On a bench ブログ

ようこそ、当ブログへ。ジローと申します。
 毎日毎日、たくさんのCDやLPを聴いて過ごしております。

聴いたCD Taylor Deupree : .n

2016年10月29日 | 電子音楽
.n
 
12K

 ん~、このジャケット、デジタル・ミュージックのデータではこうなっているけど、ぼくの持っているCDは白地にピンクの文字のデザインで、絶対そっちのほうがいいと思うんだけど。

 まあ、しかしそれはともかく、これはここ2,3日けっこう聴いた盤。こういう電子音楽の分野では、過去にいろいろ聴いてきた中で、その大半は聴いたそばから忘れたりしてしまうんだけど、このテイラー・デュプリーは不思議と記憶に残って、時々思い出して聴いてしまう一人。

 基本的にこの人の音は、硬質で冷たい感じの電子音ではあるんだけど、しかしそれがただ冷たいだけでなく非常にセンシティブだし、また音量も少なく、そこが潔癖さというかストイックさというか、そんな面を感じさせるところも気に入っているところかも。

 それと、こういう電子音の音楽って、特に打ち込み系は飽きが早く来る傾向があるんだけど、この人のは短期間に繰り返し聴いてもそうならない。ってことは、要は生楽器であるなしにとか関係なく、音楽家として優秀なのかなあ、とも。

 今はまだ脈絡なく聴いているだけだけど、そのうち年代順に変化が見えてきたりすればまた面白いのかもと思ったりする一人でもあります(といって、特に意識的に聴き込んでいくつもりはない)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聴いたCD William Ackerman ... | トップ | 聴いたCD Dan Adler : Back... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。