消費税⇒十年間で二百兆円「国土強靭化へ」横盗!合法化済安倍告訴済消費税未施行平成24年8月22日法律68号附則18条2項

従二位金鵄勲章東條英機大将開戦輔弼責任⇒「国際死刑評決⇔判決不認日本政府」位階令7条・12条!勲章褫奪令!懲戒免職希求!

成立!【テロ等準備罪】⇔維新IRバーター交換!?時代逆戻り北同様時代へ ⇔信じる者は詐欺被害認め無い!

2017年05月19日 | 尊敬される御先祖様と成るの
:成立!【テロ等準備罪】⇔時代逆行!(Uターン禁止違反!)戦前財閥・軍閥・官憲支配する北同様時代へ ⇔信じる者は詐欺被害認め無い!?

:取調室完全可視化担保されたとは思料不可!(奈良県桜井署取調室での医師殺人!?ひざ下赤黒打ち身⇒そういう座り方好みと発表)

■ 司法取引 - Wikipedia  https://ja.wikipedia.org/wiki/司法取引
司法取引(しほうとりひき)とは、司法制度の一つ。★2014年6月30日に法制審議会における新時代の刑事司法制度特別部会の最終案では、検察官が刑事責任を★軽くする又は追求★しない ... ★取引を経た証人は虚偽供述罪を問われるのを避けるために他人の刑事裁判に出廷しても虚偽を貫こうとする動機が働くために冤罪の★温床に ...

【日本国憲法第九十七条】法令データ提供システム。
この憲法が日本国民に保障する★基本的人権は、人類の★多年にわたる自由★獲得の努力の★成果であつて、これらの権利は、過去幾多の★試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、★侵すことのできない★永久の権利として信託されたものである。

:私は◎97条残す側!【日本国憲法97条】世界的観点から作成された人類庶民生活の苦悩⇒進化カイゼン結果⇒尊さが表現去れて有難い憲法と感じる!私好み!

:権利与えられた「棚ボタ権利」と感じる不好!
【日本国憲法 第十一条】
国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

◎:【11条と12条⇒一括】記載すべき!
【日本国憲法 第十二条】
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の★不断の努力によって、これを★保持しなければならない。又、★国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に★公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

◆:私のオトシ・貶められ被害実体験:冤罪備忘録:::2002年5月大阪府警南署取調室

:福田恭弘刑事:行き成り⇒「“さがれ・下がれお前頭突きするのか”」と迫り来る!⇒結果「“どっぷり首まで漬けたるからな”」と言われ⇒虚偽調書サイン強要され=生還!トホホ!

 ⇔一瞬!頭の中真っ白=思考停止⇒理由(取り調べ室⇒手錠は外されていたが ⇔腰ひもで⇒机にくくり付けられ⇒★物理的に⇒起立★不可能状態)!

:制圧死予見⇒咄嗟に「強要」証拠残す為!⇒土下座⇒オデコ・額⇒コンクリート床に7回激突★体に不審死★体証拠残す)=2日間オデコ★たんこぶ湿布薬★処方される⇒私選弁護士あべの律事務所カマタ・蒲田豊彦私選弁護士⇒取り合わず⇒控訴審も不受!

:3年以上経過⇒★本人訴訟民事訴訟時点⇒御詫び状★不提出と高橋法律事務所から判明

:(蒲田豊彦弁護士提出「握り潰し」認める!:「“ステップに立腹したから”と説明(電話録音済証拠存在)  

:結果大阪高裁浜井一夫裁判長判決「“反省無い”」懲役1年2ケ月執行猶予3年冤罪判決⇒最高裁⇒棄却!トホホ!

◆警察署で勾留中の医師死亡、遺族が敗訴 奈良地裁判決 - 産経WEST
www.sankei.com/west/news/161227/wst1612270081-n1.html
2016/12/27 - 奈良県警桜井署で平成22年2月、勾留中の男性医師=当時(54)=が死亡したのは、署員らが適切な措置を怠ったためだとして、遺族が県に約9700万円 ... 遺族側は「取り調べ中に警官から暴行を受けたことによる多臓器不全で死亡した。



◆【テロ等準備罪】2017.5.12 00:32

自民、公明、維新が法案修正で合意 与党「可視化」受け入れ 与党は18日の衆院通過をめざす

 自民、公明両党と日本維新の会の各国対委員長は11日、国会内で会談し、共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の修正案で合意した。維新が求めた「取り調べ可視化」の担保など3項目を与党が受け入れた。各党の党内手続き後に共同提出し、維新は賛成に回る。

 与野党は11日の衆院法務委員会の理事懇談会で12日に審議を再開することで合意。16日に参考人質疑を実施することも決めた。与党は18日の衆院本会議で通過を目指す方針だ。

 修正案は、条文の本則に「自白偏重の捜査が行われる懸念」との文言を盛り込み、「取り調べ、捜査を行うに当たってはその適正の確保に十分に配慮しなければならない」と明記した。

 付則には、取り調べの録音・録画について「可能な限り速やかに検討を加える」と記した。衛星利用測位システム(GPS)を活用した適切な捜査の在り方の検討条項も付則に書き込む。採決時に採択する付帯決議案では「テロ等準備罪については、取り調べの可視化をできる限り行う」との文言を軸に調整している。

 与党が本則の修正要求を受け入れるのは珍しく、大幅に譲歩した。維新の遠藤敬国対委員長は会談後の記者会見で「建設的な議論ができた」と強調した。

 一方、民進党などの野党は11日、政府の組織犯罪処罰法改正案に反対の立場から対案として、予備罪の対象を人身売買などにも拡大する組織犯罪処罰法改正案と、ハイジャックなどのテロ防止に向けた空港保安法案を衆院に提出した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サイエンスゼロ!ゲノム編集... | トップ | 未罰【新円切り替え】ハイパ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL