郎女迷々日録 幕末東西

薩摩、長州、幕府、新撰組などなど。フランス、イギリスを主に幕末の欧州にも話は及びます。たまには映画、読書、旅行の感想も。

映画『ホビット 思いがけない冒険』は忠臣蔵か?

2012年12月19日 | 映画感想
 ちょっと近藤長次郎シリーズをお休みしまして、映画です。
 昨日、行ってまいりました。『ホビット 思いがけない冒険』を見に。『ホビット 』三部作は、『ロード・オブ・ザ・リング 』三部作の60年前のお話です。
 原作『ホビット の冒険』では出てこないガラドリエルのおばはんが出ていまして、嬉しゅうございました。

映画『ホビット 思いがけない冒険』予告編



 もしかして、アラゴルンは明治大帝かの続きになるでしょうか。
 古い記事です。シャルル・ド・モンブラン伯爵についての情報を求めて、せっせとブログを書き始めた当初でした。
 しかし、あんまりにも読者が少なすぎましたので、ふってみた話題がアラゴルン。

 えー、私、二次創作をやっておりましたほどの指輪(ロード・オブ・ザ・リング)オタです。
 幕末と指輪物語と、どちらに先にはまったか、といいますと、実は「指輪物語」です。
 ほんの少女のころに、J・R・R・トールキンの作品を夢中になって読み、映画化にいたるまでの長い年月、変わらずこの世界への愛を育んでおりましたのは、壮大な歴史の中で繰り広げられます栄枯盛衰に、しかし、人が生きるということへの哀歓が、ものの見事に歌われていたからでしょう。

 原作が好きで好きでたまらない、という場合、映画化は期待はずれであることが多いのですが、「ロード・オブ・ザ・リング」三部作は期待以上でした。
 イメージがちがいすぎる部分がなかったわけではないのですが、それを忘れさせてくれるときめきがあり、わけても二部「二つの塔」、三部「王の帰還」の騎馬王国ローハンの描き方は、原作以上のすばらしさ、と私には思えました。

Lord of the rings: Two Towers | Battle of Helmsdeep HD


 上は二部の角笛城の戦い。見ていてもう、涙が出てきまして、「ローハンの戦いは、なんかこう、日本人の心情に切々と訴えてくるよねえ」と思いましたら、パンフレットによりますと、この場面、黒澤明監督の「七人の侍」の影響を受けているんだそうなのです。
 下は三部のベレンノール野の戦いにおきます、ローハン騎馬軍団の突撃です。
 古い盟約を守り、全員が死を覚悟して、同盟国ゴンドールの窮地にかけつけたローハン騎馬軍団。
 「死を!」と叫びながらの決死の突撃に、胸を打たれます。

 Return of the King: The Great Battle - Arrival of Rohan



 実は、ですね。
 「ホビット」の上映は、吹き替え&3D版と字幕版の2種類を上映しておりまして、私の行きました映画館は、同じ階の二つのホールで、時間をずらして2種類上映していたんです。人が少なく、両方に入れてしまったりするものですから、私、字幕版を見るはずが、まちがえて吹き替え版のホールに入り、それが……、十分上映開始に間に合ったはずなのに、いきなりのクライマックスでして、おかしいなあ、と思いつつも、あまりの迫力に引き込まれてしまいまして、呆然と見ておりました。

ホビットの冒険〈上〉 (岩波少年文庫)
J.R.R. トールキン
岩波書店


 私、もちろん原作を読んでおります。
 「ロード・オブ・ザ・リング」三部作とちがいまして、「ホビット」三部作は、ドワーフが中心の物語のはずなのです。
 ドワーフといいますのは、どちらかといいますと無骨な感じの小人のはず、でして、「ロード・オブ・ザ・リング」のギムリは、原作のイメージに近く造形されておりました。
 「ホビット」でホビットのビルボとともに旅します13人のドワーフの中には、ギムリの父・グローインもおります。
 私、予告編もなにも見ていなかったものですから、思い描いていましたドワーフはずんぐり、むっつり。「前作とちがって地味な三部作になりそうだなあ」と思いつつ、見に出かけたわけだったのですが。

 いきなりのクライマックスシーンに、びっくり!です。
 「い、い、いや、三部作の最初だから物語前半のはずで、エルフや人間が戦うシーンなんてないよねえ???」
 しかし、なにしろ原作を読んでいますので、しばらく見とれていますうちに、「これドワーフなんだ! かっこうよすぎる……、トーリン・オーケンシールド!!!」と息をのみ、やっとのことで吹き替え版を見ていることに気づきまして、最初からやっております字幕版のホールに入り直しました。

 

 ドワーフの王、トーリン・オーケンシールドです。
 こんなイメージは持っていなかったのですが、ドワーフたちは、追われた故郷を取り返す旅に出ていたんですよねえ。
 帰ってから、原作を読み返してみましたら、ちゃんとそう書いてありましたわ。
 で、父祖の恨みを晴らす旅でもありまして、予告編にも使われています「はなれ山の歌(Song of the Lonely Mountain)」が、戦う男達の望郷の念をやどして、低く、響きわたります。
 「なんなの、この和テイストは!」とまたも感じました私、明治大帝に続きます七人の侍、そして今度は、「これ、忠臣蔵かも!!!」と思ってしまいました。

Tales of Old Japan
クリエーター情報なし
Tuttle Pub


 リーズデイル卿とジャパニズム シリーズでご紹介しておりますが、幕末に来日いたしましたイギリスの外交官、アルジャーノン・バートラム・ミットフォードは、帰国早々の1871年(明治3年)、忠臣蔵の英訳を出版しておりまして、今なおこの英訳は、英米で読み継がれております。

 本当の勇気と、ともに戦う男たちの熱い信頼の情。
 13人のドワーフたちは、なんとなく、中国軍に祖国を追われましたチベットやウイグルの人々を彷彿とさせます。
 祖国奪還のファンタジーだったんですねえ、「ホビットの冒険」は。

 一年後に公開のはずの第二部「ホビット スマウグの荒らし場」が待ちきれません。
 えーだって、私の大好きな、レゴラスの父・スランドゥイルが出てくるんです!!!



