自衛隊≒皇軍明記≒「上官の命令は天皇陛下の御命令」≒米軍地位協定同様≒自民改悪憲法案9条3項⇒「警職法裁判 ⇔軍法会議」

「あなたの¥こずかいなんぼ?⇒年金減りますよ200兆円⇒横取法⇒消費税未施行平成24年8月22日法律68号⇒国土強靭化へ

omoi51to49hitotuomoi独裁効率最初良⇒後最悪横暴⇒歴史証明!トルコ改憲、僅差の承認

2017年04月20日 | 尊敬される御先祖様と成るの
:改憲投票過半数!?【投票⇒たった3人有効投票⇒2人過半数!憲法★改正投票⇒改憲合法★成立!?】(敗戦原因⇒愚か「臣民」=民度 ⇔独裁政治・軍閥・財閥利害関係者「ヤ・遣りたい放題」許した自己責任「自業自得!改善無し!」

:【帝国憲法下】婦人参政権も認め無い女性人権侵害下⇒総選挙⇒選出★帝国国会議員! ⇔敗戦⇒カイゼン★必要⇒【帝国憲法⇒お仕着せ憲法】

: ⇔「民主主義(アメリカ主導社会主義+資本主義=両側⇒良い所取入れ⇒【財閥解体・農地改革・婚姻自由】(米国植民地フィリピ国⇒無!)⇒復興⇒71年間繁栄感謝!」

:安倍自民党総理大臣⇒昼間財界親交ゴルフ(一部利害関係の奉仕者!?)⇒マスコミコマーシャル⇒抑制恫喝告知され⇒報道方針改憲側忖度・オモンパカル・慮り報道!?  


■法【国民投票】有効投票数⇒最低得票率規定!?⇒自民設定反対!?

 最高裁判所裁判官国民審査法 【第三十二条 罷免を可とされた裁判官】

  総数の★百分の一に★達しないとき

罷免を可とする投票の数が罷免を可としない投票の数より多い裁判官は、罷免を可とされたものとする。但し、投票の総数が、公職選挙法第二十二条第一項 又は第二項 の規定による選挙人名簿の登録が行なわれた日のうち審査の日の直前の日現在において第八条 の選挙人名簿に登録されている者の★総数の百分の一に★達しないときは、この限りでない。

■法  第9章 改 正
第96条 この憲法の★改正は、各議院の★総議員の★3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる★投票において、その★過半数の賛成を必要とする。

2 憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

第10章 最高法規
第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
第98条 この憲法は、国の★最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
第99条 ★天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を★尊重し★擁護する★義務を負ふ。
第11章 補 則



◆国民投票:最低投票率が議題に 国会の憲法審査会 - 毎日新聞
mainichi.jp/articles/20161103/k00/00m/010/156000c
2016/11/03 - 国会の憲法審査会で、憲法改正案の賛否を問う国民投票に関して、「最低投票率制度」の導入が議題になる見通しになった。2007年5月の国民投票法成立時に、参院が同制度を検討する付帯決議を行ったが、その後、議論が進んでいなかっ ...


:「光と影 世の中は 違う考えで 成り立ってる」(左翼ばかり ⇔右翼片側ばかりでは⇒一周回って元の位置⇒進化進歩無⇒左・右入れ替え⇒最短直進⇒安寧極楽維持!

あんねい【安寧】社会が穏やかで平和なこと。安泰。 「―秩序を乱す」

賛成が★51.4%とわずかに反対を上回る形で、同国の分断があらわになった。


◆OMOI51TO49HITOTUOMOI 僅か★0.24%ペルー大統領選挙 ケイコ ...
blog.goo.ne.jp/omoi51to49hitotuomoi.../e/0b33d47b937e4af9b046d68c3ab83505 2016/06/11 -

 次期狙える年齢!私はご隠居となってから世の中「このままでは将来後世子孫不幸と看破! ヤフー掲示板 トップ > 地域 > 日本の地方 > 近畿 > 大阪府 > 行政 > 【大阪地方検察庁特捜はナニワ商人の味方】 Yahoo!掲示板トップ > 地域 ...

◆トルコ改憲、僅差の承認であらわになった国家分断 2017年4月19日10時16分(Gulsen Solaker、Daren Butler記者)
 4月17日、トルコで16日実施された大統領に実権を集中する憲法改正の是非を問う国民投票の非公式開票結果によると、賛成が51.4%とわずかに反対を上回る形で、同国の分断があらわになった。写真はエルドアン大統領の支持者ら。イスタンブールで16日撮影(2017年 ロイター/Huseyin Aldemir)
 [アンカラ/イスタンブール 17日 ロイター] - トルコで16日、大統領に実権を集中する憲法改正の是非を問う国民投票が実施された。非公式の開票結果によると、賛成が★51.4%とわずかに反対を上回る形で、同国の分断があらわになった。

 国民投票を受け、トルコは現在の共和国成立後で最大の統治制度改革を行い、首相が廃止されて大統領が行政の長となる。2003年に権力を掌握して以来ずっと本格的な対抗者が存在せず、昨年の軍の一部によるクーデター未遂事件も乗り切ったエルドアン大統領は、2029年もしくはその先まで国家指導者の地位にとどまる可能性がある。

 エルドアン氏はかねてから、軍部が再三にわたって基盤の弱い文民政府から権力を奪取しようと試みてきたトルコの過去数十年にわたる政治的な不安定さに終止符を打つために、改憲が必要だと主張してきた。

 同氏は国民投票後の勝利演説で「わが共和国の歴史上初めて、文民の政策行動を通じて統治制度を変革しようとている」と胸を張った。

 しかし「僅差の勝利」は、それ自体が政治の不安定さを助長しかねない。改憲は保守的な農村部でしっかりと支持されたが、イスタンブールなどの都市部と、クルド系住民が暮らす南東地域は強く反対した。

 こうした状況について有力紙ヒュリエトの政府支持派の論説委員Abdulkadir Selvi氏でさえ、国民投票は十分に意味のある「イエス」という結果を生まなかったと指摘した。

 その他のメディアを見ると、政府寄りのサバーが「国民の革命」と称賛する一方、反政府系のジュムフリエトが「投票に暗い影」との見出しで野党が結果の正当性に異議を唱えている様子を伝えるなど、反応が分かれた。

 選挙管理委員会が16日遅くに示した開票結果では、賛成が反対を125万票上回った。これはエルドアン氏や与党の公正発展党(AKP)が猛烈な選挙戦で目指してきた圧倒的多数の賛成とは言えない。 

 最終結果は12日以内に公表する見通し。ただ最大野党の共和人民党(CHP)は、投票全体の最大60%を再集計するよう求め、選管が土壇場になって、正式なスタンプがない投票も有効とみなすとの決定を不当だとしている。

 統治制度の改革措置はほとんどが、次回総選挙が行われる2019年以降に発効する。エルドアン氏がすぐに選挙を実施して権限を強化できるようにするのではないかとの観測もくすぶっているが、シムシェキ副首相はロイターに対してそうした計画はなく、選挙は19年という予定は変わらないと述べた。

 
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “ミサイル発射”行政無線誤報... | トップ | 危機管理局 危機管理部 総... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL