自衛隊≒皇軍明記≒「上官の命令は天皇陛下の御命令」≒米軍地位協定同様≒自民改悪憲法案9条3項⇒「警職法裁判 ⇔軍法会議」

「あなたの¥こずかいなんぼ?⇒年金減りますよ200兆円⇒横取法⇒消費税未施行平成24年8月22日法律68号⇒国土強靭化へ

“ミサイル発射”行政無線誤報宮城 大崎:公務員管理責任上司問われる業務ミス⇒軽い処分⇔痴漢飲酒懲戒免職

2017年04月19日 | 尊敬される御先祖様と成るの
:5分後⇒テストモードから ⇔通常モードに⇒【自動★回復機能★習熟無!】宮城県大崎市事前音声テスト!

:【要請!】「“人為ミス対応ソフト作成時プログラマー人間⇒ヒューマンエラーの先の先を読んだ対応作成希求!”!」


【しゅうじゅく・習熟】《名・ス自》ある物事に慣れて十分に会得(えとく)すること。 「英語に―する」

:(公務員無責任★3年毎に転勤⇒練磨無!) ⇔機械⇒IT人工頭脳普及待ち!トホホ!

:【ヒューマンエラー⇒大発明の母 ⇔フクシマメルトダウン元凶】(冷却装置停止⇒★少量蒸気見出を冷却装置稼働(大量蒸気が本来の作動状況⇒不知⇒誤認(40年間訓練無)

:電話⇒受話器★重ねて音響カプラ接続⇒初期パソコン環境⇒一般人には難解⇒今やカーソル⇒タッチパネル⇒音声入力⇒愚者でさえ曲りなりに使える時代感謝!

音響カプラの通信速度は5Kbps程度。昨今のブロードバンドは1秒に100MBなので、約20,000倍速くなった計算だ。


:100億円以上施設建設目的達成!青果⇒台無し=浪費許し「“処罰無き政治行政にお仕置きを”!」国会議員も同様⇒役立たず!投票選挙民⇒増税負担⇒看過放置!

◆【J-ALERT Jアラート:ジェイアラート】全国瞬時警報システム - Wikipedia  https://ja.wikipedia.org/wiki/全国瞬時警報システム
全国瞬時警報システム(ぜんこくしゅんじけいほうシステム
「SPEEDI」は避難判断に使わない方針を決定 原子力規制委員会「国際的な考えにのっとった」 The Huffington Post
投稿日: 2014年10月09日 13時09分 JST 更新: 2014年10月09日 13時19分 JST SPEEDI

 原子力規制委員会は10月8日、原発事故などの際に放射性物質がどのように拡散するかを予測していた「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI:スピーディ)」について、住民避難などの判断には使わないとする運用方針を決定した。福島第一原発の事故の経験から、SPEEDIの予測データでは「不確かな要素が排除できない」と判断。緊急時などの避難の★判断に使うと、★逆に被ばくのリスクを高めかねないとしている。NHKなどが報じた。


:パイロット⇒着陸⤵降下作業⇒失速⤴⤵墜落!ヒューマンエラー!

失敗事例 > 名古屋空港で中華航空140便エアバスA300-600Rが着陸に ...
www.sozogaku.com/fkd/cf/CA0000621.html

◆中華航空140便墜落事故 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/中華航空140便墜落事故

:【反発】コンピューター【ゴー・アラウンド(着陸やりなおし GA)モード】に入り水平飛行に入った。機長は、副操縦士に3回警告したが、ゴー・アラウンド・モードを解除できぬまま着陸の操作を★続けた。

◆コンピュータ・クライシス - So-net
www005.upp.so-net.ne.jp/yoshida_n/L5_04.htm
ここでは、その代表的な事例として、中華航空機の墜落事故を取り上げたい。 ... 手動操縦で名古屋空港への進行は当初は順調に行われていたが、高度300mを切ったところで、副操縦士が、着陸やり直し(★ゴーアラウンド)モードに切り替えるゴーレバーを★誤って ...


:和歌山県庁防災課職員⇒5分後大津波襲来予測⇒串本県民の危機思い遣りイメージ無!?地震体感無き⇒翌年潮位データ★未入力⇒誤報津波警報!

:2016年正月⇒津波襲来★二度誤報(★40分間和歌山気象台との電話連絡不通)1時間後訂正!
:2016年3月~誤報に関する情報公開多数開示請求 ⇔「文書存在明細無」⇒「該当書類不作成」等職員対応実態不明のまま!

:仁坂和歌山知事の処分決定権=治政⇒和歌山県職員に弱腰 ⇔民間企業には「秋霜烈日」苛烈マスコミコメント連発「切腹」等!処罰(疑惑?:菓子折り要求!?)疑惑:選挙対応!?(職員組合抱き込み意図!?)

:⇒何が情報公開? ⇔黒塗り以前の⇒究極隠ぺい工作=県民人名軽るんじる(ボーナス影響無)⇒【訓告】処罰⇒憲法は権力者を取り締まる法!=「#納税家畜奴隷選挙民」に対する人権侵害!

【戒告と訓告】戒告は地方公務員法上、免職、停職、減給に次ぐ懲戒★処分の一つ。 ⇔★訓告は、★内規で定めた処分で懲戒では★ない。:カモフラージュ・誤魔化しボーナス安泰!


◆エリアメールの誤報配信に係る職員の処分について - わかやま県政ニュース wave.pref.wakayama.lg.jp/news/kensei/shiryo.php?sid=22445
津波情報の緊急速報メール、エリアメールの誤報配信に関して、以下の職員を訓告処分としましたので公表します。 ... ★訓告 ○事実の概要平成28年1月1日午後★2時08分及び★3時01分に和歌山県津波予測システムを通じて、和歌山県全域に津波からの避難を ...



◆“ミサイル発射” 行政無線で★誤報流れる 宮城 大崎 4月19日 12時34分
19日午前、宮城県大崎市で、ミサイルが着弾する可能性があるとして、警戒を呼びかける誤った内容の放送が防災行政無線で流れました。職員が、★事前に音声を確認しようとしたところ、誤って放送してしまったということで、市はおよそ★6分後に訂正の放送を行いました。
大崎市によりますと、19日午前8時半ごろ、市内全域の防災行政無線のスピーカーから、「ミサイル発射情報。当地域に着弾する可能性があります。屋内に避難し、テレビ、ラジオをつけてください」という誤った内容の放送が流れました。放送直後に市の職員が誤りに気付き、およそ6分後に訂正の放送を行いました。

大崎市は、北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返していることを受けて、19日朝、職員が、事前に録音されていた「ミサイル発射情報」の音声を確認しようとしたところ、誤って放送してしまったということです。

この放送を受けて市役所には、午前10時半までに住民から★550件余りの★問い合わせが寄せられたということです。大崎市防災安全課は「市民に不安を与え、ご迷惑をおかけしたことを深くおわびします。今後、チェック体制を強化し、再発防止に努めます」と話しています。
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中川俊直経産政務官辞任(父... | トップ | omoi51to49hitotuomoi独裁効... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL