↑消費税20%?安倍自民軍拡⇒「#あなたのこずかいなんぼ?⇒消費税未施行法律68号⇒年金⇒国土強靭化195兆円⇒5兆学費

軍拡≒増税自民憲法案9条3項⇒米軍地位協定同様「警職法裁判 ⇔軍法会議」日陰自衛隊⇒皇軍明記≒「上官命令≒天皇陛下命令」

可決!年金改正法!給与減=年金減 政府自民党信じて⇒「年金受給⇒先送り受給選択すれば⇒増額!」差引き?

2016年12月13日 | 尊敬される御先祖様と成るの
:平和の党⇒信じる者は騙され損害証明! ⇔ダマ・騙す側は利得得られる!二重構造!?

:政府自民党を信じて⇒「年金受給⇒先★送り遅らせ遅く受給選択すれば⇒増額!」?

: ⇔減額される⇒「先★取り年金受給」差し引き⇒選択は正しかったのか!?総括希求!

:消費8%⇒10%実施同時に⇒200兆円/10年間⇒二階俊博自民党幹事長御提唱土建工事!【国土強靭化】に国会議員寄ってたかって横盗り!

:マスコミ信頼するアナタ・貴方の呼称は⇒「間抜け納税家畜選挙民」⇔立派なご先祖様とは呼ばれ無い!無責任認知症!? 

:選挙投票ボイコットすれば自民党に賛成投票同様と⇒わかんねえ「ナマケ・怠け者」納税家畜選挙民!

◆大規模災害への戦略的対応を推進 | コラム | 自民党の活動 | 自由民主党
https://www.jimin.jp/activity/colum/117116.html
党国土強靱化総合調査会(会長★二階俊博衆院議員)は5月23日、東日本大震災などを踏まえ災害に強い国土づくりを目指す「国土 ... 同調査会は今年4月、今後★10年間で総額★200兆円規模のインフラ投資が必要だとの★提言を発表し、同法案ではそのための ...

◆全文表示 | 「豊島区消滅する説」に区や区民が激怒 人口も増え、人気は ...
www.j-cast.com/2014/05/09204321.html?p=all
2014/05/09 - 増田寛也元総務大臣を座長とする有識者会議の発表で、少子高齢化に有効な手を打たなければ自治体が立ちつか ... 危機が迫る「消滅可能性都市」を発表した。子供を産む大多数を占める20歳から39歳の女性人口に着眼し、2010年から2040年の30年間で女性人口が半分になる「消滅可能性都市」は全国で896自治体。このうち40年の人口が1万人を割る523自治体を「消滅の可能性が高い」と位置付けた。また、秋田、山形、岩手、青森、島根の5県は市町村の8割以上が消滅すると予想した。

そうした中で、東京23区で唯一「消滅の可能性」を指摘されたのが豊島区だった。


■消費税法 一部未施行  http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S63/S63HO108.html

(最終改正までの未施行法令)
平成二十四年八月二十二日法律第★六十八号 (一部未施行)

 附則=(:★建前では無く ⇔真のお役人様の★本音 ⇒消費税10%⇒実施後200兆円横盗り!)


◆引用:::厚生年金の世代別損得計算 2012.02.29 Wednesday - 00:06 - - - - by humidroom
NEC_3453.jpg

(消費税率の引上げに当たっての措置)
第★十八条  消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを条件として実施するため、物価が持続的に下落する状況からの脱却及び経済の活性化に向けて、平成二十三年度から平成三十二年度までの平均において名目の経済成長率で三パーセント程度かつ実質の経済成長率で二パーセント程度を目指した望ましい経済成長の在り方に早期に近づけるための総合的な施策の実施その他の必要な措置を講ずる。
2★  税制の抜本的な改革の実施等により、財政による機動的対応が可能となる中で、我が国経済の需要と供給の状況、消費税率の引上げによる経済への影響等を踏まえ、成長戦略並びに事前防災及び★減災等に資する分野に資金を★重点的に配分することなど、我が国★経済の成長等に向けた施策を検討する。


◆ 引用:::http://humidroom.jugem.jp/?eid=17

テレビの番組で放送されていた厚生年金の世代別損得計算の表、
40年間厚生年金を払い続け、その後、平均寿命まで年金を受け取った場合の損得計算。

年金は、払った分以上に戻ってくるので、損はしないと聞かされてきたのだが、どうやら違うようだ。もと、厚生大臣が発表していたので間違えはないだろう。

もちろん、過去の物価の上昇や、サラリーマンは気にしない会社負担分なども関係しているのですが、実質的な計算であることは確か。

このまま、今の制度が維持された場合、世代間でこれだけ大きな格差が生じるとは・・・

1940年代生まれの世代など、今の高齢者の世代は、ある意味、年金の貰い逃げ状態になるだろう。1960年生まれ以降の世代はマイナスだ。1990年代生まれ以降はなんて家が一軒建つほどのマイナスだ。

30年くらい前は、年寄りは息子や娘にお小遣いをもらって細々と生活していた印象があるが、最近の年寄りは、広い家に住み、頻繁に海外旅行へ行ったり、高い外食をしたり、高い食材も平気で買っている人が多い。もちろん、全てではないが多いのは確かだろう。

ファミレスに2世代・3世代で来ている家族を観察すると、会計で支払うのは大半がその中の年寄りだ。30年くらい前では考えられないことだろう。

年寄りの年金を減らせ、などということは不道徳とか、配慮が足りないなどと思われがちだが、厚生年金の損得計算で世代間でこれだけ差があるのに、黙っている方が純情じゃない。世代間で痛みを分かち合うのは当然だ。

全ての年寄りの年金を減らせとは言わないが、金を持っている年寄り、金銭的に余裕のある年寄りの年金どんどん減らして、この世代間の格差を減すべきだろう。
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  送信完了しました自由民主党... | トップ | 法専門家指摘無!30条納税義... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

尊敬される御先祖様と成るの」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL