郎女迷々日録 幕末東西

薩摩、長州、幕府、新撰組などなど。フランス、イギリスを主に幕末の欧州にも話は及びます。たまには映画、読書、旅行の感想も。

ブーリン家の姉妹

2008年11月03日 | 映画感想
 書きかけの記事を多数かかえながら、またまた脱線しまして、「ブーリン家の姉妹」です。
 1日は映画が1000円で、たまたま土曜日に重なりましたので、行ってまいりました。

 ブーリン家の姉妹 公式サイト




 もともと、コスチュームプレイが好きですし、いまちょっと注目しているお話でもあったんですよね。
 えーと、この映画には原作小説「ブーリン家の姉妹 」がありまして、読んではないんですが、かならずしも史実に忠実な小説ではないようです。

 注目している、といいますのは、原作小説ではなく、ヘンリー8世とアン・ブーリンの結婚の史実です。
 この結婚は、その後の大英帝国の礎となりましたイングランド国教会誕生のきっかけでしたし、二人の間に生まれたエリザベス1世は、大英帝国興隆の基盤を作った君主ですし、まあ、近代国家イギリスの源をたどればこの結婚にいきつく、という見方が、できなくもないわけでして。



 とりあえず、この件に関する私の歴史知識ですが、概略は知っております。ヘンリー8世と6人の妻、といった類の本は、複数読んだ覚えがありますし、アン・ブーリンとエリザベス1世については、他にもいろいろ読んだように思います。映画でいえば、ごく若い頃に、テレビ放映された「1000日のアン」は、見ました。しかし、忘れていることも多く、詳細には存じません。

 それにくわえて、なにしろ映画の題名が「ブーリン家の姉妹」。アン・ブーリンには、先にヘンリー8世の寵愛を受けていた妹(姉説が有力なようです)がいて、同じ男に愛された姉妹の葛藤を描く、というふれこみでしたから、さほど、歴史的な正確さを期待したわけではありません。
 
 で、結論からいいますと、ちょっと中途半端な映画になってしまっているのではないか、ということです。



 アン・ブーリンの妹、メアリーを演じるスカーレット・ヨハンセンの存在感は強烈です。
 この人の映画、「アメリカン・ラプソディ」「真珠の耳飾りの少女」を見ているだけでして、顔立ちをいうならば、くちびるが厚すぎて好みではないのですが、なんというのでしょうか、表情、目のみで語る押さえた演技をやらせると、見事な女優さんです。「真珠の耳飾りの少女」など、もう、この人なしにこの映画成り立っただろうか、と思ったほどでした。
 まあ、ですから、ひかえめでいて、実は芯が強いメアリー役はよく似合っていますし、その存在感で、ナタリー・ポートマン演じるアン・ブーリンを、食っています。
 顔立ちだけをいうならば、ナタリーの方が端正な美貌、いいかえるならば、きつい感じの美しさです。王に正式の結婚を迫って、国の宗教のあり方まで変えさせてしまい、本来、身分からいえばありえない王妃の座を勝ち取る、という、アンの気性の激しさに、ぴったりといえばぴったりで、演技が下手かといえば、そうでもないのですが、ともかく存在感が薄いんです。
 要するに、演技が単調なんでしょう。



 これは、シナリオと演出の責任だと思いますが、姉のアンは野心まんまん、はいいんですが、前代未聞の挑戦を企てたわけなのですから、この人にもこの人なりの心の揺れ、ひるみもあったはずですのに、成り上がりたい一直線、に描きすぎなのです。
 で、この人が必然的にかかわらざるをえなかった政治の部分については、実におざなりでして、ローマ教皇権の否定、というイギリス史上の大事件が、いともあっさりと片付けられています。ここらへんは、王の描き方にも、粗雑なものがあります。
 とすれば、です。いっそうのこと、はっきりとアン・ブーリンは脇役において、スカーレット・ヨハンセンのメアリーを、主人公にすればよかったのではないか、と思うのです。
 ところが、これが中途半端なところで、メアリーはアンよりも先に王に愛され、男の子を産むのですが(史実としては子はなかった説の方が有力です)、産んでから後、いったいその男の子がどうなったのかさっぱり描かれませんし(男の子が生まれて王が無関心って、ありえんですわね)、最初の夫が死んだことさえはっきり出てこないまま、最後の方で二度目の結婚をします。
 これでは、いったいメアリーがなにを考えて生きているのか、さっぱりわからないではありませんか。

