音楽療法のライブ日記

音楽療法士がお届けする、日々の活動記録と情報発信のブログです。

2歳の子と音楽

2016-08-20 21:18:25 | 音楽雑記
今夏出産した娘に2歳の上の子がおり、実家としては出産後の母親のケアや
赤ちゃんの世話よりも2歳の子を相手に遊ぶ?ことが多くあります。

おしゃべりも随分上手になってきましたので歌を一緒に歌うと
♪「ぞうたん ぞうたん・・」♪「ゆうだけこだけでひだくれて~」等など
可愛い盛りで多忙を極める日々の中で思わず笑みがこぼれて癒されます

我が子が2歳の時に私が録音した会話や歌を思い出して不思議な想いにかられます。
2歳の子は産まれてきた赤ちゃんに取られてしまう自分の居場所や時間に
素直に苛立ちを表します。

そんな時にも音楽の存在はとても有効なことを実感しています。
直観的に嫌な音楽は「恐い」「嫌だ」と言い泣き出すこともありますが、
偶然車の中で聴いた『ハウルの動く城』の♪陽気な軽騎兵の音楽には
「もう一回、もう一回」と催促してメロディを口ずさむようになり
既に主張できる音楽嗜好、音楽アイデンティティがあるように感じています。

手遊び歌やわらべ歌も有効なコミュニケーションツールになります。
一緒にすると色々な替え歌になったり、バリエーションが増えていきとても楽し気です。
子どもは正直なので、楽しい時は体全体で喜びを表します。
そんな時は平和なひと時を感じて大人たちがパワーを貰うことになります。
改めて、子どもと音楽の関わりを大切にしていきたいと実感しています
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

季節を感じながら♪

2016-06-06 21:40:11 | 音楽雑記
久しぶりの更新です。
訪問していただいている皆様には感謝を申し上げます。

ここ2,3年で認知症を患っていました義母と父のことが少し落ち着きました。
正直、私の家族は関係性がとても良いと思っています。
義父と父を見送り、残った義母と母との心の距離は変わらず保たれています。
二人の娘の出産が続いており、実家である我が家は多忙になっています。
私たちの時代とは出産年齢の差があって
いろいろと心配なことや援助が必要になってきます。
90歳を超えた母は、
「私のことより出産を優先して大事にしてあげてね」
と気丈な心配りをしてくれています。

今夏も出産を控えており、緊張感のある日常生活を送っていても、
枇杷の実が目に入れば♪揺り籠の歌を口ずさみ、
田植えの風景を見れば♪夏は来ぬの歌詞を読み、
みかんの花の香りがすれば♪みかんの花咲く丘が恋しくなり、
季節を感じながら口ずさむ歌があることで心が穏やかになります。

今の気持ちを久しぶりの更新で綴ってみました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16年目を迎えたパーキンソン病患者・家族会のサポート

2016-01-25 20:37:08 | 音楽雑記
昨年の11月に難病のパーキンソン病患者・家族会の支援活動が
15周年を迎えました。
グループ名は爽やかで心優しい支援活動になるようにと
願って‘そよ風’と名付けました。

始まりのきっかけになった保健所の講座を受けてからも迷っていた私に
「とにかくやってみたら・・」とさり気ない後押しをしていただいた
先輩は今も一緒の活動仲間です。
お互いに働きながらですが、無理なく出来る範囲の中で
心からの支援をされる姿勢にいつも‘初心’を思い出します。

患者・家族会のメンバーは15年経つと随分変わりました。
いろいろな別れがありましたが、お一人おひとりのお言葉や表情が
走馬灯のように浮かんできます。
音楽療法の時間をご一緒していただく中で、多くの歌と
人生に関わってきた音楽を教えていただきました。
学ぶことばかりでした。

病気を理解しながら寄り添うことはとても難しいと今でも思いますが、
人生の先輩として、時には同期のように関わらせていただいたひと時は
本当に大切な思い出になり、私の生きる糧になっています。

今年初めての定例会に参加してそんな想いを新たにしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の終わりに…

2015-12-30 20:05:22 | 音楽雑記
もういくつ寝ると・・・今年もあと二つ寝るとお正月です。
いつも拙ブログとホームページにお訪ねいただき有難うございます。

振り返ると季節感が今年ほど揺らいだことはありません。
命のバトンが受け継がれた一年でした。

一人の一生を見送ることは言葉にできないほど
エネルギーを要し、複雑な感情であることを実感しました。
さらに5ヶ月の絶対安静を言い渡された母体から命を迎えることは
仏様にも神様にもすがりたい気持ちになりました。

仕事を復活するまで多くの皆様に助けていただきました。
実施する側だけではなく、参加された皆様の笑顔やお声かけに
どれほどお力添えをいただいたか分りません。
特に、難病と闘っておられる患者さんの会の時は、元気いっぱいに
参加される姿勢とともに、時々涙ぐまれる姿に胸が熱くなりました。

「本当に楽しかった」と言葉かけをしてお見送りをいただき、
生きる力と喜びをいただいたのは私たちの方でした。

来年もライブなひと時を大切にしていきたいと思います。
どうぞ、良いお歳をお迎えくださいませ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽療法が求められる意味

2015-08-27 21:11:33 | 音楽雑記
音楽療法が社会的に利用されることが増え、
多くの人に耳慣れてきた感があり、
私の方へもご依頼とともにご質問を受けることが多くなっています。

広義な音楽療法の中で何をご希望なのかを確認しながら、
対象者、希望内容、実施場所、などをお聞きしていきます。
実践と研究を継続している音楽療法士は担当分野があります。
子ども、成人、高齢者などの発達段階における分野と
リハビリ的、療法的、リトミック的、回想法的、教育的などの内容に分けられます。
形体も講演、講義、研究会、研修会、体験(ワークショップ)などがあります。

音楽療法が求められる意味は様々な質問をいただく中で
見出されていくように感じます。
私個人にもいただく多様なご意見によって、私なりの音楽療法が
見出されてくことを実感します。

そんな時に必ず浮かんでくる言葉があります。

『生きる意味は「他者」によって見出されるであろう』
(『逝かない身体―ALS的日常を生きる』川口有美子,医学書院,2009)

客観的な「他者」から大切なこと、見えていないことを教えてもらうことが多々あります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加