富田林百景+ 「とんだばやし」とその周辺の魅力を発信!

大阪の南東部に位置する人口10万あまりのごく普通の町、とんだばやしの魅力を、市民の手で発見していきます。

「第9回 こども祭り(レインボーホールにおいて)」での「石川ゾウ足跡化石&化石木」展示と学習会

2017年01月25日 | 石川化石木・足跡化石

 

2017年1月21日(土) レインボーホール(富田林市市民会館、富田林市粟ケ池町)にて、第9回 こども祭りが開催されました。

 

 「富田林の足跡化石と化石林実行委員会」が共催して、「石川ゾウ足跡化石&化石木」展示と学習会を実施しました。

今回は富田林市の文化財課にお願いして、100万年前のアケボノゾウの牙の化石(富田林市美山台出土、レプリカ)や足跡化石の立体標本、そして多くのパネルもお借りして、数多くの展示を実施しました。

 

こども祭りはすでに9回目を迎えるそうですが、今回は恐竜3D映像、アンモナイト発掘体験、エコゲーム、段ボール迷路、 巨大トランプなど数々のアトラクション、ワークショップがいっぱいで、午前中は、こどもバレーなどの舞台発表もありました。

 、

 みんなで心をあわせて、こどもバレー

 

 多目的ホールのブース

 

 中ホールのブース 「あてもん」、ゲーム、即売やワークショップがいっぱい。 

 

 「百万年前の富田林の足跡化石と化石林」のコーナーもそこそこ人気です。

 

 喜志小学校の6年生のみなさんが作った実物大のアケボノゾウ 

体高2m程度、日本で順応して小さくなったようです。アジアゾウより小さい。

 

 貴重なアケボノゾウの牙(レプリカ)

富田林市美山台で1981年に見つかったもの。今回初めて、富田林市の文化財課の協力で展示できました。

お子様やお母さまには大人気でした。

 

 会場風景 辰さんが説明

 

 化石木の写真

 

 多目的ホールでの写真の展示

 

 化石木とその当時繁茂していたと思われるメタセコイア

 

 真剣に見ていただいて、ありがとうございます。

 

 バレー発表会の時は、そちらが優先

 

 学習会とスタンプラリーの受付 

 

 学習会は林(写真)と森山先生が担当

 

 学習会は森山先生(写真)が担当

 

 3D恐竜映像が人気でした。

 

 恐竜の足跡 アケボノゾウもやればよかった...

【足跡化石の説明】みつけたよ~!石川のゾウ・シカ足跡化石 2014.9.5.

【化石木の説明】これなんですか? 2014.9.3.

写真撮影:2017.1月21日(土)

2017.1月25日 (HN:アブラコウモリH )

 

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「河州酒造家」の石灯籠―松尾... | トップ | うそかえ祭-道明寺天満宮 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

石川化石木・足跡化石」カテゴリの最新記事