おなか荘

 空き部屋あります。

喉から血が出るくらい、君を愛したい。

2017-06-19 20:34:29 | Weblog
カウンター1人、生意気に熟成肉が焼けるのを待ってる僕、グラスが割れる音がした。目の前の、新人と思われる女がグラスを割った。割れちゃいましたぁと小声。少し笑っていたが、レゲエダンサー風の化粧の女性、が、何やってんの、低い声、新人耳、赤くなりだまる。あぁ、新人よ。透明な氷の中にガラスが散らばったはずだ。僕が見た時、あなたは製氷機の中を見つめて止まってたから。そっと、大きなやつだけ指でつまんで出し、蓋を閉める新人よ。目の前の現実から遠ざかるために、蓋を閉める新人よ。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 歌3〜8 | TOP | 歌9〜10 »

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。