↑消費税20%?安倍自民軍拡⇒「#あなたのこずかいなんぼ?⇒消費税未施行法律68号⇒年金⇒国土強靭化198兆円⇒2兆学費

日陰自衛隊⇒皇軍明記≒「上官命令≒天皇陛下命令」軍拡≒増税自民憲法案9条3項⇒米軍地位協定同様「警職法裁判 ⇔軍法会議」

「税≒保険」自民「こども保険」再詐欺=偽装呼称?=「消費税8%⇒年金⇒10%⇒国土強靭化⇒土建工事」

2017年03月30日 | 尊敬される御先祖様と成るの
:コーション!デンジャー!消費税同様!再詐欺被害!「1兆7千億円徴収⇒負担増!」

:「小さく産んで ⇔大きく育てる」国会議員多数寄って集って負担増合法化予見!

:実例:消費税同様!「詐欺安心させて⇒2度目を注視・検証すべし!」

:明治政府⇒【東京遷都=天皇行幸≒★遷都宣言無!】

:江戸⇒東京行幸⇒1度目は京都へ御帰都! ⇔2度目★行幸⇒京都から⇒江戸へ★行ったきり⇒そのまんま!

:正式⇒「遷都宣言無」⇒【東京都≒非正規首都】どうよ!?

:「大阪遷都宣言】⇒正当性担保!⇒誇れる!

:納税家畜奴隷選挙民!ダマ・騙されてダマ・黙って済ませる事ナカ・勿れ主義

:「孫子の世代⇒住み良い社会に改善無き⇒ナマ・怠け者尊敬され無いご先祖様」

:「“政治家はダマ・騙すのが仕事”」上坂和央和歌山地裁検事「不受理⇒理由」告発時点での雑談!

:告訴不受理!安倍晋三総理大臣を【刑法247条背任罪】「消費税⇒あなたの年金⇒土建工事へ⇒国会議員寄って集って⇒土建工事へ横盗り★合法可決」

:検察審査会も「取扱え無い!」⇒【不受理】違法処理!

:「不受理」刑事訴訟法第241条・憲法31条適正手続き ⇔違憲!トホホ!

【ヨッテタカッテ 寄って集って】大勢が寄り★集まって。みんなで。「寄って集っていじめる」


■【刑事訴訟法 第241条】(告訴・告発の方式)

■1、告訴又は告発は、書面又は口頭で検察官又は司法警察員にこれをしなければならない。
■2、★検察官又は司法警察員は、口頭による告訴又は告発を受けたときは調書を作らなければ★ならない。


◆ 自民の「こども保険」構想 早期実現へ働きかけ 3月29日 17時54分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170329/k10010929361000.html

子育て世帯を支援するため、今の公的年金の仕組みのように働く人や企業から保険料を徴収して児童手当などとして給付し、保育や幼児教育の負担を減らす新たな社会保険制度の構想を自民党の小委員会がまとめ、早期実現を目指して政府・与党内での働きかけを進めていくことになりました。
「こども保険」というこの構想は、少子化対策として、「公的年金」や「介護保険」の仕組みのように保険料を徴収して社会全体で子育て世代を支援する新たな保険制度を作ろうというもので、29日開かれた自民党の若手議員を中心とする小委員会の会合がまとめました。

それによりますと今の厚生年金や国民年金の保険料に上乗せする形で、働く人や企業などから幅広く徴収します。徴収した保険料は小学校入学前の子どもがいる世帯に対して、児童手当を増額するなどの形で給付し、保育や幼児教育の負担を減らすことを目指します。

企業で働く人の場合賃金の0.1%の保険料率で始める考えで、年収400万円で入学前の子どもが2人いる30代の世帯では月間240円の保険料の負担で月1万円、児童手当を増額するなどとしています。

将来的には段階的に保険料率を0.5%まで引き上げて、保育・幼児教育を実質的に無償化したい考えです。ただ、小さな子どもがいない世帯にとっては、保険料の負担だけが増えることになるため、構想に対しては慎重な意見が出ることも予想されます。
教育費の無償化 財源が課題
子育て世帯を支援するため、保育・幼児教育から大学などの高等教育までの教育費の無償化をめぐる議論が、政府や与野党内で活発になっています。

無償化を実施しようとする場合、課題になるのが、必要な財源をどうやって確保するかです。一般的には増税するか、ほかの歳出を減らして財源を確保します。しかし、今回の構想では、「公的年金」や「介護保険」などと同じ保険料を徴収して働く人や企業に負担を求め、財源とする社会保険方式を提案しています。ただ、いずれの方法も、就学中の子どもがいない世帯にとっては負担だけが増えることになります。

このほか、使いみちを教育に限定した「国債」を発行して借金で無償化を実施する案も出ていますが、これについても借金を返済する子どもたちら将来世代に負担を先送りするだけだという批判もあります。
若い人の支援は社会の持続可能性に
構想をまとめた自民党の小委員会の小泉進次郎委員長は、会合のあとの会見で「負担だけが増える就学中の子どもがいない世帯の理解は得られるのか」と問われたのに対し「子どもがいない人も、将来、社会保障の給付を受ける側になる。社会保障制度の持続性を担保するのは若い世代がどれだけいるかだ。若い人を支援するということは子どもがいる、いないに関係なく社会全体の持続可能性につながるということを説明していく必要がある」と述べました。

また、自民党内で教育費の無償化の財源として使いみちを教育に限定した「国債」を発行する案が出ていることについて「未来への投資ではなくてむしろ逆の未来への借金の付け回しになるのではないか」と述べました。
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国で“直接選挙”独立候補に... | トップ | IR推進会議違憲30条納税義... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

尊敬される御先祖様と成るの」カテゴリの最新記事