迎えます。

カメラ:CANON EOS 6D
レンズ:CANON EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

品種によって、見ごろの時期が少しずつずれるものですが、毎年同じころに行っても、その年によって見ごろの花が違っていたりするのも、またバラ園を訪れる楽しみの一つです。

オーソドックスな色と姿の品種「ピンク・フレンチ・レース」



その名にふさわしい「プレイガール」



スプレー上にたくさんのつぼみがついた「ムーンライト」



咲き姿の良い花が多い「チンーチン」


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




GWが終わったあとの新宿御苑は春バラの見ごろを迎えます。

カメラ:CANON EOS 6D
レンズ:CANON EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

品種によって、見ごろの時期が少しずつずれるものですが、毎年同じころに行っても、その年によって見ごろの花が違っていたりするのも、またバラ園を訪れる楽しみの一つです。

上品さはないけれど、とにかく陽気で華やかな、品種名「プレイボーイ」



花弁にわずかにさした赤い色が魅惑的な「ゴールドマリー '84」



純白の「シュネービッチェン」



ゴージャスではないが気品のあるピンクの「プンセス・アイコ」





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




GWが終わったあとの新宿御苑は春バラの見ごろを迎えます。

カメラ:CANON EOS 6D
レンズ:CANON EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

品種によって、見ごろの時期が少しずつずれるものですが、毎年同じころに行っても、その年によって見ごろの花が違っていたりするのも、またバラ園を訪れる楽しみの一つです。

品種名「ゴールド・バニー」を2点






「アラベスク」



「プレイボーイ」


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




GWが終わったあとの新宿御苑は春バラの見ごろを迎えます。

カメラ:CANON EOS 6D
レンズ:CANON EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

品種によって、見ごろの時期が少しずつずれるものですが、毎年同じころに行っても、その年によって見ごろの花が違っていたりするのも、またバラ園を訪れる楽しみの一つです。

品種名「トランペッター」



「フリージア」



「カウンティ・フェア」を2点





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




少し気が早いのですが、数年前に新宿御苑で撮った春バラの写真です。

カメラ:CANON EOS 50D
レンズ:TAMRON SP18-270mm f/3.5-6.3 DiⅡ VC

ダブル・ディライト



プレイボーイ



パット・オースチン



ガルテンツバウアー '84



グルース・アン・バイエルン



ピース・キーパー



フラグラント・クラウド


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




これで今回の秋バラの写真は終わりです。明日からは温室植物の写真をご覧いただきたいと思います。

カメラ:CANON EOS KissX2、CANON EOS 50D
レンズ:TAMRON SP18-270mm f/3.5-6.3 DiⅡ VC


新宿御苑のプリンセス・アイコ



同じくラバグルート



同じくダブル・デライト



同じくメルヘン・ケニゲン



代々木公園の丹頂


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




しばらく秋バラの写真をご覧いただきたいと思います。

カメラ:CANON EOS 50D
レンズ:TAMRON SP18-270mm f/3.5-6.3 DiⅡ VC

別の年に新宿御苑と神代植物公園のバラ園で撮影したものです。

新宿御苑のダブル・デライト



同じくゴールド・バニー



同じくゴールドマリー'84



同じくプリンセス・アイコ



同じくノーブル・アントニー



神代植物公園の芳純


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




しばらく秋バラの写真をご覧いただきたいと思います。

カメラ:CANON EOS 50D
レンズ:TAMRON SP18-270mm f/3.5-6.3 DiⅡ VC

今日も昨日に続いて新宿御苑のバラ園で撮影したものだけです。

品種名、プレイガール






プリティ・ジェシカ






ワイフ・オブ・バス



ハニーブーケ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




しばらく秋バラの写真をご覧いただきたいと思います。

カメラ:CANON EOS 50D
レンズ:TAMRON SP18-270mm f/3.5-6.3 DiⅡ VC

今日も昨日に続いて新宿御苑のバラ園で撮影したものだけです。


品種名、グルース・アン・バイエルン



ピース・キーパー



ゴールドマリー'84



シュネービッチェン



ラバグルート



ラ・セヴィリアーナ






ピュア・ポエトリー


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




しばらく秋バラの写真をご覧いただきたいと思います。

カメラ:CANON EOS 50D
レンズ:TAMRON SP18-270mm f/3.5-6.3 DiⅡ VC

今日の投稿写真は新宿御苑のバラ園で撮影したものだけです。

品種名、トランペッター



マイ・グラニー



フリージア



カウンティ・フェア



ゴールドクベレ



プリンセス・アイコ



フェローシップ



ラバグルート



ピュア・ポエトリー


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