年金200兆円⇒防災土建費へ「国土強靭化」横盗合法可済安倍告訴済未施行消費税平成24年8月22日法律68号附則18条2項

無条件降伏!謝罪総括無!従二位東條英機大将開戦サイン⇒日本国死刑不認不罰!位階令7条・12条!勲章褫奪令!懲戒免職希求!

「もうあかん」閉店セール20年 大阪の名物オットー靴店、ついにのれん下ろす!私シューフィッター視察済

2016年01月25日 | どうよ!?
:シューフィッターの私⇒一度視察訪問済!ユニークな「コマーシャルコメント」掲示するだけに⇒何所にも在る品揃えではなかった!

:数少ない男性物靴店⇒お洒落な靴!身長高くする【シークレットブーツタイプ】品揃えと感じた!オ・惜しい!残念!⇒お疲れ様でした!

「もうあかん」閉店セール20年 大阪の名物靴店、ついにのれん下ろす (1/3) 2016年01月25日 09時02分 更新

「もうあかん やめます!」――そんな垂れ幕を20年以上掲げて営業を続けてきた西天満の靴店「靴のオットー」が本当に閉店する。

[産経新聞]
産経新聞

 「もうあかん やめます!」。そんな垂れ幕を20年以上掲げて営業を続けてきた大阪市北区西天満の靴店「靴のオットー」が2月20日、本当に閉店する。「大阪一安いとうわさの靴店」などユニークなキャッチコピーとともに約40年間走り続けてきたが、店主の竹部浅夫さん(74)が体調を崩し、店頭に立ち続けることが難しくなった。大阪・西天満交差点の角で、不況の荒波にも負けずしぶとく経営を続けてきた小さな名物店がついに姿を消す。

画像「大阪一安いと うわさの靴店」がキャッチフレーズだった「靴のオットー」=23日午後、大阪市北区
画像

 竹部さんは兵庫県尼崎市出身。靴小売店で勤務後、昭和52年に独立した。商店街ではなくあえてビジネス街の西天満で同店を開いたのは、他店との差別化を図るためだった。

 床面積30平方メートル足らずの小さな店だが、ドイツの通販会社「オットー」の創業者が靴職人だったことにあやかり、「オットーのような大きな店になりたい」(竹部さん)との願いを込めて店名をつけた。

 開店時から、当時としては珍しいディスカウント方式で店を展開。男性用ビジネスシューズを中心に、卸売業者から売れ残った商品を買い取り、格安で販売した。靴底の厚みで身長が高く見えるシークレットシューズも人気商品になった。1日に100人が訪れることもあった。

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大相撲初場所 大関・琴奨菊が初... | トップ | 私経験者:不出廷⇒「表現の自由... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL