富田林百景+ 「とんだばやし」とその周辺の魅力を発信!

大阪の南東部に位置する人口10万あまりのごく普通の町、とんだばやしの魅力を、市民の手で発見していきます。

喜志の宮さん(富田林市)のだんじり祭り

2016年10月17日 | だんじり

まずは、1番バッターは、アブラコウモリHより、『喜志の宮さんのだんじり祭り』をお伝えします。

 

 2016.10.16. 9:54 富田林市桜井町1丁目 喜志の宮さん=美具久留御魂神社(みぐくるみたまじんじゃ) の御旅所前で、神社のある地区、「宮町」のだんじり(右)と、上手の深溝(ふこうど)井路が流れる「毛人谷(えびたに)」のだんじりがお互いにあいさつを交わしています。

 

 今年新調した毛人谷のだんじり

 

 お迎えする宮町のだんじり

 

喜志の宮に宮入りする13町のだんじりは、この粟ケ池で結ばれています。というのも、毛人谷・富田林・新堂・若一・中野・喜志(宮)はこの池に流入する人工の水路(深溝井路)が通る上手の地区、喜志(桜井)・川面(かわづら)・喜志(大深おうけ)・木戸山・喜志新家・尺度(羽曳野市)はこの粟ケ池を水源にする下手地区、別の水源の地区が平町です。

宮・桜井・川面・大深・平は江戸時代は喜志としてまとまり、喜志五郷と呼ばれ、江戸後期にはごくまれな二千石を越える巨大な一つの村(惣村)として存在していました。ひとつの村なのに庄屋さんが五人もいたんですよ。

深溝井路は、錦織東一丁目の石川から深溝井堰により取水し、延々4.8km、上手の地区を通り、田んぼを潤しながら、粟ケ池に入ります。そして、粟ケ池からは7つの樋門より下手の地区を潤します。

不思議なことに、現在粟ケ池に流入する自然の河川はひとつもなく、すべて人工の水路、深溝井路に頼っています。この水路は、なんと奈良時代から粟ケ池と同時期に成立していたことが、考古学資料により近年解明されてきました。

 

粟ケ池の水で灌漑する桜井地区の豊かな水田 

...なのに、富田林市では有数の豊かな土地。戦前・戦後は、「河内一寸空豆」で一世風靡、関東までその種子を出荷していたこともありました。

 

 2016.10.16.9:36 宮入り前の準備で忙しい式内社 美具久留御魂神社

10時ころから子供だんじりから宮入りします。

関連記事:やっと、やってきました! 2014.9.4.

 

 宮町集会所の提灯

 

 下拝殿 真ん中は「みぐくるん」 頭は二上山です。

 

 みこしが二基、奉納されています。

 

 宮入りした各地区のだんじり曳行責任者に、ここでお祓いが行なわれます。

 

 振り返ると、参道のむこうは二上山

 

 参道の手水鉢の横にも神輿がありました。

 

 下拝殿右にある「朝鮮通信使の絵馬」です。

 

痛んでいたものを修復されたみごとな絵馬です。普段は見れない絵馬で、学術的にも貴重です。
天和2年(1682)に友好親善使節として、李氏朝鮮から日本へ派遣された第7回朝鮮通信使の船旅の様子をえがいたもののようです。6艘の船団でやってきたことがわかります。

関連記事:私の富田林百景+ 「 太陽の道 美具久留御魂神社 」2013.12.17.

 

 元禄八年(1695)に奉納されたようです。

 

 奉納者は、「喜志櫻井村」(現在の喜志 桜井)と書かれ、11名の名前が記されています。

 その、ご子孫が曳行されている喜志 桜井の だんじり。

 

 のんびりと曳き歌を歌いながら、ゆっくりしたリズムでマイペースで宮入りするだんじり。「やりまわし」はしません!

 

 屋根の勾配のきつい、背高の石川型のだんじりです。

宮入りの時に俄芝居を奉納するので、役者が出てくるための舞台と幕があるのが特徴です。

 

岸和田や古市のように、 「やりまわし」はしませんが、こんなことができます。

 

 こんなこともできますよ。

 

 こんなこと、できますか?

 

 こんなん、でけへんでしょう!!

 

 たてしゃくり・よこしゃくり・おじぎ・おじぎの反対、できます!

 

 うちのだんじりも頑張るときは頑張ります!

 

 ちょっとやかましいけど、祭りやさかいに...

 

 ...元気があって、いいですね❤

 

 さあ、一つ目の鳥居をおじぎして参道を参ります。

 

 緊張と喜びの一瞬!

 

 「寺内町」のこどもだんじりが行く。

 

 獅子噛がにらんでいます。たしか、ケヤキではなく、ヒノキ製であったと思います。

 

 最初の鳥居のところで、「あばれます。」

 

 舞台で奉納する俄芝居の準備をする「役者」たち

十数台もあるので、数珠つなぎになって、大渋滞。

 

 「あばれた」あと、粟ケ池の堤=参道を、またマイペースで宮入りします。

 

 のどかな宮入りの朝

 

きょうは会社の出勤日なので、ここまで...残念!

2016.10月17日 (HN:アブラコウモリH )

お次の方、どうぞ。

二番手は、KUSUが照会します。


2016.10.15-16 kusu

つぎの方お願いします。

つぎのかた、ありませんか? 2016.10.20.

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖音寺(錦織南地区)の石灯籠 | トップ | 秋を感じる草木 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。