 

 この映画の趣旨としては、姉妹の葛藤が描きたかった、ということで、そこはまあ、そこそこ描けている、とは思います。しかし、それを重んじるあまりに事実をまげて、かえって人間が描けていない、という感じを受けますし、その「時代」にいたっては、まったく描けていないでしょう。おかげで、妙に平板な映画になってしまっているのです。
 アン・ブーリンに関していえば、フランスにいた期間がたった2ヶ月って、あまりにありえない話ですし、処刑の理由としてあげられた姦通の相手が実の兄弟のみ、というのも、複数との姦通がでっちあげられた(あるいは全部が全部でっちあげではなかったのかもしれませんが)ことは、よく知られた事実ですので、どんなものでしょうか。
 話の簡略化は、映画化ではさけられないことではあるのですが、簡略の仕方がまずいのです。

 とはいえ、スカーレット・ヨハンセンのメアリー・ブーリンが見られただけでも、1000円の値打ちはありました。DVDを買おうとまでは思いませんが。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 歴史ブログへ  にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松本良順と家茂と篤姫 | トップ | 寺田屋事件と桐野利秋 前編 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ。 (michi)
2008-11-14 12:25:15
TBありがとうございました。
私からのTBが不調で申し訳ございません。

本作の宣伝、姉妹が王の愛を取り合うのが全面に押し出されて、
中身と違うな〜といった感じでした。
恋愛、愛憎モノで売るのが一番ヒットするのでしょうか。。。
父親や叔父の策略は腹立たしく、
アンの運命は時代の悲劇だと思いました。
michiさま ようこそ (郎女)
2008-11-15 04:05:12
ご訪問、ありがとうございます。

なんか最近、私、あまり映画やドラマを誉めない、どころが、けなしてばかりいるようです(笑) こんなTBでは、ご迷惑かとも思ったのですが。

愛憎ものは愛憎もので、ちゃんと人間を描きこんでくれていれば、時代が描けてない、なぞと文句はいわないのですが……、なんだかひどくどっちつかずの、中途半端な感じがしまして。

歴史にそって見るならば、アンは時代に挑戦した人だと思うのです。当時は、身分からいえば、メアリーのように、王の愛妾に甘んじるのがあたりまえの感覚ですから、9年間も抵抗して、正式の結婚を勝ち取り、王妃となっては宗教改革側を援助した(反カトリックであった)、というのは、もちろん野心もあったのでしょうけれども、絶対権力者である王との相当な覚悟をもった戦いであって、時代の犠牲者という感じは、私はもってないんです。

あの叔父さんは、史実としては強固なカトリック支持者でしたから、姪が愛妾になるくらいならば、まだ許せたでしょうけれども、正式の結婚を望んだあげくに、教皇権否定になるような状況は、許せるものではなかったでしょうし、映画の描く「父親や叔父の策略」は、大部分が虚構ではないんでしょうか。
 当時はとても重要だった宗教、そして外交、政治をきっちり描いたのでは、あんまり一般受けする映画にならないでしょうから、現代人にわかりやすい部分、つまりは「出世のために親族をさしだし」といった部分のみを強調して、日本でいうならば大奥ドラマっぽく仕立てた、のだと思います。