 よいですわ。
 この出で立ちは、出身がシンダールエルフ(海のエルフ)だとわかる感じでして、しっかり、大昔の話までやってくれるんでしょうか。
 えーと、ずいぶん以前に書きました愛しのレゴラスというページがまだ残っておりますので、ドワーフ嫌いの闇の森のエルフ王・スランドゥイルに関心がおありの方は、どうぞ。
 最後に、かつて私が二次創作で、中つ国に別れを告げるガラドリエルになりきってスランドゥイルに贈りました、言葉を。

 わらわはわらわなりに、スランドゥイルを愛しておりました。
 夫にしたいとはついぞ思ったことがありませぬし、夫や親族への情愛とは、また別の感情なのですけれども、もしかすると、これはわらわにとって、ただ一度の恋であったやもしれませぬ。
 さらば、中つ国。ここで紡がれし物語の数々。
 そして、緑森にありし君よ。
 これが、しばしの別れであらんことを。
 

クリックのほどを! お願い申し上げます。

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へにほんブログ村

歴史 ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近藤長次郎とライアンの娘 vol7 | トップ | 近藤長次郎とライアンの娘 vol8 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私もホビット観ました。 (WildChild)
2013-01-20 17:31:42
私も「ホビット」の映画を観ました。
トーリンかっこよかったです。( ;∀;)
第2部では、ドワーフたちが闇の森のエルフに捉えられる所が出てきますね。
スランドゥイルが登場する所が楽しみです。
WildChildさま (郎女)
2013-01-21 10:16:01
コメント、ありがとうございます。
少々読ませていただきましたが、楽しいサイトですね。
スランドゥイル、大好きなんです。息子のレゴラスより好きです。奥方であり、レゴラスの母親である人はどうしちゃったのかなあ、と想像し、「最後の同盟」の戦いの時、スランドゥイルが出征した後の隠れ家を襲われ、幼児のレゴラスを残して死亡(魂は西方で憩っているわけですが)、という内容の二次創作本を作っちゃったほどです。
「ホビット」の続き、ほんとうに楽しみです!

コメントを投稿

映画感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

10 トラックバック

ホビット 思いがけない冒険 (3D字幕版)  監督/ピーター・ジャクソン (西京極 紫の館)
【出演】  マーティン・フリーマン  イアン・マッケラン  リチャード・アーミティッジ 【ストーリー】 ビルボ・バギンズは、ドラゴンに支配され失われてしまったエレボールのドワーフ王国の再建をかけ、壮大な冒険の旅へ出る。ある時、魔法使いのガンダルフに突然声を...
ホビット 思いがけない冒険 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画 ホビット 思いがけない冒険 オリジナル・サウンドトラック「ロード・オブ・ザ・リング」のさらに60年前を描く「ホビット 思いがけない冒険」。3D映像で世界観はさらに深淵に ...
ホビット 思いがけない冒険・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
中つ国へ、再び。 「ホビット 思いがけない冒険」から始まる新たな三部作は、ハイファンタジー映画の最高峰、「ロード・オブ・ザ・リング(LOTR)」三部作の前日譚にあたる作品だ。 冥王サウロンとの戦いか...
ホビット 思いがけない冒険 (悠雅的生活)
青い光を放つ剣。黄金の指輪。いとしいしと。
ホビット 思いがけない冒険 (あーうぃ だにぇっと)
ホビット 思いがけない冒険@新宿ピカデリー
【ホビット 思いがけない冒険】忠誠心・誇り・信念・勇気 (映画@見取り八段)
ホビット 思いがけない冒険~ THE HOBBIT:AN UNEXPECTED JOURNEY ~    監督: ピーター・ジャクソン    出演: イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミテージ、ジェームズ・ネスビット、ケン・スコット、シルベスター・マッコイ、バリー・...
[映画『ホビット 思いがけない冒険』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆すいません、あまりにも中身が濃くて、却って短くしか書けません^^  書いているうちに、何となく内容を持つかしら・・・。    ◇  ・・・約束していたので、みんなで観に行った。  そのあまりの面白さに、至福の時を過ごした。  3時間と言う長尺の物語を...
映画「ホビット 思いがけない冒険(3D版)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ホビット 思いがけない冒険」観に行ってきました。映画「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の時代から遡ること60年前を舞台とする、ピーター・ジャクソン監督製作によるフ...
『ホビット 思いがけない冒険』映画感想 (マイペース犬ソリ)
中学生の時に『指輪物語』を読んで以来の中つ国のファンとして、観ずにはおけない作品。
映画『ホビット 思いがけない冒険 3D』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-98.ホビット、思いがけない冒険 3D■原題:Hobitt,An Expected Journey■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:170分■観賞日:12月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:300円(1カ月フリーパスポート) □監督・製作・脚本:ピーター・ジ...