富田林百景+ 「とんだばやし」とその周辺の魅力を発信!

大阪の南東部に位置する人口10万あまりのごく普通の町、とんだばやしの魅力を、市民の手で発見していきます。

瀧谷不動尊の大祭

2015年05月31日 | 日記
5月28日は瀧谷不動尊の大祭で柴灯大護摩供がありました。 . . . 本文を読む
コメント

甚兵衛(じんべい)ものがたり

2015年05月29日 | 館外講座
「じんべいものがたり」といっても、サメの飼育日記ではありません。江戸中期に茅渟(ちぬ)の海を干拓して新たに広大な土地を造り上げた加賀屋甚兵衛の物語です。しかし、この江戸時代の「 プロジェクト X 」は苦難の道でもありました。大阪市住之江区には、「加賀屋」の名を有する地名が、「東加賀屋」「西加賀屋」「南加賀屋」「北加賀屋」「中加賀屋」と、何と5つもあります。これだけ広い「加賀屋」の地を江戸時代に新田開発した人物は、加賀屋甚兵衛とその子孫たち。住之江区の江戸期の新田230haのうち、134ha余(58.3%)を一家で開発しました。この加賀屋甚兵衛こそは、延宝八年(1680)河内国石川郡喜志村櫻井(さくらい)に山本善右衛門の次男として生をうけた郷土 富田林のヒーローです。何度も洪水や高潮に見舞われながらも辛抱づよく、耐えながら目標に向かってやりぬく加賀屋甚兵衛のほかにも、同じ河内で50年も江戸幕府に大和川付け替えや治水計画を嘆願し続け、最後は農民の身でありながら並み居る幕臣に交じって、付け替え工事を指揮した同じ甚兵衛さん、中甚兵衛がいます。二人は、苦難を克服し、思ったことをとことんやりぬくということで共通点がありますね。苦難にあっても、目標をすこしずつすこしずつじっくり腰を据えてやりぬく持続力と忍耐力を、私は「河内気質」と言いたいです。河内国には、そういう方がたくさんおられます。その話は、また今度に... . . . 本文を読む
コメント (2)

二上山からの日の出 ― 石川河川敷 4

2015年05月29日 | 朝日・夕日
2015年5月27日、28日 - 晴天が続き、しかも日の出が石川河川敷の高圧電線や民家の少ないところから出てきているので、今が撮影のチャンス。もう少しすると、河川敷では電柱や民家が写り込んでしまい、壮麗な日の出の写真が撮れなくなります。6月に入ると梅雨の走りで何日も撮れない日が続きますので、今は頑張って早起きしております。 . . . 本文を読む
コメント

二上山からの日の出 ― 石川河川敷 3 

2015年05月26日 | 朝日・夕日
今日も晴れました。梅雨の前の晴天。太陽の昇るのをスローモーション的にごらんください。 . . . 本文を読む
コメント

狭山池からの日の出

2015年05月26日 | 朝日・夕日
水面(みなも)をとおしての二上山の日の出はとてもきれいなので、狭山池から撮影してみました。 . . . 本文を読む
コメント

二上山からの日の出 ― 石川河川敷 2 残念の巻

2015年05月23日 | 朝日・夕日
最初はとても朝焼けがきれいで期待したのですが、すこし雲が厚かったです。 . . . 本文を読む
コメント

二上山からの日の出 - 石川河川敷 2015.5.22.

2015年05月22日 | 朝日・夕日
富田林じないまちを通過した「二上山の日の出」は夏至に向かって、観測点が南下しています。5月18日のじないまち展望広場を出て、石川の河川敷に到達しました。 . . . 本文を読む
コメント

富田林百景の見どころ -  紅葉編

2015年05月21日 | 紅葉
平成富田林百景+(プラス)」のブログができて、ちょうど2年になります。その間、訪問者数44991人、閲覧数155483回(2015.5.10..現在)の閲覧がありました。このたびは、数回に分けてカテゴリー別に、画像を見ていただきたいと思います。今回は、紅葉を特集してみました。 . . . 本文を読む
コメント (1)

二上山からの日の出 - 富田林じないまち展望広場 2015.5.17.~18.

2015年05月18日 | 朝日・夕日
毎年、5月18日頃と、7月27日頃に、富田林市富田林町のじないまち展望広場付近で、二上山の中央からの日の出が見られます。今年の5月18日はどう見えたでしょうか? . . . 本文を読む
コメント

富田林百景の見どころ - 草花 桜編

2015年05月18日 | 私の富田林百景
「平成富田林百景+(プラス)」のブログができて、ちょうど2年になります。その間、訪問者数44991人、閲覧数155483回(2015.5.10.現在)の閲覧がありました。このたびは、数回に分けてカテゴリー別に、画像を見ていただきたいと思います。今回は、前回アップしました草花編の中で、日本人の心の「桜」を特集してみました。 . . . 本文を読む
コメント