まったくもって、私の個人的好み、なのですが、いっそうのこと、ソフィア・コッポラ監督の「マリー・アントワネット」のように、「現代の普通の女の子がマリーだったら、こんな感じ」といったようなコンセプトでまとめてくれた方が、中途半端に、いいかげんな歴史感覚を出されるよりは、映画として評価できると思うのです。

とはいえ、まったく見所がなければ、感想も書かないわけでして、「もうちょっとこうしてくれていれば」という残念な思いが、批判になってしまったわけでして、ご寛恕ください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

52 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブーリン家の姉妹 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は、分けられない。 最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアンだった。 世界を変えた華麗で激しい愛の物語。』  コチラの「ブーリン家の姉妹」は、ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの共演で、同名ベストセラー小説を映画化した...
ブーリン家の姉妹 (eclipse的な独り言)
 近頃は忙しくて、更新することもままならないという感じです。さて観てきました。こ
ブーリン家の姉妹 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
歴史物って大好きなので楽しみにしていました〜【story】16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛人を求めていることを知った野心家のノーフォーク侯爵(デヴィッド・モリッシー)は、ブーリン卿(マーク...
ブーリン家の姉妹 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアン__。世界を変えた美しくも哀しい運命の恋の物語。 物語:16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリン卿は一族繁栄のために才気あふれる美しい娘アンを国王ヘンリー8世の愛人に差し出すことを目論む...
『ブーリン家の姉妹』 (Sweet*Days**)
監督:ジャスティン・チャドウィック  CAST:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ 他 16世紀、イン...
「ブーリン家の姉妹/THE OTHER BOLEYN GIRL」感想 面白かった (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ナタリー・ポートマンと、スカーレット・ヨハンソンが姉妹役。 ヘンリー8世が、エリック・バナ!これは、見たかったんですよ! 感想は、面...
映画「ブーリン家の姉妹」(2008年、米英) (富久亭日乗)
     ★★★★★  16世紀の英国を舞台にした、 King Henry VIII をめぐる新興貴族の姉妹の悲劇。 原題は「The Other Boleyn Girl」。      ◇  成り上がりのBoleyn家には、 2人の娘と1人の息子がいた。 一族の繁栄のために、 当主Sir Thomas Boleyn(Mark...
「ブーリン家の姉妹」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  見事なキャスティングによる重厚な歴史ドラマでした。史実に基づいた英国王室の愛憎劇。英国国教会は、こうやって生まれたのか…と、“歴史の陰に女あり”とはよく言ったものです。ナタリー・ポートマン演じる悲劇の王妃アン・ブーリンの...
ブーリン家の姉妹/The Other Boleyn Girl (我想一個人映画美的女人blog)
スカちゃんとナタリーがエリック・バナを姉妹で取り合う{/m_0161/} 恋のドロドロ悲劇もの、かと思ってたらちょっと違った! 珍しく表参道ヒルズを会場に行われた試写へ行って来た{/hikari_blue/} (この会場、劇場仕様じゃないからパイプ椅子並べての鑑賞{/m_0156/}) ...
『ブーリン家の姉妹』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【The Other Boleyn Girl】 2008年/英・米/ブロードメディア・スタジオ/115分 【オフィシャルサイト】 監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、クリスティン・スコット・トーマス、アナ・ト...
ブーリン家の姉妹 (小部屋日記)
The Other Boleyn Girl(2008/イギリス)【劇場公開】 監督: ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン/スカーレット・ヨハンソン/エリック・バナ/ジム・スタージェス/マーク・ライランス/クリスティン・スコット・トーマス/デヴィッド・モリッ...
ブーリン家の姉妹 (2008 映画観てきましたっ!)
観てきました。公開初日に。
「ブーリン家の姉妹」みた。 (たいむのひとりごと)
悲劇だと思う。脚色はあるだろうが、実にやりきれない苦い後味が残る物語だった。王が絶対的権力を持ち、続いて「爵位」がモノを言う時代の英国。”政略結婚”で「ブーリン家に繁栄を」という父親の野心が狂わせた姉
ブーリン家の姉妹/ナタリー・ポートマン (カノンな日々)
歴史的にも有名なヘンリー8世のお世継ぎを巡る物語。そしてエリザベス1世の誕生のエピソード。今日の英国王室にも影響を与えてると言われてるこの物語をナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナを主演に愛憎劇たっぷりな宮廷ラブサスペンスとし...
『ブーリン家の姉妹』 (ラムの大通り)
(原題:The Other Boleyn Girl) ----ブーリン家って、どこの家のこと? 「家?(笑) でもそうだよね。 この名前、ちょっと日本にはなじみないものね。 ところがなんと、 これはかの有名なヘンリー8世の話だった」 ----その人、有名ニャの? 「うん。有名も有名。 なに...
ブーリン家の姉妹(映画館) (ひるめし。)
愛は、分けられない。
「ブーリン家の姉妹」 The Other Boleyn Girl (俺の明日はどっちだ)
時は、まさにイギリスが時代の表舞台に登場してくる16世紀(日本では室町時代、安土桃山時代!)。 イングランド王室史上最高のインテリであるとされた(らしい)ヘンリー8世が君臨していたその時代の宮廷を舞台に繰り広げられる歴史&愛憎ドラマ。 正直言って、さほ...
『ブーリン家の姉妹』 2008-No74 (映画館で観ましょ♪)
こんな風にたくさんの映画を観るようになって思うこと。 英語が分かったら....歴史をきちんと学んでいれば.... 社会科が嫌いで英語が苦手...
英国版大奥〜『ブーリン家の姉妹』 (真紅のthinkingdays)
 THE OTHER BOLEYN GIRL  16世紀、ヘンリー8世が統治するイングランド。ブーリン家の美しい姉妹、野心 家で切れ者の姉アン(ナタリー・ポー...
「ブーリン家の姉妹」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「ブーリン家の姉妹」公式サイトイングランド王ヘンリー8世とアン・ブーリンの結婚秘話&エリザベス1世誕生秘話。ナタリーとスカーレットの競演てだけで楽しみにしてましたー。正反対の姉妹役が二人ともほんとハマリ役。野心家のアン。王をじら...
ブーリン家の姉妹 (描きたいアレコレ・やや甘口)
今日は、語学や芸術にも造詣が深く、体格も立派ならスポーツ万能、歴代英国王きってのすっごいハンサム......というヘンリー8世を描いてみまし...
ブーリン家の姉妹 (映画通の部屋)
「ブーリン家の姉妹」THE OTHER BOLEYN GIRL/製作:2008年
ブーリン家の姉妹 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年10月25日 公開 ケイト・ブランシェットのお母さんはナタリー・ポートマンなのね! うぅぅぅーーーーっ!!! す、すごかったぁ!!! 最初から最後までスクリーンに釘付けぇぇぇぇぇ(*^艸^) 『エリザベス』のエピソー...
野望に取り憑かれた魔女。『ブーリン家の姉妹』 (水曜日のシネマ日記)
王の愛を巡り、16世紀のイギリスの宮廷を舞台に描かれた作品です。
「ブーリン家の姉妹」 (或る日の出来事)
私の彼女ナタリー・ポートマンと、ほぼ同世代の人気若手女優スカーレット・ヨハンソンの共演というので、楽しみにしていた作品。
『ブーリン家の姉妹』(2008)/アメリカ・イギリス (NiceOne!!)
原題:THEOTHERBOLEYNGIRL監督:ジャスティン・チャドウィック原作:フィリッパ・グレゴリー出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、ジム・スタージェス、エディ・レッドメイン、アナ・トレント公式サイトはこちら。<Story>16世紀...
ブーリン家の姉妹 (Diarydiary!)
《ブーリン家の姉妹》 2008年 イギリス/アメリカ映画 − 原題 − THE
「ブーリン家の姉妹」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Other Boleyn Girl」2008 UK/USA イングランド王ヘンリーに愛されたブーリン家の二人の姉妹による愛と葛藤の歴史ドラマ。 アン・ブーリンに「宮廷画家ゴヤは見た/2006」のナタリー・ポートマン。 メアリー・ブーリンに「私がクマにキレた理由(わけ)/200...
ブーリン家の姉妹 (映画鑑賞★日記・・・)
【THE OTHER BOLEYN GIRL】2008/10/25公開(10/25鑑賞)製作国:イギリス/アメリカ監督:ジャスティン・チャドウィック出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、デヴィッド・モリッシー、クリスティン・スコット・トーマス、マーク・ラ...
映画レビュー「ブーリン家の姉妹」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
The Other Boleyn Girl [Original Motion Picture Soundtrack]◆プチレビュー◆若手実力派女優2人の競演が華やかな歴史劇。前後につながる実在の人物を想像しながら見ると面白い。 【70点】  16世紀のイングランド。新興貴族のブーリン家は、男子の世継ぎに恵まれな...
ブーリン家の姉妹・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
16世紀のイングランド王宮を舞台に、国王ヘンリー八世と彼の寵愛を受けたブーリン家の二人の姉妹を巡る愛憎劇。 強大な権力を持つ者を巡って...
「ブーリン家の姉妹」歴史なんて、色恋沙汰次第…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 “ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン夢の共演!”「ブーリン家の姉妹」(ブロードメディア・スタジオ)。イイですね〜、今が旬の美女2人が共演。吾輩的にはとっても嬉しい!でも姉妹役ですか〜、全然似てないよね(^^;!?  16世紀、国...
★「ブーリン家の姉妹」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはたっぷり・ゆったり映画が見れる「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 この映画のために、計画した 「大スカちゃん祭り」のメイン・イベントの作品だよー。
「つぐない」、「ブーリン家の姉妹」■姉妹映画はブームなのか?... (映画と出会う・世界が変わる)
「つぐない」と「ブーリン家の姉妹」どちらも姉妹が主人公である。「さよなら、いつかわかること」では主人公ではないが、姉妹が重要な役割であった。もしかしたら、「姉妹」は現在の映画の重要なキーワードでブームか?そういえば、日本映画でも「おろち」が姉妹を描いて...
ブーリン家の姉妹 (5125年映画の旅)
16世紀のイングランド。国王の世継ぎが生まれない事から、ブーリン家は娘のアンを世継ぎを生むための愛人として国王と引き合わせる。しかし、国王が選んだのはアンの妹メアリーだった。メアリーは無事に妊娠するが、体調の悪化から、部屋に閉じ込められる。国王がメ...
【ブーリン家の姉妹】 (日々のつぶやき)
監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ 「イギリス16世紀、後継ぎの男児を授からなかったヘンリー8世の夫婦仲は冷えていた。貴族のブーリン家は一族の権力の為に一家で相談のうえ長女のアンを差
映画 『ブーリン家の姉妹』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆16世紀のイギリスの宮廷を舞台に繰り広げられる愛憎劇。どちらも国王の寵愛を受けながら、まったく異なる道を歩むことになる美しい姉妹の劇的な人生を鮮やかに映し出す。16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなか...
ブーリン家の姉妹 (悠雅的生活)
 愛された女と、勝ち取った女。
【映画】ブーリン家の姉妹 (新!やさぐれ日記)
▼動機 とあるプロの方の批評文を読んで ▼感想 イングランド及び英国の歴史の一端を知るいい機会に ▼満足度 ★★★★★★★ びっくり ▼あらすじ 16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛人を...
ブーリン家の姉妹 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン(アン・ブーリン)    スカーレット・ヨハンソン(メアリー・ブーリン)    エリック・バナ(ヘンリー8世)    ジム・スタージェス(ジ...
ブーリン家の姉妹 (心のままに映画の風景)
16世紀、イングランド。 国王ヘンリー8世(エリック・バナ)は、王妃キャサリンとの間に男子の世継ぎが出来ず焦りを感じていた。 そこに目...
ブーリン家の姉妹★☆THE OTHER BOLEYN GIRL (銅版画制作の日々)
 これは、エリザベス一世の母の物語です。 10月29日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。レディースディなので、1000円です。そんなこともあってか?どうか?は分かりませんが。満席に近い状態でした。しかも8割強が女性で、年齢層も高い。 豪華キャストです。姉妹を...
ブーリン家の姉妹 (シネマ日記)
公開前から楽しみにしていた作品です。スカーレットヨハンソンだし、ナタリーポートマンだし。二人とも、最近別の作品を記事にしたばかりです。こういう歴史物も好きだし。日本の歴史は苦手なんですが、西洋の歴史物は好きです。さて、このお話。イングランドにゴールデン...
『ブーリン家の姉妹』 (・*・ etoile ・*・)
'08.11.02 『ブーリン家の姉妹』@TOHOシネマズ市川コルトン これは見たかった。やっと鑑賞。 「16世紀イングランド。ヘンリー8世には世継ぎとなる王子がいない。野心家のトーマス・ブーリンは妻の弟で王の側近ノフォーク公と共に、利発な長女アンを王の愛人にしよう...
ブーリン家の姉妹 (シネマ大好き)
16世紀のイングランド。政略結婚が当たり前だった時代に生きた二人の姉妹の物語。 ブーリン卿は、娘のうち、妹メアリー(スカーレット・ヨハンセン)を裕福な商人と結婚させる一方、王子が生まれないことに焦る王に姉アン(ナタリー・ポートマン)を近づけて一族の出世...
映画 「ブーリン家の姉妹」 (英国日記)
映画「ブーリン家の姉妹」を一足早く試写会で観てきました。 会場は英国大使館! イギリスに住む前にヴィザ取得のために 一度だけ門をくぐったことがありますが、 その時に行ったのは別棟の事務手続き専門の建物でした。 でも今回はメインの建物です。
ブーリン家の姉妹 を観ました。 (My Favorite Things)
チョー久しぶりのスクリーンです。観たかった作品のひとつでしたので迷わず…
【レンタル映画】 ブーリン家の姉妹 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリン卿は一族繁栄のために才気あふれる美しい娘アンを国王ヘンリー8世の愛人に差し出すことを目論む。ところが、王の心を捉えたのはアンの妹で凡庸だが気立ての良いメアリーだった。一家は宮中に移り住み...
「ブーリン家の姉妹」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
歴史物、実話を基にってやっぱり面白い
「ブーリン家の姉妹」(THE OTHER BOLEYN GIRL) (シネマ・ワンダーランド)
16世紀の英国宮廷を舞台に国王ヘンリー8世と、新興貴族ブーリン家の美しき姉妹との愛憎をつづった歴史ヒューマンドラマ「ブーリン家の姉妹」(2008年、英米、ジャスティン・チャドウィック監督、115分、コロンビア映画配給)。本作はフィリッパ・グレゴリーの小...
【映画】ブーリン家の姉妹…ちょっと昔「とんでブーリン」ってアニメありましたよね? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
いやはや、お仕事も我が家もなんだか最近は忙しいです{/face_hekomu/} 17日(月曜日)は、週の頭から6時間とかの残業{/face_hekomu/}{/down/} …(チョイ愚痴ですが{/face_ase2/})私の計画通りだとこんな残業は発生しないんですけどねぇ{/face_ikari/}…人の後始末みた...
映画『ブーリン家の姉妹』を観て (KINTYRE’SDIARY)
90.ブーリン家の姉妹■原題:TheOtherBoleynGirl■製作年・国:2008年、アメリカ・イギリス■上映時間:115分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:11月8日、ル・シネマ(渋谷)スタッフ・...