日陰自衛隊⇒皇軍明記「上官命令≒天皇陛下命令」軍機密⇒増税自民憲法案9条3⇒米軍地位協定同様「軍法会議 ⇔警職法裁判」

↑消費税20%?安倍自民軍拡⇒「#あなたのこずかいなんぼ?⇒消費税未施行法律68号⇒年金⇒国土強靭化198兆円⇒2兆学費

大統領選得票率47.7%!クリントン5933万票⇔トランプ5916万票トランプ氏を0.2ポイント上回

2016年11月12日 | 尊敬される御先祖様と成るの
:今日の時点で最高にアコガ・憧れる偉人高橋是氏 “昇龍・鯉”「清七転び八起き!」日露戦争戦費国債販売⇒英国・米国ユダヤ人へ成功!勝敗停戦★仲介審判国 

:⇔太平洋戦争⇒停戦★仲介要請国ソヴィエト連邦に攻め込まれる日本国高旧軍人連中!

お間抜け無条件降伏⇒ホヒツ・輔弼責任処罰★未決囚 ⇒小野寺マコト信大佐発:「開戦不可」電報★無にした!

:過半数【おもい51と49ひとつおもい】⇒EU離脱が★51.9%、残留が★48.1%という僅差!

:アメリカ大統領選挙結果!内戦勃発発生無いのが文明国証明!狩猟採集⇒農耕⇒発明・発見・開発⇒豊かな生活恩恵感謝!

:「駆けつけ警護」「“自衛隊海外派兵戻せ!”」平和維持達成!PKO平和維持軍⇒★犬死!無駄骨!【今や現実に核兵器行使すれば★一瞬に「喧嘩★両成敗可能!」

:これ程の荒療治せねば海外派兵自衛隊員の血★命が無駄に(負傷寝たきり介護費用1億円)浪費された後何が残るのか!


:【足るを知る者は富む】⇔【共食い=畜生世界】超大国二枚舌屁理屈付けて侵略戦闘正当化!

◆政治・経済 イギリスはどこへ向かうのか ★EU離脱を覆す「まさかの再国民投票」の現実味
今は英国の事業を拙速に動かしてはならない 関田 真也 :東洋経済オンライン編集部 2016年06月30日

キャメロン首相が申請を行わないまま辞任、その後、次の首相が国民再投票を行う、という流れが現実的かもしれない(ロイター/Phil Noble))
6月23日に欧州連合(EU)からの離脱の是非を問う国民投票が行われたイギリスで、予想外の結果に混乱が続いている。★離脱が51.9%、残留が48.1%という僅差の結果だったが、議会のウェブサイトには、国民投票のやり直しを求める署名が殺到。その数は6月29日時点で350万人以上に急増している。

議会は10万人を超える署名を集めた請願については議論を検討しなければならないとされているが、法的拘束力はない。キャメロン首相も、2度目の国民投票はないことを明言し、「決定を受け入れるべき」と述べている。

国民投票の方が現実的かもしれない


この緊急特集の一覧はこちら
ところが、国民投票の結果とは異なり、議会(下院)では実に3分の2が残留派といわれている。今のイギリスにおいて、「国民投票による民主主義」は、「議会制民主主義」とねじれ状態になっているのだ。ベーカー&マッケンジー法律事務所の乗越秀夫外国法事務弁護士は、個人的な見解と断りつつ、「夏から秋にかけて、もう一度政治的な意思決定の機会を作らなければ、収拾がつかないだろう」と語る。

もし、もう一度民意を問うとすると、選択肢は、下院を解散して総選挙をするか、あるいはまさかの「国民投票やり直し」だ。乗越弁護士は「再度の国民投票の方が、現実的かもしれない」と指摘する。  

→次ページ現時点では、主導権はイギリスにある 1 2 3 → 




◆仕組まれた9・11 【6】イラン革命と湾岸戦争 - 田中宇の国際ニュース解説
https://tanakanews.com/s911_06.htm
湾岸戦争のもととなったのは、1990年のイラクのクウェート侵攻だが、これも一般に報じられている筋書きとは別の現実があった。イラク軍が突然クウェートに侵攻し、イラクの侵略行為を許さないアメリカがクウェートの依頼を受けて反撃した、というのが湾岸戦争 ...


◆高橋是清内閣(たかはしこれきよないかく)とは - コトバンク
https://kotobank.jp/word/高橋是清内閣-849609
1921年11月13日―1922年6月11日。原敬暗殺後,高橋是清が★首相兼蔵相に,他の前閣僚が留任して成立。前年からの経済界不況のため積極方針を修正,★軍縮(ワシントン体制)・緊縮政策をとった。→関連 ...

◆得票数・率ではクリントン氏が僅差で上回る CNN報道 :日本経済新聞
www.nikkei.com › 速報 › 国際
2 日前 - 米大統領選はドナルド・トランプ氏が勝利したが、得票数ではヒラリー・クリントン氏が僅差で上回っている。米CNNテレビによると、日本時間10日午前0時30分時点での得票数は


◆クリントン氏の59★33万票に対し、トランプ氏は★59★16万票。

得票率も★47.7%とトランプ氏を★0.2ポイント上回る。

 にもかかわらず、トランプ氏が接戦を制したのは米国独特の「★選挙人制度」が背景にある。各州に割り当てられた選挙人を選び、その選挙人が大統領を決める仕組みだ。大半の州は★1票でも多く得票した候補がその州の選挙人を★全て獲得する「勝者★総取り方式」を採用するため、選挙人の獲得ではトランプ氏が【2★89人】とクリントン氏の【2★18人】を大きく上回っている。

 2000年の大統領選でも、得票数で上回った★ゴア氏(民主党)に対し、大票田フロリダ州で★537票差で選挙人を総取りしたブッシュ氏(共和党)が当選した。

:ゴア大統領だったらイラク戦争・・・ - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/イラク戦争

イラク戦争(イラクせんそう)は、アメリカ合衆国が主体となり20★03年3月20日から、イギリス、オーストラリアと、工兵部隊を派遣したポーランド等が加わる有志連合によって、イラク武装解除問題の進展義務違反を理由とする『イラクの自由作戦』の名の下に、 ...

:朝鮮戦争⇒ヴェトナム戦争⇒アフガン⇒湾岸・イラク戦争・爆弾テロ世界拡散⇒最終ルール⇒地球中心へ向けて⇒水爆発射全人類地球も爆破⇒消滅!させると叱り付けても馬鹿は死んでも判かんね~だろうな!トホホ!
『和歌山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 和歌山県庁なら戒告では無く⇔... | トップ | DNA鑑定証拠王座崩壊=【裁判... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

尊敬される御先祖様と成るの」カテゴリの最新記事