面河山岳博物館へようこそ!

石鎚山系と久万高原の自然、博物館の活動などを紹介するブログ

面河渓関門の様子(5月31日)

2016-05-31 12:52:47 | ブログ

5月も今日で最後です。

面河渓関門の様子です。

朝は少し気温が低かったのですが日中はいい天気です。


展示の青い二ホンアマガエルの“ブルーちゃん”(当館の人気者です!)


「あらよっと」指の吸盤があるから飼育ゲージの中もすいすいらくらく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマカガシの威嚇姿勢

2016-05-27 13:49:42 | 自然
昨日、近所で一匹のヤマカガシを発見、観察しました。

成体(成蛇)です

近年、本種の姿を見かける回数が減ったな~と思っていますが、路上轢殺個体はあいかわらず見かけます。

臆病でおとなしい性格で知られますが、写真を撮りたいため近づくと逃げ出しました。

追い詰めたわけではないのですが、一緒になって10mくらい横歩きすると、急に立ち止まり、首から体前部を広げ、コブラのように大きく見せてきました。

威嚇のポーズです。

また首の後ろにくっきりと盛り上がった部分がありますが、2列の頸腺(毒液)を突き出すかのように見せてきました。


誤解のないように一言だけ。
ヤマカガシは極端に恐怖心を与えられた場合は「窮鼠猫を噛む」というように自衛の手段をとるということを付けくわえたいと思います。


(参考)ヤマカガシメモ
・分布は本州、四国、九州と周辺の島、ロシア沿岸州、朝鮮半島から中国南部まで。亜種・タイワンヤマカガシは台湾の高地に生息する
・体長40-150㎝
・新緑期の4-6月と秋の10-11月の年2回交尾する
・寿命は野外で6-7年くらい
・森林内や水辺(水田)に棲息し、カエル類を主に餌とする(とくにヒキガエルを好む)
・体色や斑紋に色彩変異がある(例えば、関東では赤みがかる個体が多く、関西では小さな斑紋を含むオリーブ褐色になることが多い。九州の一部では黒い斑紋が多く出るらしい)。

老熟すると背面はオリーブ褐色になる。腹面は黄褐色

・性質は比較的おとなしい
・口の奥の方に小さなナイフ状の牙があり、深くかまれると上あごのデュベルノア腺から毒が傷口に入る。また首の後ろにある頸腺には毒腺(黄色い毒液)もある。頸の毒は敵から身を守るため、牙の毒は餌を動けなくするのに役立っている
・幼蛇の首の黄色い帯は鮮やかになる


*参考文献
千石正一編(1979)「原色両生・爬虫類」家の光協会、比婆科学教育振興会編(1996)「広島県の両生・爬虫類」中国新聞社、疋田努(2002)「爬虫類の進化」東京大学出版会
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソウシチョウ展のご案内です!

2016-05-26 10:42:18 | 展示・イベント
ソウシチョウ(写真)はスズメ目チメドリ科の外来鳥類です。

平成26年6月撮影(面河渓関門)

本種はペットとして輸入されたものが各地で逃げ出し、急速に分布を拡大しています。

四国では、1991年に高知県(宿毛市)で初めて確認され、その後分布を拡大し、四国4県まで広がっています。

石鎚山系では2006年に同山北面・前社ヶ森で目撃されていますが、西日本最大規模のブナ林が広がっている石鎚。この山域に本種が優占すれば、貴重なブナ森林生態系に影響を与える可能性が高いと懸念されています。

本展では外来鳥であるソウシチョウを中心に、四国に侵入しているアライグマやヌートリアなどの外来生物の状況について、先進的な研究成果を挙げている認定NPO法人四国自然史科学研究センターさん(共催)の取り組みも併せて展示し、四国の自然環境の現状を紹介しています。


この展示を通じて四国の外来生物の状況について考えていただく機会になれば幸いです。
ぜひご高覧ください。スタッフ一同、ご来館をお待ちしております。
6月19日(日)までです。


本日26日の面河渓関門の様子
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016めざせ!ミュージアムマスター(予告)

2016-05-26 10:06:09 | 展示・イベント
今年もやります!「2016めざせ!ミュージアムマスター」~久万高原で森のミュージアムを楽しもう!~


3つのミュージアム(町立久万美術館・久万高原天体観測館・面河山岳博物館)を巡って、ミッションをクリアしてください!

ミッションをクリアした人は各館スタッフから認定スタンプをもらいましょう。

期間は6月1日(水)から8月31日(水)までとなっています。

ミュージアムマスターになって「三館共通フリーパス」をゲットしましょう!!


※「めざせ!ミュージアムマスター」の参加には料金はかかりませんが、各施設への入館やイベント参加には料金が必要です。
※期間中に実施される各施設のイベントについてはお問い合わせください。
・町立久万美術館 0892-21-2881
・久万高原天体観測館 0892-41-0110
・面河山岳博物館 0892-58-2130

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨の面河渓関門(5月25日)

2016-05-25 13:48:01 | ブログ
弱い雨が降っています。

久しぶりの雨です。

たしか?2週間ぶりでしょうか。

ロビーで飼育展示している二ホンアマガエルも、この湿度に反応して「クエッ、クエッ!」とよく鳴いています。

雨の新緑は大変美しいですね。

気温は13時過ぎで18.4℃。

明日も雨になるのでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加