富田林百景+ 「とんだばやし」とその周辺の魅力を発信!

大阪の南東部に位置する人口10万あまりのごく普通の町、とんだばやしの魅力を、市民の手で発見していきます。

路傍の石 - 富田林じない町

2015年06月28日 | 富田林寺内町
あてまげの富田林じない町とその界隈にさりげなく、また旧家の「犬走り」に集団で活躍する「路傍の石」。今回は富田林市民も全然注目していない「路傍の石」をさりげなく、お送りします。(アブラコウモリH 編)   . . . 本文を読む
コメント

喜志 川面浜の剣先船 3

2015年06月26日 | 館外講座
喜志村川面地区は江戸時代は農業と水運の両方を合わせ持った集落でした。江戸時代3件の舟問屋があり、周辺の村々より、多くの物資が集まりました。また、石高220石(安政四年、1857)と井路用水を利用して米の生産もされています。喜志五郷の中では、他の村とは少し違った川面地区。今回は、喜志五郷の中での川面地区をご紹介します。 . . . 本文を読む
コメント

喜志 川面浜の剣先船 2

2015年06月25日 | 館外講座
喜志 川面浜から直接、大消費地 大坂の中心部まで物資を運び、また帰路では農村部で必要な金肥(干鰯など)や塩・生活物資を運んでいた剣先船。残念ながら、いまはもうその姿を見ることができません。今わかる資料や残された痕跡のより、当時を偲びたいと思います。 . . . 本文を読む
コメント

喜志 川面浜の剣先船 1

2015年06月24日 | 館外講座
喜志の川面(かわづら) 小ざいしょなれど 浦にどんどと 舟がつく     江戸時代、大坂難波橋より、喜志川面浜(富田林市)まで七里半(約30km)、剣先船(けんさきふね)と呼ばれた川船が石川を行き来して、米・木綿・干鰯などの物資を運搬していました。2015年5月27日の館外学習では、川面地区を始め喜志五郷のうち東部の地区を巡りました。 . . . 本文を読む
コメント

夏至の日の出

2015年06月22日 | 朝日・夕日
今日は夏至。昼間が一番長い日と言われています。夏至の日の日の出をごらんください。 . . . 本文を読む
コメント

ゾウとクワガタ

2015年06月21日 | 一発芸!おもしろ画像!!
ゾウとクワガタがいる公園 . . . 本文を読む
コメント

ウー!

2015年06月20日 | 一発芸!おもしろ画像!!
ちょっと、気休めに一発芸!「 ウー! 」 . . . 本文を読む
コメント

下赤阪の棚田 6月

2015年06月13日 | 棚田・田んぼ
今年も夕焼けに棚田が映える季節になりました。苗が成長するまでの6月いっぱいが見頃です。 . . . 本文を読む
コメント

じないまちの朝 2015.6月

2015年06月11日 | 私の富田林百景
日の出前、朝早く富田林じないまちを散歩しました。町の人々が活動する前の落ち着いた街は、ほかの時間とはまた違った感じでした。 . . . 本文を読む
コメント

公民館の講座メンバーで、富田林市喜志地区を歩きました。

2015年06月10日 | 館外講座
富田林市の北の玄関喜志を歩きました。 . . . 本文を読む
コメント