消費税⇒十年間で二百兆円「国土強靭化へ」横盗!合法化済安倍告訴済消費税未施行平成24年8月22日法律68号附則18条2項

従二位金鵄勲章東條英機大将開戦輔弼責任⇒「国際死刑評決⇔判決不認日本政府」位階令7条・12条!勲章褫奪令!懲戒免職希求!

ありえない速さで変わる信号で事故県が賠償:道交法7条無視 ⇔警察官嘘付かんぞ証拠写真不提示サイン強要罪 

2017年04月20日 | 尊敬される御先祖様と成るの
:不提出GPS資料⇒虚偽告訴冤罪貶められ被害!裁判で警察官「視力1.5」 ・「嘘付いた事無い」のみ警察官証言⇒有罪!トホホ!

:西 直哉 国選弁護士「“認めろ”」と真逆裁判方針! ⇔信号無視(Uターン・丁字路)との「証拠写真提示」「警察官殉職予防」⇒「★あるべき社会⇒判例求める」

:裁判方針真逆の為⇒弁護士チェンジ要請=キヒ・忌避⇒裁判官認めず⇒裁判官忌避⇒認められず⇒職権乱用罪告訴⇒不審判請求!棄却!職権乱用罪!

:ストレス・心痛⇒尿路結石(日赤レントゲン提出)激痛⇒裁判欠席⇒拘引トホホ!【憲法30条適正手続き】人権侵害!憲法違憲裁判!横暴独裁国!

:「9千円 違反切符 略式裁判」⇔正式裁判求める⇒「前科と罰金刑1万5千円」⇒最高裁判まで⇒裁判★手数料★8万円請求⇒支払い拒否⇒差し押さえ定期預金 ⇔金利たったの★250円時代 トホホ!

:即「真逆カイゼン」すべき! ⇔企業有利政策⇒【低金利・円安政策】 ⇔庶民生活苦増! ⇔財閥軍閥復活!


◆ ありえない速さで変わる信号で事故、県が賠償|MBS 関西のニュース
www.mbs.jp/news/kansai/20170420/00000022.shtml

おかしな信号で衝突、賠償へ 滋賀県、当事者2人に : 京都新聞
www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20170419000166

 大津市内の交差点で昨年8月、信号の変わる周期が急に速まって交差点内で乗用車同士が衝突し、1人が首に軽傷を負う事故が起きていたことが19日、分かった。滋賀県は信号の不具合が事故の原因と認め、事故の当事者2人に損害賠償金計150万円を支払うための議案を26日開会の県議会4月招集会議に提案する。

 事故があったのは、JR大津駅から琵琶湖方向に向かう市道「中央大通り」と湖岸沿いの県道が交わる島の関西交差点(大津市島の関、同市浜町)。県道に並行して京阪石山坂本線が走っており、信号は市道側にある踏切と連動している。

 県警によると、昨年8月25日午前7時45分ごろ、この交差点に市道から進入した乗用車が、県道を直進する乗用車と衝突した。この事故で、県道側の乗用車の女性が首などに軽傷を負った。

 捜査の結果、目撃情報から、市道側の信号が青から黄、赤へと変わる周期が通常ではあり得ない速さになっていたことが分かった。青で進入した乗用車が交差点を抜ける前に赤に変わったため、県道側から来た車と衝突したとみられるという。

 県警によると、制御機は1995年導入で、更新の目安とされる導入後19年を経過しており、老朽化が原因とみている。県警は事故後の8月30日に信号の制御機の基盤を交換。さらに今年3月には新品と交換した。

 しかしこの交差点では、制御機の交換後も信号が点滅に変わる不具合が相次いでいる。県警は原因を調査中だが、昨年8月の事故とは原因が異なるといい、通行に注意を呼び掛けている。

【 2017年04月19日 23時30分 】
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 危機管理局 危機管理部 総... | トップ | 森友保育士不足対応は?休園... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL