ものづくりへの挑戦

いろんな作品を手作りして紹介をしていきます。西洋占星術の話題も織り交ぜながら。

西洋占星術10天体から、今回は「天王星」の巻

2017-05-20 19:41:17 | 日記
土星外惑星に突入です。今回は、天王星。

昔は、「変わり者」という有難くないイメージが強かったかもしれません。

でも、グローバルな世界になっている今、地域社会という枠組みではなく、世界や宇宙など結構重要ですよね。

もう少し時間は掛かるかもしれませんが、そのうち宇宙も海外旅行くらいになれば、天王星も身近な感じかもしれません。

今でも、常識(土星管轄)に縛られている人は、たとえば外国人との結婚や同性間でのカップルなど、受け入れにくいでしょう。

またこれも、社会の中で当たり前になってくれば、そのうち地球の人間同士ならOKになって、違う惑星の人との結婚はタブー視されるという風に枠組みが変化する可能性もありますね。

時代によって、土星の管轄は変化しますし、それに伴い天王星の範囲も変わります。

今のところ、常識を良い意味で覆したところでの活動をする人が、天王星が強いタイプに多いように見受けられます。

特に、結婚に関してはありきたりを嫌いますし、人との同化を拒みますから、独身でいるといった人も多いですし、仮に結婚したとしても、離婚を選ぶ人も多いかもしれません。

女性の場合は、やはり太陽に天王星がハードアスペクトで絡むと、一緒に同じ家で生活するのは、できれば勘弁してほしいという人も。

イージーだと、全然激しくはなく、かえって組織や家庭にも協力的だったりもします。

もちろん、単純に天王星だけでどうのこうのは言えませんし、離婚という形ででない場合もたくさんあります。

でも、やはり同化したくない、単独でいたいという気持ちは、尊重した方が良いと思います。

そんな場合は、可能であれば別居結婚するのもありかもしれませんし、どこかに1人になれる場所があるだけでも、全然違います。

これは私見かもしれませんが、天王星が支配星である水瓶サインは、結構モテ男がいますよね。

でも、本人は「女はちょっと」的な硬派売りの人が多く、またそれが女性にはたまらないのかもしれません。

そう言いながらも、ちゃっかりいろんなタイプの人と、付き合ったりしているんですね。

土星外の天王星という、魅力ゆえなのかなとも思います。

例外があるのは、どの星座も共通ですがね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西洋占星術10天体から、今回... | トップ | 西洋占星術10天体から、今回... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。