面河山岳博物館へようこそ!

石鎚山系と久万高原の自然、博物館の活動などを紹介するブログ

ヤマアカガエル卵塊 第二弾

2015-01-29 13:37:54 | 展示・イベント
町内では、仕七川、入野、下畑野川の各地区でヤマアカガエルの卵塊を確認しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地域行事 鬼の金剛 渋草・土泥地区

2015-01-29 13:31:57 | ブログ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマアカガエル産卵

2015-01-23 08:46:22 | ブログ
先日の大寒を迎え、寒さの厳しい今朝の面河渓関門(小雪)です。
さて、昨日22日、町内・美川某所でカエルの産卵がみられました。名前はヤマアカガエル。
卵塊は1個だけでした。昨晩の産卵と思われます。
気温、水温ともに8度を下回っていました。
おとといから雨が降り、気温も少し上昇。
そんななか、全国各地からアカガエル類の産卵情報が寄せられており、これはひょっとして町内でもあるかな、と思っていたところ早くも発見しました。
カエルの産卵は、早春の便り。
春には程遠い感じがしますが、カエルも寒い中、子孫を残すためにがんばっているんだなと感心しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミュージアム・カフェ in 久万高原 小松正史コンサート

2015-01-16 15:48:26 | 展示・イベント
久万高原町の文化施設3館(天体観測館、久万美術館、面河山岳博物館)は昨年から、各学芸員の専門の世界を分かりやすく皆さんに伝えるため、「ミュージアム・カフェin久万高原」を実施しています。

通算5回目となる2015年2月は、京都精華大学の小松正史先生をお招きし、コンサートを開催することになりました!

先生は、作曲家・ピアニスト・音のソムリエという肩書をもち、京都タワーや京都国際マンガミュージアムをはじめとした公共空間の音環境デザインを行っています。

今回は久万高原天体観測館スタッフ、中村のプラネタリウム解説がきっかけとなって誕生した、プラネタリウムのための音楽を演奏していただく予定です。
また、中村と小松先生のトークセッションもお見逃しなくなく!

チケットは、天体観測館、久万美術館、道の駅天空の郷さんさんで取り扱っていますので、お早目にお買い求めください。
町外の方のチケット購入については、別途お問い合わせください。


◎日時:2015年2月14日(土)16:00~ ※会場は15:30~

◎場所:道の駅「天空の郷さんさん」レストラン
(久万高原町入野1855番地6,0892-21-3400)

◎募集定員:75名

◎入場料:2,000円(軽食、ドリンク付) 

◎問い合わせ先:町立久万美術館(電話/0892-21-2881・FAX/0892-21-1954)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

巣だけでもなんか怖い-キイロスズメバチの巣撤去-

2015-01-14 09:57:44 | 昆虫
久万高原町の二名地区で、民家の屋根裏にできた巨大なキイロスズメバチの巣の撤去をおこないました。
一部は標本として残すつもりでしたので、「回収」するのが目的です。

秋の終わりには働き蜂たちはすべて死んでしまいます。
女王蜂のみ巣を離れ、今は土や朽木の中などで冬越しをしているところ。

ですので、この時期の撤去作業中に刺される心配はありません。
専用の防護服やカッパなどを着込まなくてもいいので楽ちんです。

屋根裏の梁にくっついていたのは高さ90㎝程の大物です。
梁の構造から、残念ながら無傷での回収はできませんでした。
でも、一番胴回りが太い部分からは直径50㎝の巣盤を手に入れましたので、今後の展示や観察会などで利用できそうです。




最初に、秋の終わりで働き蜂は全滅、と言いましたが、実は巣の中でごく少数が生き残っている場合もあります。

今回の作業中には1頭だけ発見。
サナギや幼虫も数頭いたのは驚きです。
春に成虫になれるとは思いませんが、、かれらがどうなってしまうのか興味深いところです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加