面河山岳博物館へようこそ!

石鎚山系と久万高原の自然、博物館の活動などを紹介するブログ

モモンガクラブのクリスマスリース作り

2009-12-17 13:35:11 | 展示・イベント

13日の日曜日はモモンガクラブでクリスマスリース作りをしました。
会場は久万美術館。

普段は巣箱の見回りや昆虫採集などフィールドワークが中心ですが、メンバーの親睦も兼ねてこのような活動も行っています。
といっても博物館がすることですので、ただのリース作りでは終わりません。
ドングリや様々な木の実の見分け方についてお話しました。
その様子は美術館のブログで紹介されていますので覗いてみてください。

参加者みんなで記念撮影。

Momokura

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美しい霧氷

2009-12-16 09:25:25 | 自然

今朝は久万高原町全体で美しい霧氷が見られました。

場所によってずれはあるものの、大体標高700m以上で出現しているようです。

写真は博物館周辺。

Muhyo

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石鎚山系のベニボタル科について調査中

2009-12-03 17:32:06 | 調査研究

ベニボタルとは、名前の通りホタルのような外観をした甲虫の仲間です。
系統的にもホタル科に近縁で、姿のよく似たジョウカイボン科やホタルモドキ科などといっしょにホタル上科としてまとめられています。

ベニボタル科は日本に100種以上が生息し、現在も小型のグループで新種が発見されています。
これまでの野外・標本調査により、ここ石鎚山系には30種ほどが生息していることが分かっています。

翅が軟弱で標本の形が決まりにくい(かっこよくない)、種類の見分け方がよく分からない、などの理由で、昆虫愛好家でも集めている人はほとんどいません。
そのため、石鎚だけでなく愛媛県全体でもどこに何種いるのかはほとんど分かっていません。

写真は今回の調査で石鎚山から発見されたキタベニボタル。
四国初記録と思われます。

Kitabeni

コメント
この記事をはてなブックマークに追加