自衛隊≒皇軍明記≒「上官の命令は天皇陛下の御命令」≒米軍地位協定同様≒自民改悪憲法案9条3項⇒「警職法裁判 ⇔軍法会議」

「あなたの¥こずかいなんぼ?⇒年金減りますよ200兆円⇒横取法⇒消費税未施行平成24年8月22日法律68号⇒国土強靭化へ

なう!ザ!世界仰天ニュースエンザイオトシメ454日間村木 厚子企画課長厚労省官僚 ⇔私は福田恭弘刑事迫り来て額コンクリート床へ

2017年04月04日 | 尊敬される御先祖様と成るの
:【裁判官=お役人様⇒検事も=お役人様⇒【スルー・不作為=三権分立】憲法違反!

:「カンジンカナメ・肝心要の話ハショ・端折る!」お気楽キャラ鶴瓶のカラ・絡み多数時間浪費!

:虚偽告訴官憲側⇒松本麗検事と真逆⇒尊い!マレ・稀な行動!熱烈感激!(背筋がぞくぞく興奮)=尊敬する!【★塚部貴子検事】の「職をト★賭した★正義感」=内部告発者無ければ⇒上司関係した起訴事件⇒エン・冤罪晴らせると思いますか!?

:取調映像無 ⇔録音だけでは私が貶められた手法で⇒警察官の転び公務執行妨害罪⇒自作自演可能!治外法権虚偽万円⇒やりたい放題!

:私の様に死を予見させられて(暴行⇒示唆⇒制圧死予見⇒止む得ず=緊急避難⇒虚偽告訴サイン ⇔奈良不正診療として取り調べ中死亡(ひざ赤色内出血)警察発表「死亡した容疑者の医師が好んだ座り方」と説明! 

:実例:::時代は前後するが多々有る事と予見!

◆勾留中の男性医師死亡、法医が刑事告発したわけ|医療維新 - m3.comの ... https://www.m3.com › 医療維新 › レポート2016/11/21 -

こう批判するのは、★岩手医科大学法医学講座★教授の出羽厚二氏だ。その矛先は、★山本病院(奈良県)の男性医師(当時54歳)が、肝臓腫瘍切除術に伴う医療事故で、業務上過失致死罪容疑で2010年2月6日に逮捕され、19日目の2月25日に ...


新潟大が今月5日に「多発外傷性ショック死」と鑑定。同大大学院の出羽厚二★准教授(法医学)が「愛知県警の検視官が傷を見ればすぐに分かるはず」と県警の初動捜査にミスがあると批判をした。2007年10月15日


:エンザイオトシ・冤罪貶められた⇒実体験者感じる!大阪地検地下豚箱ペンキ塗り縦空気悪く頭痛眩暈発症!⇒大阪拘置所まで55日後保釈(洋服屋を⇒駐車場経営と恣意的⇒虚偽有印公文書作成⇒保釈妨害⇒違法検察!

◆時津風部屋力士暴行死事件 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/時津風部屋力士暴行死事件
時津風部屋力士暴行死事件(ときつかぜべやりきし ぼうこうしじけん)とは、2007年6月に大相撲時津風部屋に新弟子として在籍していた序ノ口力士の少年 ... 双津竜)の発言などから新弟子の両親が死因を不審に思い、地元の新潟に遺体を搬送し、同月28日、新潟大学医学部で公費承諾解剖を実施したことから暴行の事実が発覚した。 ... 2007年10月9日、解雇された15代時津風こと山本順一の後継として部屋を継承するために時津海正博が急遽現役を引退して、16代時津風を襲名した。


■ 塚部貴子 ベトナム司法省,首相府,最高人民検察院,最高人民裁判所(ハノイ市)派遣(法務総合研究所教官)

◆引用:::2011年3月24日 (木)http://nozawa22.cocolog-nifty.com/nozawa22/2011/03/post-3192.html

大坪特捜部長 前田検事 塚部貴子検事

Tumblr_l9gjsulzou1qdyblfo1_400Jj110314x3142 「前田特捜検事が捜査段階で証拠を改ざんしている」と上司大坪部長に訴えていたのが、前田特捜検事の同僚塚部貴子検事。ところが、大坪部長、取り上げるはずはなかった。塚部貴子検事は再三追及し、沙汰がないなら「★検事の職を辞めても訴える」と腹を括って詰め寄っていた。マスコミにリークして、世間が注目した。引いては大坪特捜部長の逮捕へと発展した。塚部貴子検事:41歳


◆ザ!世界仰天ニュース|日本テレビ www.ntv.co.jp/gyoten/

:21時46分~無罪請負人⇒弘中惇一郎弁護士雇える官僚!羨ましい!

:虚偽告訴され⇒取り調べ室で福田恭弘刑事迫りくる(机に腰ひもで括り付けられていて立ち上れない状況で)

:福田恭弘刑事様⇒行き成り⇒「“さがれ下がれお前頭突きするのか”」と(不可能)迫り来る!

コンクリート床に7回オデコを打ち付け強要証拠を残した!

 

村木 厚子(むらき あつこ、1955年12月28日 - )生誕1955年12月28日(61歳)日本の旗 日本 高知県
出身校 高知大学文理学部経済学科卒業
配偶者 村木太郎

子供 2女は[1]、日本の労働官僚。旧姓西村(にしむら)。厚生労働省4人目の女性局長として、2008年に雇用均等・児童家庭局長を務めた後、内閣府政策統括官(共生社会政策担当)、厚生労働省社会・援護局長を歴任し、2013年7月から2015年9月まで厚生労働事務次官を務めた。2016年から伊藤忠商事取締役及び大阪大学男女協働推進センター招へい教授。
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教育勅語活用「懸念ない」=... | トップ | 自主避難「本人責任」復興相... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL