自衛隊≒皇軍明記≒「上官の命令は天皇陛下の御命令」≒米軍地位協定同様≒自民改悪憲法案9条3項⇒「警職法裁判 ⇔軍法会議」

「あなたの¥こずかいなんぼ?⇒年金減りますよ200兆円⇒横取法⇒消費税未施行平成24年8月22日法律68号⇒国土強靭化へ

憲法記念日特集「施行70年いま憲法を考える」:横暴権力 ⇔ブレーキ【立憲主義】⇔違憲解釈「集団的自衛権 

2017年05月03日 | 尊敬される御先祖様と成るの
:手遅れ!【賢者は予見し ⇔オロ・愚か者は失ってからサト・悟る!】

:【世界唯一の宝の法=日本国憲法】再び暴走後⇒【尊い人柱】(日本人だけでも戦死者310万人)

:大多数無責任な!正直者庶民【納税家畜奴隷選挙民】 ⇔少数狡猾詐欺師【軍閥・財閥・官憲】権利確保状態【大日本帝国憲法】

:実体験:ケウ・稀有「特殊な経験後」⇒権力者(公務員・議員の)横暴に対抗不可実体験!

:安倍晋三自民党が言う「“1週間で作ったお仕着せ憲法”」 ⇔(71年間他国人殺し無し平和)

:【原因】無条件降伏⇒必ず負ける戦争を開戦詔書にサイン!ホヒツ・輔弼責任東条英機職業軍人・岸信介商工大臣(安倍晋三孫爺様関係)

:押し付けられた元凶⇒「軍閥財閥暴走結果」⇒自己批判無!(反省・カイゼン)自民党(強者好む巨人ファン比率!?)

◆真実認め無い=専横=不誠答実弁

:戦闘か、武力衝突か?「稲田防衛相、現地をちゃんと見てください」 - 日刊SPA!  https://nikkan-spa.jp › ニュース 2017/02/11 -
稲田朋美防衛相の、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に関する衆院予算委員会での一連の答弁がさかんに報道 ... 月に「戦闘が生起した」と記載されていた問題で、稲田防衛相は「★法的な意味の『戦闘』ではなく、『武力衝突』だ」と説明し ..:


■日本国憲法第12条 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/日本国憲法第12条 「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。」

■日本国憲法第97条 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/日本国憲法第97条 

この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

:騙しの実例:【江戸行幸】⇒最初第一回目行幸⇒(4か月後)⇒★二回目の行幸⇒★そのまんま騙し続ける⇒大日本国政府!★不都合⇒【遷都宣言】ダンマリ・黙んり=騙し!

◆首都 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/首都
日本の現行憲法下においては「首都」を制定すべき法的★要請はない。また首都を制定する法令もない

◆慶応4年10月13日(1868年11月26日) :明治維新を行った人々は、天皇居住地を京都御所から東京城(直前の江戸城、直後の皇居)へ、時の政府を京都から東京へ移した。これを東京奠都と言う。遷都の検討段階では、大久保利通によって大阪遷都案も出されたものの、これは東京に奠都することを決定したために却下された。しかし、これにより★正式な遷都が行われず★京の名も定められることがなかったため、厳密な定義では★東京行宮となる。明治以後憲法および法においても首府を定めず、戦後の新語首都においてもこれを定めなかったため、現在はあくまでも戦後の慣習と東京都の主張する首都という認識のみが根拠となっている。

■日本の集団的自衛権 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/日本の集団的自衛権
この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や ... 閣議決定によると、日本における★集団的自衛権の行使の要件として、日本に対する武力攻撃、又は日本と密接な関係にある国に対して武力 .... 政府は、昭和47年10月14日第66回参議院決算委員会政府提出資料において「(自衛の)措置は、右の事態を排除するためとられるべき ...

◆トップ > 憲法記念日特集 NHK総合1・和歌山 
 
憲法記念日特集「施行70年いま憲法を考える」 
2017年5月3日(水) 10時05分~11時35分 

5月、施行70年の節目を迎える日本国憲法。国会では憲法審査会を舞台に様々な論点をめぐり議論が続いています。いま憲法とどう向き合うか?与野党の代表が討論します。 

番組内容
5月、施行70年の節目を迎える日本国憲法。国会では衆参両院で与党と憲法改正に前向きな勢力が3分の2の議席を占めていて、憲法審査会を舞台に様々な論点をめぐり議論が続いています。NHK世論調査でいまの憲法を改正する必要があると思うか聞いたところ「必要がある」43%「必要はない」34%「どちらともいえない」17%となり、国民の意見は分かれています。いま憲法とどう向き合うべきか?与野党の代表が討論します。

出演者 保岡興治,武正公一,北側一雄,小池晃,馬場伸幸,森ゆうこ,照屋寛徳,中山恭子,
司会 島田敏男,田中泉 ニュース/報道 - 特集・ドキュメント
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ローマンコンクリート火山灰... | トップ | JA和歌山5月3日「憲法を考... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL