消費税⇒十年間で二百兆円「国土強靭化へ」横盗!合法化済安倍告訴済消費税未施行平成24年8月22日法律68号附則18条2項

従二位金鵄勲章東條英機大将開戦輔弼責任⇒「国際死刑評決⇔判決不認日本政府」位階令7条・12条!勲章褫奪令!懲戒免職希求!

警察取調室⇒不確定会話漏発表【記者クラブ独占閉鎖性】年金⇒国土強靭化200兆円10年200兆円横盗!

2016年10月14日 | 尊敬される御先祖様と成るの
:役人側の不都合な事実情報開示は役人が専横決定して非開示(のり弁=墨塗り証拠隠滅)

:裁判公開憲法82条!では無く!守秘義務法に背き!⇔【警察記者発表】警察側が専横⇒「取捨選択」新聞社側へリーク・漏えい!「独占的利益確保!」

:警察側がマスコミ(世論誘導)コントロール可能にする警察発表【閉鎖的な!記者クラブ制!】マスコミ新聞社

:警察官の犯罪指名不公表!今後ますますエスカレート71年前の戦前⇒ゲシュタポ≒特高警察「国家総動員法=1億総特攻」民間人≒準戦闘員!? ⇔原爆投下されても民間人とは言えない!?

:消費税⇒8%法律時代★税金使い政府広報「“あなたの年金”」≒東京都豊洲市場「盛り土 ⇔★地下コンクリートへチェンジ!⇒10%法時代スタート⇒10年間★200兆円⇒【過疎地コンクリート工事!国土強靭化へ】★横盗り⇒国会議員寄ってたかって⇒合法★可決成立済!

:太陽光発電買い取り価格値下げ ⇔原発廃炉費用12兆円送電費ボッタくり請求!

:福島原発(津波襲来予見!海側地下に電源設置!)メルトダウン・核毒!言い訳「想定外」お間抜け管理ヒューマンエラー原発施設

:景気回復しても増税年金真逆!(料金支払い増⇔支給付減!)詐欺自民党ぶっ壊さなければ=納税家畜選挙民=★詐欺被害エンドレス!=「間抜け!オロ・愚かなご先祖様」

◆時々、記者クラブの存在が問題になりますが、何故こんなものが必要なん ...
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp › ニュース、政治、国際情勢 › 政治、社会問題
2012/07/02 - 記者クラブが存在することのメリットは何でしょうか? どうして廃止できないのでしょうか? 補足記者クラブのシステムは、国民の利益にはならないので、独占禁止法の対象として解散命令を出すべきですね。 マスコミは勝手に第4の権力を自称 ...

■インカメラ‐しんり【インカメラ審理】

《cameraは裁判官の★私室、in cameraは非公開で、の意》★米国の裁判制度で、裁判官が法廷ではなく裁判官室で審理を行うこと。日本では、裁判所が文書★提出義務の有無を判断するために、所持者に文書を提示させ、裁判官が見分する非公開の手続きをいい、★民事訴訟法や特許法などに規定されている。インカメラ方式。インカメラ審査。非公開審理手続。
[補説]文書の所持者は、★正当な理由があれば文書の提出を★拒むことができるが、裁判所は、正当な理由の★存否を判断するために、所持者に文書を提示させることができる。提示された文書は裁判官が見分し、★何人も開示を求めることはできない。ただし、特許法や著作権法などでは、裁判所が必要と認める場合、当事者や訴訟代理人などに文書を開示して意見を聴くことができるとしている。

■守秘義務(しゅひぎむ)とは - コトバンク https://kotobank.jp/word/守秘義務-12010
法令が,公務員や医師,弁護士などに対し,職務上知り得た秘密を守秘することを義務づけている場合がある(国家公務員法★100条,地方公務員法★34条,刑法★134条等)。この義務を守秘義務という。職務の性質上,他人のプライバシーや公益と深くかかわること ...

■違法性阻却事由いほうせいそきゃくじゆうRechtfertigungsgrund

刑法各則に規定された犯罪の類型 (構成要件) に該当する行為を特別に許容し正当化する根拠をいう。正当化事由とも呼ばれる。なんらかの法益侵害行為のあったとき (たとえば他人の身体を傷つけたとき) ,行為が法秩序に合致するものとして正当化されるためには違法性阻却事由を必要とする。
本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


◆原発事故 ”黒塗り”記録の提示を国に求める 東京地裁 10月12日 18時03分

原発事故の責任をめぐって争われている裁判で、政府の事故調査委員会が行った聞き取りの記録の一部を国が黒塗りにしていることについて、東京地方裁判所は、国の対応が妥当か判断するため裁判所に記録を提示するよう求めました。非公開とされてきた証言が裁判の中で明らかになるか注目されます。

5年前の福島第一原発の事故を受けて、東京電力の株主の一部は、★歴代の経営陣らに会社への賠償を求める裁判を起こし、政府の事故調査・検証委員会が当時の関係者から聞き取りを行い、国が非公開にしたり一部を黒塗りにしたりしている記録についても公開するよう求めています。
これに対して★国は、「★本人の同意なしに公開し★ないという前提だ」として争っています。

株主の弁護団などによりますと、東京地方裁判所は、一部が黒塗りになっている福島第一原発の★吉田昌郎元所長や、当時の原子力安全・保安院の担当者の記録について、国の対応が★妥当か判断するため裁判所に記録を提示するよう国に求めました。

今後は裁判官★だけで内容を確認する「★インカメラ」と呼ばれる審理が行われ、黒塗りの部分が審理の対象になるかどうか判断されます。

裁判所の判断は早ければ年内にも示される見通しで、非公開とされてきた証言が裁判の中で明らかになるか注目されます。
『和歌山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 廃炉費国民送電負担請求12兆... | トップ | 「逆も真」自殺不可=痛い目... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL