「和歌山 見張り番」小早川正和「市議住所連絡先不記載⇒三年以上経過後も「各会派決定」と「御仕事拒否」⇔提訴後⇒掲示感謝!

ポスター撤去⇒1627票投票感謝!選挙意義⇒【憲法⇒国民主権】だが⇒【役人主権】⇔「市民主権=最終決定権=人事権=市長」

なお、課税売上高に代えて、★給与等支払額の合計額により判定することも★できます。

2012年08月15日 | 消費税増13兆円分⇒無駄遣公務員給与罰へ
【国税庁】ホーム>税について調べる>タックスアンサー>消費税>

中小事業者に対する特例など>No.6501 納税義務の免除 
No.6501 【納税義務の免除】[平成24年4月1日現在法令等]

1 納税義務の免除
 消費税では、その課税期間の基準期間における課税売上高が★1千万円以下の事業者は、納税の義務が免除されます(注)。
 この納税の義務が免除される事業者(以下「免税事業者」といいます。)となるか否かを判定する基準期間における課税売上高とは、個人事業者の場合は原則として前々年の課税売上高のことをいい、法人の場合は原則として前々事業年度の課税売上高のことをいいます。なお、基準期間が1年でない法人の場合は、原則として、1年相当に換算した金額により判定することとされています。具体的には、基準期間中の課税売上高を、基準期間に含まれる事業年度の月数で割った額に12を掛けて計算した金額により判定します。
 課税売上高は、輸出などの免税取引を含め、返品、値引き、割戻しをした対価の返還等の金額を差し引いた額(税抜き)です。
 なお、基準期間において免税事業者であった場合には、その基準期間中の課税売上高には、消費税が含まれていませんから、基準期間の課税売上高を計算するときには税抜きの処理は行いません。
 新たに設立された法人については、設立1期目及び2期目の基準期間はありませんので、原則として納税義務が免除されます。
 しかし、基準期間のない事業年度であってもその事業年度の開始の日における資本金の額又は出資の金額が、1千万円以上である場合は、納税義務は免除されません。
 詳細については基準期間がない法人の納税義務の特例を参照してください。

(注)★平成25年1月1日以後に開始する年又は事業年度については、基準期間の課税売上高が1,000万円以下であっても特定期間(※)の課税売上高が1,000万円を超えた場合、当課税期間から課税事業者となります。

なお、課税売上高に代えて、★給与等支払額の合計額により判定することも★できます。

※ 特定期間とは、個人事業者の場合は、その年の前年の1月1日から6月30日までの期間をいい、法人の場合は、原則として、その事業年度の前事業年度開始の日以後6ヶ月の期間をいいます。
詳しくは、パンフレット「消費税法改正のお知らせ」(平成23年9月)をご参照ください。

ジャンル:
びっくり
キーワード
個人事業者 納税の義務
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 「安全配慮義務違反⇒告訴告発希... | トップ | 【刑法172条 虚偽告訴等・第1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL